2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
さよならカンクン、ちょこっとベガス
いよいよ本日はカンクン最終日です。 最後はメイド・イン・
メキシコのビールを集めてみました^^ ご存知「Corona」
はライムとの相性ぐー♪ それに、「Tecate」、「Modelo」、
「Sol」と、やはり気分は南国です ヽ(^◇^*)/ ワーイ



そして帰りも、ダラス経由で “ギャンブル天国” ラスベガ
スへ! ベガスでは 『ホテル・モンテカルロ』 に宿泊です。
このホテルはその名の通り、南欧モンテカルロの国営カ
ジノ 「Place du Casino」 をモチーフにしており、落ち着い
た雰囲気とリーズナブルな料金で日本人に人気です♫



モンテカルロは①地ビールが楽しめる直営ブリュワリー、
②ランス・バートンのマジックショー、③流れるプールの
3つが売り。 マジックショーは料金も高いし予約しなきゃ
いけないので、プールとブリュワリーは楽しみました^^



そして、最後の晩餐はマックのハンバーガーとネイサン
ズのホットドッグ! このネイサンズは、あの小林尊が6
連覇した“早食い大会”でも知られていますねぇ~。 こ
れで今回の連載は終わりますが、しかし食べ物の写真
はファーストフードのみだったなぁ…^^;


スポンサーサイト



イスラ・ムヘーレス♪
今日はカンクンを離れて、離島のイスラ・ムヘーレスに行
きます。“女の島”を意味するイスラ・ムヘーレスは、カン
クンから約4km、高速船で40分ほど沖合いのリゾート・
アイランドです。



カンクンのいろいろな桟橋から、ボートが頻繁に出ている
ので、観光客にもお勧め!この日は、プラヤ・カラコルか
ら往復$15で個人で渡りました。(たぶん、オプショナル・
ツアーなら1万円くらいかかる…^^;)



このイスラ・ムヘーレスは南北8km、東西1.5kmの縦
長の島で、美しい海岸でのシュノーケリングや、ドルフィ
ンスイムが楽しめるそうですが、船着場近くの街並みは、
本土カンクンよりもメキシコ本来の風情が感じられます。



島の北側に広がるホワイトサンド・ビーチが『プラヤ・ノ
ルテ(通称:ココ・ビーチ)』。風にそよぐ椰子の木と、色
鮮やかなパラソル&チェアが、何にも替え難い贅沢を
演出してくれます♪(パラソル・レンタル料は1日$10)



追伸:プラヤ・カラコル桟橋は、2005年10月に襲来した
ハリケーン・ウィルマにより破損しており、今はフェリー
が出ていないそうです。イスラ・ムヘーレスにはプラヤ・
リンダ、プラヤ・トルトゥガス、プラヤ・ランゴスタなどの
他の桟橋から船が出ているので、そちらを利用してね!
タコスでるアミーゴ♫
カンクンの街は、高級ホテルが並ぶホテルゾーンと呼ばれ
るリゾートエリアと、地元の人が住むセントロと呼ばれるダ
ウンタウンエリアに分かれています。今回は観光客でにぎ
わうホテルゾーンのみの滞在でした。



この建物はホテル近くのプラサカラコル近くのお店ですが、
メキシコらしい燃える炎の赤が魅力的!よく見ると建物の
上部には“陽気な楽団”マリアッチのオブジェも見ることが
出来ます。 さすが、メキシコ!



この他にも、街中にはご陽気なメキシカン・アイテムがい
っぱい! パイナップルの器が顔になっているカクテルや
ビール、ワイン、テキーラ、ラム酒など…アルコール盛り
沢山のテーブル・セッティングがリゾート気分満点です♪



そして、メキシコといったらやっぱりタコスは外せません。
ホテル近くの 『タコ・ファクトリー』 は、近い・安い・旨いが
三拍子揃ったと評判のお店。オープン・エアになっている
ので気軽に立ち寄れて、営業時間も翌朝の7時までと宵
っ張りの心強い見方です^^


ハイアット・リージェンシー・カンクン
さて、着きました♪ “カリブの至宝”その名も 『カンクン』。
どこまでも続く白い砂のビーチと、7色に輝くエメラルドの
海!まさに、この世の楽園ですなぁ~^^ 美しい自然だけ
でなく、マヤ遺跡や、マリンスポーツなど見所も満載です。



今回の宿泊は、「ハイアット・リージェンシー・カンクン」 。
アメリカ系のスーパーリゾート・ホテルが立ち並ぶカンク
ンでは中堅クラスのホテルですが、これで充分すぎる程
ゴージャスです^^ ↓は海に張り出しているサンデッキ!



館内は14階まで吹き抜けになっているロビーは光が差し
込んで明るい雰囲気。プール・エリアはタイルで作られた
デッキチェアーが半分水に浸っていて、リゾート気分満点
です♪



客室のインテリアはシックな色で統一されており、全室バ
ルコニー付きで、ダブルベッドではなくシングルベッド二つ
のツインルームという作りも、日本人観光客には嬉しいと
ころです。次は、カンクンの街に出かけてみま~す。


いざ、カンクンへGO!
さ~て、始まりました♫ その名も 『ビバ!メヒコ』 。
ここは、2003年に行った懐かしいカンクン~ラスベ
ガスの旅の記録です。現在は、当時とは違った状
況になっている部分もありますが、ご了承ください。



今回はアメリカン航空で、成田~ダラス経由でカン
クンへののフライトです。なかなかダラス空港は立
ち寄る機会がないので、トランジットとはいえ、貴重
な経験です。



そして、いよいよカンクンへ…。華やかな色合いの
ギフト・ショップが、初体験のメキシコへの期待を、
嫌が負うにも高めてくれますね♪