2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
「ワンダーウーマン」(2017年)
ワンダーウーマン_4

DCコミックスが誇る女性スーパーヒーロー、ワンダーウーマンの実写映画としては初の単独主演作で、世界中で空前の大ヒットを記録した痛快アクション・アドベンチャー大作。第一次世界大戦下を舞台に、世界から隔絶した女性だけの島に生まれ育ったワンダーウーマンことプリンセス・ダイアナが、ある事件をきっかけに島を飛び出し、世界を救うために獅子奮迅の活躍をするさまを、初めて接する男社会での摩擦が生み出すユーモアを織り交ぜつつ、美しく凛々しい華麗なアクションとともに描き出す。主演は、初登場となった「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」に引き続き、ガル・ガドット。共演にはクリス・パイン、ロビン・ライト。監督は「モンスター」の女性監督パティ・ジェンキンス。

女性だけが暮らすアマゾン族の島に生まれ育ったプリセンスのダイアナ。最強の戦士になるべく、日々過酷な訓練に打ち込んでいた。そんなある日、外界から隔絶されているその島に、アメリカ人パイロット、スティーブ・トレバーが乗る飛行機が不時着する。初めて見る男の姿に興味津々のダイアナだったが、スティーブから外の世界では大きな戦争が勃発し、ドイツ軍が開発中の兵器によって破滅の危機が迫っていることを知る。そこで 自らドイツ軍の恐るべき野望を阻止すべく、スティーブとともに島から旅立ち、イギリスへと渡ったダイアナだったが…。

ワンダーウーマン_1

やったね!! どうもマーベルに比べ、分が悪いDCコミックス。だけど この「ワンダーウーマン」だけはパワフルです。作りは、マーベルの「キャプテン・アメリカ」と同じ回顧録系。この作品では ワンダーウーマンの誕生秘話的な内容で、まずは導入部分からスタート。謎の女性島 セミッシラで育ったダイアナ。そのまま島に居れば幸せな生活を送れただろうに、ひょんなことから 人間世界にその身を投入していくことになる。よりにもよって 第一次世界大戦真っ最中で、人間が一番憎しみを抱いている時代。“神の子”である彼女には現実世界は辛過ぎて、理解できない。トレバーはまったく余計な事をしたもんです(^▽^;)

しかし この映画の一番の見所は、主演ガル・ガドットの美貌とスタイルでしょう。「ワイルド・スピード MAX」で観てから、注目していました。聞けば イスラエルの出身らしいです。かの国は女性でも兵役義務があるため、国防軍に従事。なんと戦闘トレーナーの職に就いてました。どうりで アクションも完ぺきな訳だね! 低迷が続くDCコミックスの中で まさに孤軍奮闘。そこに、救世主が登場か!? 今公開中の「ジョーカー」が空前のヒットの兆候。これでマーベルにもようやく対抗できそうですね。とりあえず、来年「ハーレクイン」と「ワンダーウーマン」の続編が公開予定だそうです( ◠‿◠ )

ワンダーウーマン_2

「ワンダーウーマン」(2017年)
監督 パティ・ジェンキンス
製作 チャールズ・ローヴェン、デボラ・スナイダー、リチャード・サックル
原案 ザック・スナイダー、アラン・ハインバーグ、ジェイソン・フュークス
脚本 アラン・ハインバーグ
撮影 マシュー・ジェンセン
編集 マーティン・ウォルシュ
音楽 ルパート・グレグソン=ウィリアムズ
出演 ガル・ガドット          (ダイアナ/ワンダーウーマン)
    クリス・パイン          (スティーヴ・トレバー)
    コニー・ニールセン       (ヒッポリタ女王)
    ロビン・ライト          (アンティオペ将軍)
    ユエン・ブレムナー       (チャーリー)
    サイード・タグマウイ      (サミーア)
    ルーシー・デイヴィス     (エッタ・キャンディ)
    ユージーン・ブレイヴ・ロック (酋長)
    ダニー・ヒューストン      (エーリヒ・ルーテンドルフ総統)
    エレナ・アヤナ         (イザベル博士/ドクター・ポイズン)
    デヴィッド・シューリス     (パトリック・モーガン卿/アレス)

ワンダーウーマン_3
スポンサーサイト



「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」(2016年)
ジャスティスの誕生_1

DCコミックスが誇る2大スーパー・ヒーロー、バットマンとスーパーマンがスクリーンで激突する夢の企画が実現したSFアクション大作。スーパーマン役は、前作「マン・オブ・スティール」に続いてヘンリー・カヴィル。一方、バットマン役には「アルゴ」「ゴーン・ガール」のベン・アフレック。共演にエイミー・アダムス、ジェシー・アイゼンバーグ、ガル・ガドット。監督は「300 <スリーハンドレッド>」「ウォッチメン」「マン・オブ・スティール」のザック・スナイダー。

