2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
「ワンダーウーマン」(2017年)
ワンダーウーマン_4

DCコミックスが誇る女性スーパーヒーロー、ワンダーウーマンの実写映画としては初の単独主演作で、世界中で空前の大ヒットを記録した痛快アクション・アドベンチャー大作。第一次世界大戦下を舞台に、世界から隔絶した女性だけの島に生まれ育ったワンダーウーマンことプリンセス・ダイアナが、ある事件をきっかけに島を飛び出し、世界を救うために獅子奮迅の活躍をするさまを、初めて接する男社会での摩擦が生み出すユーモアを織り交ぜつつ、美しく凛々しい華麗なアクションとともに描き出す。主演は、初登場となった「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」に引き続き、ガル・ガドット。共演にはクリス・パイン、ロビン・ライト。監督は「モンスター」の女性監督パティ・ジェンキンス。

女性だけが暮らすアマゾン族の島に生まれ育ったプリセンスのダイアナ。最強の戦士になるべく、日々過酷な訓練に打ち込んでいた。そんなある日、外界から隔絶されているその島に、アメリカ人パイロット、スティーブ・トレバーが乗る飛行機が不時着する。初めて見る男の姿に興味津々のダイアナだったが、スティーブから外の世界では大きな戦争が勃発し、ドイツ軍が開発中の兵器によって破滅の危機が迫っていることを知る。そこで 自らドイツ軍の恐るべき野望を阻止すべく、スティーブとともに島から旅立ち、イギリスへと渡ったダイアナだったが…。

ワンダーウーマン_1

やったね!! どうもマーベルに比べ、分が悪いDCコミックス。だけど この「ワンダーウーマン」だけはパワフルです。作りは、マーベルの「キャプテン・アメリカ」と同じ回顧録系。この作品では ワンダーウーマンの誕生秘話的な内容で、まずは導入部分からスタート。謎の女性島 セミッシラで育ったダイアナ。そのまま島に居れば幸せな生活を送れただろうに、ひょんなことから 人間世界にその身を投入していくことになる。よりにもよって 第一次世界大戦真っ最中で、人間が一番憎しみを抱いている時代。“神の子”である彼女には現実世界は辛過ぎて、理解できない。トレバーはまったく余計な事をしたもんです(^▽^;)

しかし この映画の一番の見所は、主演ガル・ガドットの美貌とスタイルでしょう。「ワイルド・スピード MAX」で観てから、注目していました。聞けば イスラエルの出身らしいです。かの国は女性でも兵役義務があるため、国防軍に従事。なんと戦闘トレーナーの職に就いてました。どうりで アクションも完ぺきな訳だね! 低迷が続くDCコミックスの中で まさに孤軍奮闘。そこに、救世主が登場か!? 今公開中の「ジョーカー」が空前のヒットの兆候。これでマーベルにもようやく対抗できそうですね。とりあえず、来年「ハーレクイン」と「ワンダーウーマン」の続編が公開予定だそうです( ◠‿◠ )

ワンダーウーマン_2

「ワンダーウーマン」(2017年)
監督 パティ・ジェンキンス
製作 チャールズ・ローヴェン、デボラ・スナイダー、リチャード・サックル
原案 ザック・スナイダー、アラン・ハインバーグ、ジェイソン・フュークス
脚本 アラン・ハインバーグ
撮影 マシュー・ジェンセン
編集 マーティン・ウォルシュ
音楽 ルパート・グレグソン=ウィリアムズ
出演 ガル・ガドット          (ダイアナ/ワンダーウーマン)
    クリス・パイン          (スティーヴ・トレバー)
    コニー・ニールセン       (ヒッポリタ女王)
    ロビン・ライト          (アンティオペ将軍)
    ユエン・ブレムナー       (チャーリー)
    サイード・タグマウイ      (サミーア)
    ルーシー・デイヴィス     (エッタ・キャンディ)
    ユージーン・ブレイヴ・ロック (酋長)
    ダニー・ヒューストン      (エーリヒ・ルーテンドルフ総統)
    エレナ・アヤナ         (イザベル博士/ドクター・ポイズン)
    デヴィッド・シューリス     (パトリック・モーガン卿/アレス)

