2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
『クリムト展』 “ウィーンと日本 1900”
装飾的な作品で国内外で高い人気を誇るグスタフ・
クリムト(1862-1918)昨年没後100年を迎えたこと
を記念して 東京上野の東京都美術館で『クリムト展』
が開催されています。2019年は、日本とオーストリア
友好 150周年でもあります。



今、東京ではクリムトやウィーン世紀末に焦点を当
てた大きな展会が相次いで開催されています
でもこの『クリト展』は別格
 
約200点といわれ
クリムトの油彩絵画のうち、過去最大点数の25作品
集めました。


グスタフ・クリムト《ユディトⅠ》1901年 ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館

この展覧会のメインビジアルとなているのが、旧
聖書外典に登場する女性を描いた《ユディトⅠ》
ムトが初めて金箔を貼りこんだ、いわゆる「黄金
式」の代表作です。


グスタフ・クリムト《ヌーダ・ヴェリタス(裸の真実)》1899年 オーストリア演劇博物館

《ユディトⅠ》 の2年前、クリムトがウーン分離
を立ち上げた際に その決意を表すために描いた
されるのが《ヌーダ・ヴェリタス(裸の真実)。こち
ら、金色の絵の具を使ってはいますが…まだ、金箔
使られません。


グスタフ・クリムト《ベートーヴェン・フリーズ》(原寸大複製) 1984年

ウィーン分離派の拠点、分離派会館ホール
ある巨大壁画 《ベートーヴェン・フリーズ》(原寸大
製)圧巻です
 ベートーヴェン交響曲第9番『合
き』 から着想した作品で、絵画・彫刻・建築・美
芸・詩・音楽を総合的に融合しています。


グスタフ・クリムト《ベートーヴェン・フリーズ》(右面) 〈歓喜の歌〉

第4楽章「歓喜の歌」を描いたパートは その頂
点。歓喜の歌を歌う天使、抱擁する恋人たちは、幸
福の成を表してます。 空間全体には第九の音楽
が流れていて まるでウィーンに居るような感覚に陥
ります。


グスタフ・クリムト《赤子(ゆりかご)》1917年 ワシントン・ナショナル・ギャラリー

クリムトが 55歳で亡くなる直前に描いた《赤子(ゆり
かご)は、一人の新しい生命を大切に守るように布
何枚も積み重ねられています。最後まで 生命を
描いたクリムトらしい作品です。


グスタフ・クリムト《女の三世代》1905年 ローマ国立近代美術館

《女の三世代》は初来日。赤ん坊、若い女性、老女
と、人生の三段階を描きました。背景は酸化して黒
ずんいますが、金箔ではなく 銀箔でしょう。“死
エロスの画家”といわれるクリムトの代表作です。
スポンサーサイト



『大哺乳類展2』 “みんなの生き残り作戦”


2010年に大好評を博した特別展『大哺乳類展 陸の
なかまたち/海のなかまたち』から9年、哺乳類たち
が上野に帰てきました。会場は、東京上野公園に
ある国立科学博物館


Zone1 哺乳類の歩き方:ロコモーションの基本

哺乳類は 多様な能力を獲得し地球上の環境に適
応しました。そのなかでも特徴的なのが 走る跳ぶ、
木に登る、泳ぐといった移動運動「ロコモーション」。


Zone2 哺乳類の生き残り作戦:ロコモーション

そのロコモーション能力を標本や最新の研究に基
づいた映像で説明し、これほどまで、ロコモーション
能力を特化させた理由「食べる」、「産む・育てる」と
う生き残り戦略も紹介します。


Zone3 哺乳類の分類と系統「哺乳類大行進」

5つのゾーンで構成された会場には、500点以上の
骨格標本が陸と海の哺乳類約200種が行進して
いる、会場中央のメイン展示“哺乳類大行進”は
巻です。


マッコウクジラの全身標本表面(模型)

その中心にあるのは 等身大のマッコウクジラ
 チ
ラシやポスターに使われているメインビジュアルで、
全長は16m。裏に回ると体の構造がわかる骨格模
型になっています。


マッコウクジラの全身標本裏面(骨格)

こちらは、全ての展示が撮影OKとなっています。
供たちも喜んで写真を撮っていましたよ。日本
でもこういう展覧会がどんどん増えていくと良い
ですね。


Zone4 哺乳類の生き残り作戦:食べる

時間に余裕があれば、地球館地下1階の常設展
示に ラノサウルスをはじめとした 恐竜の骨
格標本もあります
 会期は、6月16日まで。 お薦
めですよ

Mercedes me Tokyo HANEDA
GW皆さんいかがお過ごしでしょうか❔ 平成から令和
へと時代も変わりました。退位の礼や即位の礼も終
わり、もう後半戦となりました。