メトロポリスで新聞記者として働く真面目な青年クラーク・ケント。しかし、その正体はスーパーパワーを秘めたクリプトン星人だった。第2の故郷・地球でスーパーマンとして幾度となく人類の危機を救ってきた彼だったが、その超人的なパワーが皮肉にも潜在的な人類最大の脅威ともなっていく。そんな状況に危機感を抱くのが、莫大な資産と強靱な肉体を武器に、闇の騎士バットマンとなりゴッサム・シティの平和を守ってきた大富豪のプレイボーイ、ブルース・ウェイン。やがてスーパーマンとバットマンの対立が決定的となる中、恐るべき陰謀が秘かに進行していくのだったが…。

ジャスティスの誕生_6

マーベルの「アベンジャーズ」を相手に、DCコミックスはスーパーマン、バットマンの2大スターを盾に、“ジャスティス・リーグ”で対抗ですね👍 しかし、日本ではスーパマンの方が有名なように思えるのに、バットマンが主役なんですね。しかも マットマン役はベン・アフレックだから、アベンジャーズのアイアンマン vs キャプテン・アメリカに似てる。 あっ!スーパマンは神だから、アイアンマン vs マイティ・ソーか!? しかし、どちらも神より人間の大富豪が強いって、どういうことなんだろうね? まあ結論からいうと、最後に和解しますが、スーパマンは死んでしまいます。Oh My God!!

途中というか、冒頭から…何であんなにバットマンがスーパーマンを嫌うのかがよく分からない。バットマンこそ、「ダークナイト」でアンチ・ヒーローになっているんだから、誰よりも彼の気持ちが分かるはず。しかもレックス・ルーサーが仕掛けた罠に 自らハマるような所業はダメよ~。ただこのシリーズ、どうしてもマーベルに比べて分が悪いのですが、唯一の救いはワンダーウーマンでしょうな。きちんと、次の作品に繋げる導線が作ってあります。そうか、アベンジャーズのキャプテン・アメリカに該当するDCのキャラクターはワンダーウーマンだったのか! だって衣装がアメリカ国旗だもん。あれ、今回は違う…😓

ジャスティスの誕生_3

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」(2016年)
監督 ザック・スナイダー
製作 チャールズ・ローヴェン、デボラ・スナイダー
脚本 クリス・テリオ、デヴィッド・S・ゴイヤー
撮影 ラリー・フォン
編集 デヴィッド・ブレナー
音楽 ハンス・ジマー、ジャンキー・XL
出演 ベン・アフレック        (ブルース・ウェイン/バットマン)
    ヘンリー・カヴィル      (クラーク・ケント/スーパーマン)
    エイミー・アダムス      (ロイス・レイン)
    ジェシー・アイゼンバーグ  (レックス・ルーサー)
    ダイアン・レイン        (マーサ・ケント)
    ローレンス・フィッシュバーン(ペリー・ホワイト)
    ジェレミー・アイアンズ    (アルフレッド)
    ホリー・ハンター        (フィンチ上院議員)
    ケヴィン・コスナー       (ジョナサン・ケント)
    マイケル・シャノン       (ゾッド将軍)
    ガル・ガドット          (ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマン)

ジャスティスの誕生_5
「バイオハザード:ザ・ファイナル」(2016年)
バイオハザード_1

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の大ヒット・シリーズの第6弾にして完結編となるSFアクション大作。美しき最強ヒロイン、アリスと宿敵・アンブレラ社との壮絶な最後の戦いの行方を描く。共演はアリ・ラーター、ショーン・ロバーツ、イアン・グレンら続投・復帰組に加え、日本からも人気モデルのローラが参戦。監督は引き続きポール・W・S・アンダーソン。

いまやT-ウイルスは世界中に蔓延し、地上は狂暴な“アンデッド”で埋め尽くされようとしていた。そんな中、“48時間後に人類は滅亡する”と人工知能レッド・クイーンに告げられるアリス。最後の望みはラクーンシティにあるアンブレラ社の研究施設“ハイブ”に隠されているというT-ウイルスを死滅させる薬剤の存在。それを散布すればT-ウイルスに感染したアンデッドを全滅させられる。こうしてアリスは、クレアら生き残った仲間たちとともに、アンデッドの大群と恐るべきモンスターたちが待ち構えるハイブを目指して最後の戦いへと身を投じていくのだったが…。