ワンダーウーマン_3
スポンサーサイト



「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」(2016年)
ジャスティスの誕生_1

DCコミックスが誇る2大スーパー・ヒーロー、バットマンとスーパーマンがスクリーンで激突する夢の企画が実現したSFアクション大作。スーパーマン役は、前作「マン・オブ・スティール」に続いてヘンリー・カヴィル。一方、バットマン役には「アルゴ」「ゴーン・ガール」のベン・アフレック。共演にエイミー・アダムス、ジェシー・アイゼンバーグ、ガル・ガドット。監督は「300 <スリーハンドレッド>」「ウォッチメン」「マン・オブ・スティール」のザック・スナイダー。

メトロポリスで新聞記者として働く真面目な青年クラーク・ケント。しかし、その正体はスーパーパワーを秘めたクリプトン星人だった。第2の故郷・地球でスーパーマンとして幾度となく人類の危機を救ってきた彼だったが、その超人的なパワーが皮肉にも潜在的な人類最大の脅威ともなっていく。そんな状況に危機感を抱くのが、莫大な資産と強靱な肉体を武器に、闇の騎士バットマンとなりゴッサム・シティの平和を守ってきた大富豪のプレイボーイ、ブルース・ウェイン。やがてスーパーマンとバットマンの対立が決定的となる中、恐るべき陰謀が秘かに進行していくのだったが…。

ジャスティスの誕生_6

マーベルの「アベンジャーズ」を相手に、DCコミックスはスーパーマン、バットマンの2大スターを盾に、“ジャスティス・リーグ”で対抗ですね👍 しかし、日本ではスーパマンの方が有名なように思えるのに、バットマンが主役なんですね。しかも マットマン役はベン・アフレックだから、アベンジャーズのアイアンマン vs キャプテン・アメリカに似てる。 あっ!スーパマンは神だから、アイアンマン vs マイティ・ソーか!? しかし、どちらも神より人間の大富豪が強いって、どういうことなんだろうね? まあ結論からいうと、最後に和解しますが、スーパマンは死んでしまいます。Oh My God!!

途中というか、冒頭から…何であんなにバットマンがスーパーマンを嫌うのかがよく分からない。バットマンこそ、「ダークナイト」でアンチ・ヒーローになっているんだから、誰よりも彼の気持ちが分かるはず。しかもレックス・ルーサーが仕掛けた罠に 自らハマるような所業はダメよ~。ただこのシリーズ、どうしてもマーベルに比べて分が悪いのですが、唯一の救いはワンダーウーマンでしょうな。きちんと、次の作品に繋げる導線が作ってあります。そうか、アベンジャーズのキャプテン・アメリカに該当するDCのキャラクターはワンダーウーマンだったのか! だって衣装がアメリカ国旗だもん。あれ、今回は違う…😓

ジャスティスの誕生_3

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」(2016年)
監督 ザック・スナイダー
製作 チャールズ・ローヴェン、デボラ・スナイダー
脚本 クリス・テリオ、デヴィッド・S・ゴイヤー
撮影 ラリー・フォン
編集 デヴィッド・ブレナー
音楽 ハンス・ジマー、ジャンキー・XL
出演 ベン・アフレック        (ブルース・ウェイン/バットマン)
    ヘンリー・カヴィル      (クラーク・ケント/スーパーマン)
    エイミー・アダムス      (ロイス・レイン)
    ジェシー・アイゼンバーグ  (レックス・ルーサー)
    ダイアン・レイン        (マーサ・ケント)
    ローレンス・フィッシュバーン(ペリー・ホワイト)
    ジェレミー・アイアンズ    (アルフレッド)
    ホリー・ハンター        (フィンチ上院議員)
    ケヴィン・コスナー       (ジョナサン・ケント)
    マイケル・シャノン       (ゾッド将軍)
    ガル・ガドット          (ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマン)

ジャスティスの誕生_5
「シャザム!」(2019年)


DCコミクスの異色スーパーヒーローを映画化した痛快ア
ション・コメデ。ひょんなことからスーパーパワーを手に入れ
ヒーローマニアの友人とその力で悪ふざけを繰り返していた
少年が、真の敵を前にスーパーヒーローとして目覚めていく
姿をコミカルなタチで描き出す。主演はザカリー・リーヴ
共演にアッシャー・エンジル、ジャック・ディラン・グレイザー、
マーク・ストロング。監督は「ライト/オフ」「アナベル死霊人形
の誕生」のデヴィッド・F・サンドバーグ。

