2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」(2019年)
スーパーコンボ_1

世界的大ヒット・カー・アクション「ワイルド・スピード」シリーズの人気キャラクター、ドウェイン・ジョンソン扮する外交保安部捜査官ルーク・ホブスと、ジェイソン・ステイサム扮する元MI6エージェント、デッカード・ショウを主人公に贈るアクション・エンタテインメント大作。世界を救うため、渋々手を組むことになったホブスとショウが、互いに衝突を繰り返しながらも、最強の敵を相手に繰り広げる壮絶な攻防の行方を、シリーズ史上最高のスケールとアクションで描き出す。共演は「マイティ・ソー バトルロイヤル」のイドリス・エルバと「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」のヴァネッサ・カービー。監督は「アトミック・ブロンド」「デッドプール2」のデヴィッド・リーチ。

ロサンゼルスに暮らすワイルドでパワフルな外交保安部捜査官ルーク・ホブスは、娘との関係に頭を悩ませる日々。一方、おしゃれでクールな元MI6エージェントのデッカード・ショウは、ロンドンで優雅な生活を送っていた。折しも、MI6の女性エージェント、ハッティがテロ組織から危険な新型ウイルス兵器の奪還に成功するものの、肉体改造で超人的戦闘能力を備えた男ブリクストンに追われ、ウイルスとともに行方をくらましてしまう。実は、ハッティはショウの妹でもあるのだった。そこでホブスとショウの2人に、ハッティ救出のミッションが課されることに。最初は当然のように反発する2人。それでも世界を危機から救うため、渋々ながらも協力して事態解決に乗り出すのだったが…。

スーパーコンボ_2

「ワイルド・スピード」ですよ👆 元々は、ヴィン・ディーゼルとポール・ウォーカーのコンビでカーチェイスを繰り広げるのが、この映画の真骨頂! ところが、今回のコンビは…ドウェイン・ジョンソン(ルーク・ホブス)とジェイソン・ステイサム(デッカード・ショウ)の“スーパーコンボ”!! このまま、この2人の映画になっちゃうんでしょうかね。それとも、このコンビはスピンオフ1作のみでしょうか? でも、なかなか良いコンビですよ。ザ・アメリカな、ガサツだけど気は優しくて力持ちのホブス。アクション・キレッキレでスタイリッシュなショウ。 さらに、今回のヒロイン、ヴァネッサ・カービーがいいね👍 金髪のクール&ビューティお姉ちゃんなんだけど、アクションもガンガンで 気持ちいい~

今回の敵役はイドリス・エルバ扮するブリクストン。半分人間で半分機械の改造人間だわな…。GIジョーに出てくる敵みたいな感じ。パクリじゃないよね!? しかし、その上に真の黒幕がいるという展開は、本当にこっちが本筋にも成りかねない。エンドクレジットの中でも、散々次の展開の伏線が引いてあったしな。それに、ヘレン・ミレンの使い方がもったいなさすぎる。なので、これで本当に、ドミニクとレティの「ワイルド・スピード」に戻れるんだろうか? まあ、ジェイソン・ステイサム好きな私は、今後こっちの展開でもいいけどね😉 今までひた隠ししていたホブスの故郷サモアがラスト・バトルの舞台!! ドウェイン・ジョンソンは今回でお役御免でしょうか🤔

スーパーコンボ_3

「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」(2019年)
監督 デヴィッド・リーチ
製作 ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、クリス・モーガン
原案 ゲイリー・スコット・トンプソン
脚本 クリス・モーガン、ドリュー・ピアース
撮影 ジョナサン・セラ
音楽 タイラー・ベイツ
出演 ドウェイン・ジョンソン (ルーク・ホブス)
    ジェイソン・ステイサム(デッカード・ショウ)
    ヴァネッサ・カービー  (ハッティ・ショウ)
    エイザ・ゴンザレス   (マルガリータ/マダムM)
    エリアナ・スア      (サマンサ・ホブス)
    クリフ・カーティス    (ジョナ・ホブス)
    ジョー・アノアイ     (マテオ・ホブス)
    ケヴィン・ハート     (ディンクリー)
    ライアン・レイノルズ  (ロック)
    イドリス・エルバ     (ブリクストン)
    ヘレン・ミレン      (マグダレーン・ショウ)