バイオハザード_2

ついにファイナルです! 第1作目の「バイオハザード」が2002年ですから、足掛け14年、全6作がこれで終了となりました。最後の最後に色々と謎が明かされましたね。もう公開からだいぶ経ってますので、ここでは完全ネタバレで書いていきますよ。アリス・アバーナシー=アリシア・マーカス=レッド・クイーンだったんですね。アリスはアリシアのクローンなので過去の記憶が無い。そのアリシアの全ての記憶を詰め込んだ完全無欠のAI(人工知能)がレッド・クイーンという訳だ!! そして最期はこの3人が地球(人類)を救う“決め手”となる…。

まあ、ここまで引っ張った割には上手くまとまったのかな!? それにしても、日本では散々言われていらローラの出演が酷すぎる。いかにも準主役みたいな報道のされ方だったのに、ほとんどカメオ出演レベル。これじゃあ、「バイオⅣ・Ⅴ」の中島美嘉の方がよっぽどインパクトあったよな…😓 すぐ殺されちゃったし、出演シーンは全部暗くて顔もほとんど見えない。そりゃーそうだわな。ほとんど素人だもん。ところで、前作「リトリビューション」の最後とオープニングシーンの繋がりはどうだったんだろう? これから復習して見直します😜

バイオハザード_3

「バイオハザード:ザ・ファイナル」(2016年)
監督 ポール・W・S・アンダーソン
製作 ジェレミー・ボルト、ポール・W・S・アンダーソン
脚本 ポール・W・S・アンダーソン
撮影 グレン・マクファーソン
編集 ドゥービー・ホワイト
音楽 ポール・ハスリンジャー
出演 ミラ・ジョヴォヴィッチ  (アリス・アバーナシー)
    アリ・ラーター      (クレア・レッドフィールド)
    ルビー・ローズ     (アビゲイル)
    オーウェン・マッケン  (ドック)
    フレイザー・ジェームズ(マイケル)
    ローラ           (コバルト)
    ウィリアム・レヴィ    (クリスチャン)
    イ・ジュンギ       (チュウ司令官)
    エヴァ・アンダーソン  (アリシア/レッドクイーン)
    ショーン・ロバーツ   (アルバート・ウェスカー)
    イアン・グレン      (ローランド・アイザックス博士)

バイオハザード_4
「インフェルノ」(2016年)
インフェルノ_1

宗教象徴学者ロバート・ラングドンの活躍を描くダン・ブラウンの世界的ベストセラー・シリーズをロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で映画化した大ヒット・ミステリー・アドベンチャーの「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」に続く第3弾。フィレンツェやベネツィア、イスタンブールを舞台に、新種のウイルスによって人類の半数を死滅させようとする大富豪の恐るべき計画を阻止すべく、ダンテの叙事詩『神曲』の“地獄篇(インフェルノ)”に隠された暗号の謎に挑むラングドンの決死の戦いの行方を描く。共演はフェリシティ・ジョーンズ、ベン・フォスター。

ラングドン教授が目覚めたのは、なぜかフィレンツェにある病院の一室だった。過去2日間の記憶がない彼は、謎の刺客に命を狙われるも、女医シエナの手を借り、どうにか病院から脱出する。何も思い出せない彼のポケットには1本のペンライトが。そして映し出されたのは、ダンテの神曲“地獄篇”を模した『地獄の見取り図』。そこに刻まれた“暗号”を探るうち、ダンテのデスマスクの持ち主で大富豪の生化学者ゾブリストに辿り着くラングドン。彼は人口爆発による人類滅亡を回避する唯一の解決策だとして、恐るべき計画を目論んでいた。シエナとともに次々と立ちはだかる謎を読み解き、ゾブリストの野望を食い止めるべく奔走するラングドンだったが…。

インフェルノ_5

『ダ・ヴィンチ・コード』でお馴染みのダン・ブラウンの歴史ミステリー 映画化第3弾。初作の「ダ・ヴィンチ・コード」のつまらなさは 断トツでしたが。2作目「天使と悪魔」は一応ミステリーっぽい感じがあって、及第点とはいかないまでも、まだ見所はありました。この3作目はいかに…!?と思って観賞しました。意外にも、これはまずまずの面白さですね。国際テロというか無差別殺人を企てる犯人を追って、主人公のラングドン教授がフィレンツェ、ベネチア、イスタンブール…と、ヨーロッパを駆け回る!! ってことですな。

ただ、こうなってくると…“007”ジェームズ・ボンドとか“M:I”イーサン・ハントとかジェイソン・ボーンとかとあんまり変わないかも? どことなく既視感が漂います。今回の相手役は「スター・ウォーズ/ローグ・ワン」に出てたあの主演の娘。トム・ハンクスの相手役には、若過ぎると思ったら、それは別の人がいるのね。なんか、過去にラングドンと訳アリのようだったけど、今までの2作品には全然出てこなかったよね…。そういうところは、緻密に作って欲しいなぁ~! と思うのでありました。感想は以上です。