私は10連休とりたてて予定のもないので、前々か
気になっていた羽田にある とある商業施設に行って
きましたよ。



それは 『Mercedes me Tokyo HANEDA』
 4年前程
出来たらしいのですが、全然知りませんでした。ま
さに、The お洒落空間ですねぇ~



軽食ができるお店やクリスピークリームドーナツがあ
ったりと、車好きの男子だけでなく カップルや親子連
れも楽しめるようです。



🍩ドーナツはメルセデスのエンブレムであるスリー・
ポインテッド・スターが描かれていました。また、試乗
すると、高級ラングドシャ・クッキーがもらえます。



もちろん頂いてきました
 お味はバニラ・ココア・スト
ベリーと3種のクリームを、サクサクのラング・ド・シ
クッキーでサンドしてあります。



それぞれ10枚×3種で 合計30枚の豪華セットです
『奇想の系譜展』 “江戸絵画ミラクルワールド”


美術史家・辻惟雄氏(1932-)が今から約 半世紀前
の1970年に著した『奇想の系譜』この展覧会は
の著作に基いた江戸時代の『奇想の絵画』展の
定版です。


伊藤若冲 《象と鯨図屏風》

『奇想の系譜』で採り上げられたのはそれまで書籍
や展覧会でまとまって紹介されたことがなかった
襲の殻を打ち破った非日常的な世界に誘われるよ
うな絵画の数々でした。


伊藤若冲 《鶏図押絵貼屏風》

この展覧会は同書で紹介された岩佐又兵衛
山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢芦雪、歌川国芳、
それに白隠慧鶴、木其一を加えた 8人の作品を
厳選したラインナップになっています。


伊藤若冲 《雪中雄鶏図》 / 伊藤若冲 《海棠目白図》

特に伊藤若冲(1716-1800)は奇想の権化のような
天才画家。1990年代後半以降 その超絶した技巧や
奇抜な構成などが再評価され、特に アメリカ人収集
家ジー・プライスのコレクションにより飛躍的にその
知名度と人気を高めています。


曽我蕭白 《雪山童子図》

曽我蕭白は 18世紀の京都で活躍した画家。豪快す
ぎる筆さばきも、繊細な描写も 自由自在、人物の表
情も独特です。狩野山雪は京狩野の狩野山楽の弟
子。京都の大寺院に 数多く作品を残しています。辻
さんが理知的な構図に着目し、再評価しました。


狩野山雪 《韃靼人狩猟・打毬図屏風》 / 狩野山雪 《梅花遊禽図襖》

白隠慧鶴は禅僧禅宗では「不立文字(言葉に頼る
な)」とされ白隠も数多くの達摩図を描きました。歌
川国芳は有名な浮世絵師です。その画想の豊かさ、
斬新なデザイン力、 奇想天外なアイデア、 確実なデ
ッサン力で、多数の傑作生み出しました。


白隠慧鶴 《達磨図 》 静岡・永明寺 / 白隠慧鶴 《達磨図》 大分・萬壽寺

この展覧会は 辻惟雄さんが特別顧問を務め、辻さ
んの教え子でもある山下裕二氏(明治学院大教授)
が全体を監修。師弟タッグによる渾身の日本美術
展となっています。会期末(~4月7日)迫る


歌川国芳 《相馬の古内裏》 / 歌川国芳 《宮本武蔵の鯨退治》
『河鍋暁斎』 “その手に描けぬものなし”


幕末から明治にかけて活躍した河鍋暁斎は、まさに
「描けぬものは無い」ほど、多彩なジャンルの作品を
残しています。


河鍋暁斎 《観世音菩薩像》 / 河鍋暁斎 《花鳥図》 / 河鍋暁斎 《枯木寒鴉図》

河鍋暁斎は浮世絵を学んだ後、狩野派に入門し、伝
統的な官学派の絵画を学びましたその暁斎の足跡
をたどる展覧会が、サンー美術館で開催(2月6日
-3月31日)されていました。


河鍋暁斎 《豊干禅師と寒山拾得図》 / 河鍋暁斎 《枇杷猿、瀧白猿》

河鍋暁斎(1831-89)は、7歳にして浮世絵師・歌川国
芳のもとで絵を学び、狩野派の絵師・前村洞和やそ
の師・狩野洞伯陳信に入門。40歳で作品が貴顕を
嘲弄したとして投獄され 雅号を「暁斎」と改めました。


河鍋暁斎 《閻魔大王浄玻璃鏡図》 / 河鍋暁斎 《地獄太夫と一休》

風刺画の数々により「反骨の人」として語られること
の多い暁斎ですがその行動の根底にあるのは
文化への思慕の表明でした。暁斎は江戸幕府の
終焉とともに狩野派が衰退してもなお、狩野派絵師
しての自負を持っていました。


河鍋暁斎 《鳥獣戯画 動物行列》 / 河鍋暁斎 《鳥獣戯画 猫又と狸》

暁斎の周辺には多くの人々が集いました。お雇い
人の建築家 サイア・コンドルは暁斎の弟子
なり、「暁英」を名乗るほどでした。 暁斎没後には
究書をし、暁斎の名は世界に広がりました。


河鍋暁斎 《処刑場跡描絵羽織》

天性の技を支えているのは 絶え間ない修練。 イチ
ロー三浦カズレジェンド葛西など…どのジャンル
でも同じですね。ブログアップが結果的に 会期終
了後となってしまいました。ゴメンナサイ


河鍋暁斎 《暁斎楽画 第三号 化々学校》 / 《暁斎楽画 第九号 がいこつの遊戯ヲゆめに見る図》