スーパーコンボ_4
スポンサーサイト



「ワイルド・スピード SKY MISSION」(2015年)


ヴィン・ディーゼルとポール・ウォーカーが凄腕ドライバーに
扮して大活躍する世界的大ヒト・カー・アクシン・シリーズ
の第7弾。本作撮影期間中に突然の事故で帰らぬ人とな
たポール・ウォーカーは、これが最後の出演作となった。共
演はドウェイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲス、タイリース・
ギブソンら シリーズ・レギュラー陣のオールスター・キャスト
揃い踏みに加え、最強の敵役として「トランスポーター」シリ
ーズのジェイソン・ステイサムが登場

ヨーロパ全土で暗躍していたオーウン・シウ率いる国際
犯罪組織を壊滅させるとともに、レティの奪還にも成功し、ド
ミニクと仲間たちは ようやく ロサンジェルスでの平穏な日々
を迎えていた。今や、“家族”とも呼べる固い絆で結ばれたド
ミニクたちだたが、そんな彼らのもとに1本の電話がかか
てくる。それは、弟オーウェン・ショウの仇討ちに燃えるデッ
カードからの宣戦布告だった。元特殊部隊の暗殺者で最強
の敵デッカードの予測不能の攻撃に、為す術もないまま 窮
地に陥っていくドミニクたちだったが…。



何とね
 
あの「トランスポーター」シリーズでお馴染みの
ェイソン・ステイサムが出てますよ
 
しかも悪役で
 「エク
スペンダブルズ」でも、スタローンのよき相棒なのにね。 よく
この役を受けたなぁ~
本家 トランスポーターは「イグニッ
ション」でリブートされてしまったからな…
  話を戻すと、や
はりポール・ウォーカーの死に触れなくてはいけません。非
常に残念な出来事でしたね。 この映画の、撮影途中だっ
そうです。続きの代役は 2人の弟ケイレブ・ウォーカーと
ディ・ウォーカーが務めたそう。特に スタントマンであるコ
ィは次回作「ワイスピ8」でも続投だとか。

さて肝心の映画の方はというと、最近のワイスピは車から
ンプ、列車からジンプ、橋の上からジャンプ、戦車から
ジャンプと…ジャンプシリーズが続いていたように思います
が、ついに飛行機からジャンプ
 
カー・スカイダイビング
ですよ
 監督が、「ソウ」シリーズ、「死霊館」のジェームズ・
ワンに代わったからでしょうが、衝撃度もMAXアップした感
がありますな
 しかし、ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョ
ンソンにジェイソン・ステイサムまで…。これだけハゲまっち
を揃えたら、誰が誰だか分からくならないのかな




「ワイルド・スピード SKY MISSION」(2015年)
監督 ジェームズ・ワン
製作 ニール・H・モーリッツ、ヴィン・ディーゼル、マイケル・フォトレル
原案 ゲイリー・スコット・トンプソン
脚本 クリス・モーガン
撮影 スティーヴン・F・ウィンドン、マーク・スパイサー
音楽 ブライアン・タイラー
出演 ヴィン・ディーゼル      (ドミニク・トレット)
    ポール・ウォーカー      (ブライアン・オコナー)
    ドウェイン・ジョンソン     (ルーク・ホッブス)
    ミシェル・ロドリゲス     (レティ・オルティス)
    ジーダナ・ブリュースター (ミア・トレット)
    タイリース・ギブソン     (ローマン・ピアース)
    クリス・ブリッジス       (テズ・パーカー)
    エルサ・パタキ         (エレナ・ネベス)
    ナタリー・エマニュエル   (ラムジー)
    ジャイモン・フンスー     (ジャカンディ)
    トニー・ジャー         (キエット)
    カート・ラッセル        (ミスター・ノーバディ)
    ジェイソン・ステイサム   (デッカード・ショウ)