インフェルノ_3

「インフェルノ」(2016年)
監督 ロン・ハワード
製作 ブライアン・グレイザー、ロン・ハワード
原作 ダン・ブラウン
脚本 デヴィッド・コープ
撮影 サルヴァトーレ・トチノ
編集 ダン・ハンリー、トム・エルキンズ
音楽 ハンス・ジマー
出演 トム・ハンクス       (ロバート・ラングドン)
    フェリシティ・ジョーンズ (シエナ・ブルックス)
    イルファ・カーン      (ハリー・シムズ)
    オマール・シー      (クリストフ・ブシャール)
    ベン・フォスター      (バートランド・ゾブリスト)
    アナ・ウラル        (ヴァエンサ)
    アイダ・ダーヴィッシュ  (マルタ・アルヴァレス)
    カエサル・セレモニーニ (イニャツィオ・ブゾーニ)
    シセ・バベット・クヌッセン(エリザベス・シンスキー)

インフェルノ_4
「ブレードランナー 2049」(2017年)
ブレードランナー2_1

巨匠リドリー・スコット監督によるSF映画の金字塔「ブレードランナー」の35年ぶりの続編となるSF超大作。前作から30年後の荒廃した未来世界を舞台に、ブレードランナーとして活動する捜査官“K”を待ち受ける衝撃の運命を、圧倒的な映像美とともに描き出す。主演はライアン・ゴズリング、共演にハリソン・フォード、アナ・デ・アルマス。リドリー・スコットは製作総指揮に回り、監督は新たに「プリズナーズ」「メッセージ」のドゥニ・ヴィルヌーヴが務める。

荒廃が進む2049年の地球。労働力として製造された人造人間“レプリカント”が人間社会に溶け込む中、危険なレプリカントを取り締まる捜査官“ブレードランナー”が活動を続けていた。LA市警のブレードランナー“K”は、ある捜査の過程でレプリカントを巡る重大な秘密を知ってしまう。一方、レプリカント開発に力を注ぐウォレス社もその秘密に関心を持ち、Kの行動を監視する。捜査を進める中で次第に自らの記憶の謎と向き合っていくK。やがて、かつて優秀なブレードランナーとして活躍し、ある女性レプリカントと共に忽然と姿を消した男デッカードの存在に辿り着くが…。

ブレードランナー2_2

35年ぶりに製作された続編。しかも有名なフィリップ・K・ディックの原作がある訳でもないのに、よく作りましたね!「インデペンデンス・デイ」の続編が20年ぶりに作られましたが…間が35年空いたのは異例中の異例でしょう。ダニー・ボイルの「トレイン・スポッティング」も続編が作られたのは19年ぶりでしたか⁉ でもね、やはりそこは前作「ブレードランナー」が伝説のSF映画の金字塔でしたから、35年ぶりの続編製作は別格というか、他には類を見ない衝撃でした。ハリソン・フォードも公開当時75歳、よく頑張りました。

ただそこは…老体を鞭打っての演技、主役はライアン・ゴズリングに交代しています。「ラ・ラ・ランド」「ファースト・マン」と、」話題作に連続して主演していますから、彼は絶好調ですな。物語はデッカードとレイチェルが姿を消してからどうなったのか?というのが主軸。それを探し出す捜査官がライアン演じるKとなる訳です。“ナルホド、こうきたか”という展開でした。ただ、この内容で3時間(163分)の映画にする必要があったのかな?とは、思いましたが…独特の世界観を踏襲しながら(壊さずに)、新たなの世界観を構築して(壊して)いるのは、さすが!と、評価に値します‼

ブレードランナー2_3

「ブレードランナー 2049」(2017年)
監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ
製作 リドリー・スコット、アンドリュー・コソーヴ、ブロデリック・ジョンソン
原案 ハンプトン・ファンチャー
脚本 ハンプトン・ファンチャー、マイケル・グリーン
撮影 ロジャー・ディーキンス
編集 ジョー・ウォーカー
音楽 ハンス・ジマー、ベンジャミン・ウォルフィッシュ
出演 ライアン・ゴズリング   (K/ジョー)
    ハリソン・フォード     (リック・デッカード)
    アナ・デ・アルマス     (ジョイ)
    シルヴィア・フークス   (ラヴ)
    ロビン・ライト        (ジョシ警部補)
    マッケンジー・デイヴィス (マリエット)
    カーラ・ジュリ        (アナ・ステリン博士)
    ローレン・ペタ       (レイチェル)
    デイヴ・バウティスタ   (サッパー・モートン)
    エドワード・J・オルモス (ガフ)
    ジャレッド・レト       (ニアンダー・ウォレス)

ブレードランナー2_5