身寄りのない孤独な里子の少年ビリー・バトソン。ある日突
然、謎の魔術師に“選ばれし者”と認められ スーパーパワー
を授けられる。 魔術師に言われた通り“シザム”と唱える
本当に 筋肉ムキムキのスーパーヒーローに変身してしまう。
そく、同じ里子でヒーローオタクのフレディと色々な能力を
試し始めるビリー。しかし 見た目は大人のヒーローでも中身
思春期真っ只中の少年のまま。フレディと一緒に悪ノリ全
開でかくのスーパーパワーを無意味なことにばかり使
ていた。 ところがそこへ彼のスーパーパワーを狙う謎の科学
者Dr.シヴナが現われフレディがさらわれてしまう…。



なかなかマーベルに対して分が悪いDCコミック。 スーパーマ
ンとバットマンという2大ヒーローをしても難しいのか…。でも、
このSHAZAM! はちょっと変わてて面白いんじゃないかな
なんたって 中身は子供です。それに…最後の最後だけれど、
日本のヒーロー戦隊ものよろしく色違いで6色揃います
 
こが今回の私のツボ 里親に預けれられたいわば義姉弟が
赤・朱・紫・青・紺・緑のスーパーヒーロー・SHAZAM兄弟に変
身。その写真をアップします。ちょっと焦点が合ってのが
残念です。

そもそも SHAZAMとは、6人の神(ソロモンの叡智、ハーキュ
ズの剛力アトラースの体力ゼウスの全能アキレスの
マーキリーの神速)を実現させたヒーロー今後続編
が作られる時は、6人総出演するのかしら
 あと裏話として
SHAZAMは、実は元キプテン・マーベルなんだて。元祖キ
プテン・マーベルの弱小出版社から版権を買い取ったのに、
20年以上放置していたら、ライバルのマーベル社に先を越さ
てた。オー・マイ・ガー
 
やっぱり、そういうところもマーベ
方が商売上手なのかねぇ~




「シャザム!」(2019年)
監督 デヴィッド・F・サンドバーグ
製作 ピーター・サフラン
原案 ヘンリー・ゲイデン、ダーレン・レムケ
脚本 ヘンリー・ゲイデン
撮影 マキシマム・アレクサンドル
編集 ミシェル・オーラー
音楽 ベンジャミン・ウォルフィッシュ
出演 ザカリー・リーヴァイ       (シャザム)
    アッシャー・エンジェル      (ビリー・バットソン)
    ジャック・ディラン・グレイザー (フレディ・フリーマン)
    グレイス・フルトン        (メアリー)
    イアン・チェン           (ユージーン)
    フェイス・ハーマン        (ダーラ)
    ジョバン・アルマンド       (ペドロ)
    ジャイモン・フン・スー       (魔術師)
    マーク・ストロング         (Dr.サデウス・シヴァナ)


「スーサイド・スクワッド」(2016年)


スーパーマンやバットマンでお馴染みのDCコミックスの
キャラクター総出演で贈るバイオレンス・アクション
超大作。世界崩壊の危機を前に人類の命運を託された
悪党たちが、人類の未来など お構いなしに 好き放題に
れる大暴走の行方を描く。出演はウィル・スミス、マー
ット・ロビー、ジャレッド・レトーほか。監督は、「エンド・
ブ・ウォッチ」「フューリー」のデヴィッド・エアー。

スーパーマンがいなくなった世界に 最大の危機が訪れ
た。政府は最後の手段として 服役中の悪党たちによる
最強の特殊部隊 “スーサイド・スクワド” を結成するこ
とに。さっそく、百発百中の冷酷スナイパー“デッドショッ
ト”や ジョーカーに一途な想いを寄せるクレイジー・ガー
ル“ハーレイ・クイン”をはじめ 選りすぐりの極悪人が集
められ、減刑と引き換えに 危険なミッションが託される。
ただし、そのクビには 命令に背けば即座に爆発する
縛装置が巻かれていた…。



マーベルコミックの映画は、1年に3本も公開され、圧倒
的に宣伝攻勢をかけてきているのに対して、押されっぱ
なしの感があるDCコミック陣営。これは、ちょっと変わり
種で面白いんでないかい
 主役はウィル・スミス演じ
る“デッドショット”なんだろうけど、これで 人気が爆発し
たのがなんといっても、“ハーレイ・クイン”を演じるマー
ゴット・ロビーでしょう

どうも 彼女自ら製作プロデュース業もやるようで、全米
を揺るがした “トーニャ・ハーディング” 事件を題材にし
た「アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル」などを手掛
けているようです。翻ってこの映画ですが…もう 彼女さ
え観れば良いというような内容です
 しかし、彼らが大
活躍している間、バットマンやフラッシュ、グリーン・ラン
タンやワンダーウーマンたちは どうしてたんだろうね
日系人キャストの福原かれんさんも頑張ってます