「ワイルド・スピード EURO MISSION」(2013年)

 
ヴィン・ディーゼルと ポール・ウォーカーが凄腕ドライバーに扮
して大活躍する世界的大ヒット・カー・アクション・シリーズの第
6弾。今度はヨーロッパを舞台に、ドミニクたちが前作で登場し
たドウェイン・ジョンソン扮する最強捜査官と再び共闘し、 謎の
犯罪組織に立ち向かうさまをスケール・アプしたカー・アクシ
ン満載で描く。共演にミシェル・ロドリゲス、ルーク・エヴァンス。
 
前回のミッションで大金を手にし、優雅な逃亡生活を送るドミニ
ク。そんな彼の前に宿敵であるDSS(外交保安部)特別捜査官
ホブスが現われ元エリート軍人ショー率いる巨大国際犯罪組
織に対する捜査への協力を要請する。そしてドミニクは死んだ
はずの元恋人レティがーに加担してることを聞く。すぐ
ブライアンたち馴染みの凄腕ドライバーを招集すると、レティを
巡る謎を解き明かすべく、ショーたちを追うのだが…。
 

 
前作 「ワイルド・スピード MEGA MAX」 の最後で、ドミニクの元
恋人レティが生きていることを仄めかしていましたが、やっぱり
生きていましたね。 しかも記憶喪失
今回は、そのレティの奪
還作戦がメインとなります。 DSSの捜査官たちとタッグを組むこ
とに…。 それに、DSSのメンバーエレナと恋仲になっていて、今
さらレティ
 という気もしないではないですが、 “仲間は家族”
という信念のもと、オールスター・キャストの登場です。
 
相変わらずのド派手なカー・チェイスはもちろんのこと、戦車や
中戦そして最後には飛行機とのチェイスまで
 ただ、残念
ながらレティを助けるのと引き換えに… ハンの恋人・ジゼルが
死んでしまった
 でも、そういう展開にならないと ハンは日本
に行かないからね…。そう、シリーズ3作目「ワイルド・スピード
X3 TOKYO DRIFT」は時系列的にこの後の作品なんです。
 

 
そして、エンドロール後のボーナスは、“トランスポーター” こと
ジェイソン・ステイサムの登場
 こりゃー、7作目が楽しみです
な。 ところが、ご存知の通り、ポール・ウォーカーが事故死して
しまった…。ご冥福をお祈りします。 とともに是非とも“7”を作
って欲しいものです。
 
 
「ワイルド・スピード EURO MISSION」(2013年)
監督 ジャスティン・リン
製作 ニール・H・モーリッツ、ヴィン・ディーゼル、クレイトン・タウンゼント
原案 ゲイリー・スコット・トンプソン
脚本 クリス・モーガン
撮影 スティーヴン・F・ウィンドン
音楽 ルーカス・ビダル
出演 ヴィン・ディーゼル      (ドミニク・トレット)
    ポール・ウォーカー      (ブライアン・オコナー)
    ドウェイン・ジョンソン     (ルーク・ホッブス)
    ミシェル・ロドリゲス     (レティ・オルティス)
    ジョーダナ・ブリュースター(ミア・トレット)
    タイリース・ギブソン    (ローマン・ピアース)
    クリス・ブリッジス      (テズ・パーカー)
    サン・カン           (ハン・ルー)
    ガル・ギャドット         (ジゼル・ヤシャ)
    ルーク・エヴァンス     (オーウェン・ショー)
    エルサ・パタキー       (エレナ・ニベス)
    ジーナ・カラーノ        (ライリー・ヒックス)
    ジェイソン・ステイサム    (イアン・ショウ)
 

ああ、なんてこと!ワイルドスピードとアンストッパブルが現実の悲劇に…
何という悲劇でしょう…
日本時間の昨日、12月1日に二つの悲劇が起こってしまいました
 

 
まず一つめは 人気映画シリーズ「ワイルド・スピード」の主演ポール・
ウォーカーが、知り合いの元レーサーが運転するポルシェ・カレラGT
で衝突炎上、40歳の若さで死去しました…ご冥福をお祈りします
 

 
「ワイルド・スピード」は1作目でポール・ウーカーとヴィン・デ
が主役を演じまたが、2・3作目はコンビ別れし、4作目から
うやくブライアンとドミニクがそろい踏みしたことろだったのに…
 

 
また、NYの郊外ではメトロノース鉄道のハドソン線で列車の脱線事故
が起き、4人が死亡し、63人が負傷しました。 これも、まさに映画
「アンストッパブル」のように、急カーブを曲がりきれなくての事故。
 

 
事故の原因は、ブレーキが故障してたのか
それとも運転手の人為
なミスなのか
事故調査の結果を待ちたいところです。
「ワイルド・スピード MEGA MAX」(2011年)

 
ヴィン・ディーゼルと、ポール・ウォーカーの主演で贈る大ヒ
ット・カー・アクション・シリーズ第5弾。前作ワイルド・スピ
ード MAXで復帰したオリジナルキストの再登場に加え、
主人公たちを追う剛腕捜査官役で“ザ・ロック”ことドウェイ
ン・ジョンソンも初参戦。 監督はシリーズ3作連続のメガフ
ォンとなるジャスティン・リン。
 
いまや前科者のドミニクと共にお尋ね者として追われる身
となってしまった元FBI捜査官のブライアン。ドミニクと
妹ミアと一緒にブラジルに身を隠し、逃亡生活を送る日
々。 彼らはそんな生活から抜け出し、もう一度自由を手に
入れるべく、リオの裏社会を牛耳る黒幕レイエスを相手に
1億ドルを強奪するという壮大かつ無謀な賭けに出る。 そ
してその計画を実現させるため、かつての仲間たちを招
集する。
 

 
前作ワイルド・スピード MAXで共演を果たした、ヴィン・
ディーゼルとポール・ウォーカー。本作、「MEGA MAX」
はその2人に加え、 ワイルド・スピードのヴィンス、
MAXからジゼルなど、ま “夢のスペシャル・チーム”
の結成ですな
 
それに、 元プロレスラーの“ザ・ロック”ことドウェイン・ジョ
ンソンまで出演するとは、 どんだけマッチョにコダわるん
だ~
 それと究極まで進化した カーチェイス・シ
ーンは
凄いね
   冒頭の列車からの自動車泥棒からの
峡谷ダ
イブに始まり、ラストの金庫引きずりの街を壊しまくる
イスと、これが “最終版” と言いきってもいい程の
 

 
ついに大団円と思ったラストには、 またまた仰天のシー
ンが… レティが生きてる
 これじゃあ、止められないよ
ねぇ~
 

「ワイルド・スピード MEGA MAX」(2011年)
監督 ジャスティン・リン
製作 ニール・H・モーリッツ、ヴィン・ディーゼル、マイケル・フォトレル 他
原案 ゲイリー・スコット・トンプソン
脚本 クリス・モーガン
撮影 スティーヴン・F・ウィンドン
音楽 ブライアン・タイラー
出演 ヴィン・ディーゼル     (ドミニク・トレット)
    ポール・ウォーカー     (ブライアン・オコナー)
    ジョーダナ・ブリュースター(ミア・トレット)
    マット・シュルツ       (ヴィンス)
    タイリース・ギブソン    (ローマン・ピアース)
    クリス・ブリッジス      (テズ・パーカー)
    サン・カン           (ハン・ルー)
    ガル・ギャドット        (ジゼル・ヤシャ)
    ホアキン・デ・アルメイダ  (ハーマン・レイエス)
    エルサ・パタキー       (エレナ・ニベス)
    ドウェイン・ジョンソン     (ルーク・ホッブス)