「スーサイド・スクワッド」(2016年)
監督 デヴィッド・エアー
製作 チャールズ・ローヴェン、リチャード・サックル、ザック・スナイダー 他
脚本 デヴィッド・エアー
撮影 ローマン・ヴァシャノフ
編集 ジョン・ギルロイ
音楽 スティーヴン・プライス
出演 ウィル・スミス       (フロイド・ロートン/デッドショット)
    マーゴーット・ロビー   (ハーリーン・クインゼル/ハーレイ・クイン)
    ジェレッド・レト       (ジョーカー)
    ジョエル・キナマン    (リック・フラッグ大佐)
    ヴィオラ・デイヴィス  (アマンダ・ウォラー)
    ジェイ・ヘルナンデス   (チャト・サンタナ/エル・ディアブロ)
    アドウェール・アキノエ (ウェイロン・ジョーンズ/キラー・クロック)
    ジェイ・コートニー    (ディーガー・ハークネス/キャプテン・ブーメラン)
    アダム・ビーチ       (クリストファー・ワイス/スリップノット)
    カーラ・デルヴィーニュ (ジューン・ムーン/エンチャントレス)
    福原かれん       (タツ・ヤマシロ/カタナ)
    エズラ・ミラー      (バレリー・アレン/フラッシュ)
    ベン・アフレック      (ブルース・ウェイン/バットマン)


「REDリターンズ」(2013年)


ブルース・ウィリスはじめ、ジン・マルコヴィッチ、ヘレン・
ミレンらベテラン俳優たちが引退したCIAの敏腕エージェ
ントに扮して大ヒットを飛ばしたアクション・コメディ「RED
/レッド」の続編。本作では キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、
アンソニー・ホプキンス、イ・ビョンホンらが新たに加わり、
世界を股に掛けた巨大な陰謀を巡て繰り広げられる伝
説のスパイ=“RED”たちの活躍を スケールアップしたア
クション満載に描く。

元CIAエージェントのフランクは、恋人サラと2人でようや
く手にした平穏を満喫していた。そんなある日、元相棒の
マーヴィンが現われ、フランクを新たなミッションに誘う
これを断固拒否するフランクだったが、思わぬトラブルに
巻き込まれ、結局スパイの最前線に舞い戻るハメに。
れは 32年前、米ソ冷戦下のモスクワで小型核爆弾製造
に関する極秘プロジクトがあった。その極秘計画が、今
再び動き出したのだった…。



老取るたちが、現役スパイよりも 格段に優れた腕前を披
露する「RED/レッド」の続編。前回はモーガン・フリーマ
ンが途中で亡くなる客演っぽい感じだったけど、今回は…
キャサリン・ゼタ 姐さんが その役目
 魅力たっぷりのロ
シアン・スパイを演じていますが、やはり途中でお亡くなり

 ちょっと、もったいない感じがします。その分(この人
はやはり悪役が似合いますな
アンソニー・ホプキンス
が、ピリリと効いてましたね

ブルースはもちろん…今回も大活躍なのはヘレン・ミレン
姐御。特に格好良い
 
両手拳銃の写真は、やはりア
しとかないとね。それに、この肉体美を見せるためだけに
出てきたとも思われるイ・ビンホン
 
鍛えてますね~
見所はいっぱいだけど、そろそろ食傷気味かもね
ただ、
ブルースは、「ダイ・ハード」シリーズよりは、こっちの老取
るシリーズの方がいいんじゃな~い
 再婚して、子供も
生まれので、まだまだ稼がないとね…




「REDリターンズ」(2013年)
監督 ディーン・バリソット
製作 ロレンツォ・ディ・ボナ・ヴェンチュラ、マーク・ヴァーラディアン
原案 ウォーレン・エリス、カリー・ハムナー
脚本 ジョン・ホーバー、エリック・ホーバー
撮影 エンリケ・シャディアック
音楽 アラン・シルヴェストリ
出演 ブルース・ウィリス       (フランク・モーゼス)
    ジョン・マルコヴィッチ     (マーヴィン・ボックス)
    メアリー=ルイーズ・パーカー(サラ・ロス)
    キャサリン・ゼタ=ジョーンズ (カーチャ・ペトロビッチ)
    ブライアン・コックス       (イヴァン・シモノフ)
    ニール・マクドノー        (ジャック・ゴードン)
    イ・ビョンホン           (ハン・チョバイ)
    ヘレン・ミレン           (ヴィクトリア)
    アンソニー・ホプキンス     (エドワード・ベイリー)