2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
「コーチ・カーター」(2005年)


大学進学率が最低水準で、犯罪者となってしまう卒業生も少なくない
という落ちこぼれ高校を舞台に、バスケットボールを通じて生徒たちに
自ら将来を切り拓く術と生き抜く力を授けた実在のバスケットコーチを
描いた感動ドラマ。主演はサミュエル・L・ジャクソン。監督は、「ネゴシ
エーター」のトーマス・カーター。

犯罪と隣り合わせの街で、将来への展望も見出せない生徒ばかりの
リッチモンド高校。この高校のバスケットボール・チーム“オイラーズ”
の成績もまた惨憺たる状態だった。そんなチームを立て直すために
同校のOBでバスケの名選手だったケン・カーターが新任コーチとし
てやってくる。 彼はまず始めに、学業での成績向上と規律ある生活
態度を守らせるという方針を打ち出すが…。

たしか、先週放送の奇跡体験!「アンビリーバボー」で、このケン・カ
ーターのことが特集されていたので、早くアップしなくては!と思って
いましたが、風邪で手こずりましたぁ!ようやくです。まず、熱血コー
チのスポ根ものは数々あれども、勉学との両立という視点は新しいと
思います。また、実話なのも説得力が増す分、ポイント高いでしょう。

主演のサミュエル・L・ジャクソンは、私が観た映画の中では、一番の
ハマリ役ではないでしょうか?元々顔が恐いので、鬼コーチ役は打っ
てつけですが、今回のスーツ姿も決まっていますねぇ! 実際にバス
ケットボール選手を生徒役に起用しているので、劇中のバスケットシ
ーンも見ごたえありです^^

「コーチ・カーター」(2005年)
監督 トーマス・カーター
出演 サミュエル・L・ジャクソン (ケン・カーター)
    リック・ゴンザレス      (クルーズ)
    ロブ・ブラウン        (ケニヨン)
    ロバート・リチャード    (ダミアン)
    アシャンティ         (キーラ)
    アントウォン・タナー    (ワーム)
    ナナ・グベウォニョ     (ジュニア・バトル)
    チャニング・テイタム    (ライル)

スポンサーサイト



風邪引いたぁ~!

台風の襲来とともに、土曜日から風邪を引いてしまいました。

急に、寒くなったり、また、暑くなったりする季節の変わり目

ですので、みなさんも、どうぞお気を付けくださいませ!!

(この土日は、久しぶりに劇場に行くつもりだったのにぃ)

「イルマーレ」(2006年)


2001年に製作された同名の韓国映画を「スピード」のゴールデンコンビ、
キアヌ・リーヴスとサンドラ・ブロックの共演でリメイクしたファンタジーラ
ブストーリー。“湖の家”の郵便ポストが取り持つ不思議な恋の行方をロ
マンチックに綴る。

静かな湖の岸辺に建つ一軒家。 ここに住む女医のケイトはシカゴにあ
る病院に勤務することになり、次の住人に自分宛の手紙の転送を頼も
うと、郵便受けにメッセージを残した。一方、建築家のアレックスは幼少
時代に過ごした湖の家を買い取り住み始める。彼はそこで郵便受けに
奇妙な手紙を発見する…。

言わずと知れた大ヒット韓国映画のリメイク作品ですが、残念ながらオ
リジナルは未見!でも、世間の評判ではオリジナルに軍配が上がるよ
うです。やはり、「ディパーテッド」 「アサシン」などリメイク作品がオリジ
ナルより優れている例は、ほとんどありませんからねぇ!

でも、「スピード」以来12年振りの共演となるキアヌ・リーヴスとサンドラ・
ブロックを起用したことで、この映画の価値も20%はアップしたと言って
いいでしょう。やはり仕事とはいえ、相性の良し悪しはあるようで、この2
人の息はピッタリです。 “恋愛時間SFモノ”の中では、“スーパーマン”
ことクリストファー・リーヴ主演の「ある日どこかで」が名作です。

「イルマーレ」(2006年)
監督 アレハンドロ・アグレスティ
脚本 デヴィッド・オーバーン
原案 イ・ヒョンスン
出演 キアヌ・リーヴス      (アレックス・ウィラー)
    サンドラ・ブロック      (ケイト・フォースター)
    ショーレ・アグダシュルー (アンナ・クリシンスキー)
    クリストファー・プラマー  (サイモン・ウィラー)
    ディラン・ウォルシュ    (モーガン)

月9ドラマ「ガリレオ」


頭脳明晰、スポーツ万能、すらりとした長身に抜群のファションセンスの
持ち主だが、どうも人と噛み合わない変人物理学者の湯川学(通称:ガ
リレオ)が活躍する東野圭吾原作の『探偵ガリレオ』を、フジTVがドラマ
化。視聴率も初回、2回と2週連続の20%超えで、“月9”枠でも久々の
ヒットドラマとなりそうです。

まず、主演の福山雅治は、「美女か野獣」以来4年半ぶりのドラマ出演。
常に木村拓哉に次いで2番手キャラ(『anan』で毎年やってますね!)に
甘んじていた福山の満を持しての登場に、フジTVも力が入るというもん
でしょう。

また、原作では湯川の親友・草薙俊平が相棒としてコンビを組んでいま
したが、ドラマでは女性刑事・内海薫と事件を解決していくという無理や
りな展開で、相手役も今や若手女優演技派No.1の柴咲コウを起用。

ゲスト出演も、第1回放送から唐沢寿明を起用したのに引き続き、2話
目以降にも小市慢太郎、広末涼子、香取慎吾など次々に大物や個性
派俳優を起用していくようです。今後も楽しみなドラマですね^^

月9ドラマ「ガリレオ」(2007年10月15日~12月17日)
原作 東野圭吾 『探偵ガリレオ』 『予知夢』 (文春文庫)
脚本 福田 靖
演出 西谷 弘ほか
出演 福山雅治   (湯川学:ガリレオ)
    柴咲コウ   (内海薫)
    北村一輝   (草薙俊平)
    品川 祐   (弓削志郎)
    渡辺いっけい(栗林宏美)
    真矢みき   (城ノ内桜子)

「サラリーマンNEO Season2」


少し前の話になりますが、9月までNHK総合火曜日午後11時より
放送していた「サラリーマンNEO」という番組を知っていますか?

サラリーマンをテーマにしたコントやミニドキュメンタリーで構成され
その斬新な番組内容が各方面で話題となった、今までのNHKには
ないタイプのバラエティ番組でした。その番組内のコーナーの中で
何といっても一番人気があったのが、“セクスィー部長”です(^^;;

見たことがない人のために説明すると、主人公の色香恋次郎(また
の名を“セクスィー部長”という)が、社内外のトラブルにドラゴン・ア
ッシュの曲「El Alma」♪にノって現れ、たちどころに解決していくと
いう、摩訶不思議なコーナーなんです。

最近いろいろな番組で妙にエロトークをぶっちゃけている沢村一樹
が、吹っ切れた演技を見せてくれて、マニアには結構な評判となっ
ていましたが、惜しくも“シーズン2”の放送が9月25日に終了して
しまったようです。 いつになるのかわかりませんが、 “シーズン3”
の放送が待ち遠しいです^^

「サラリーマンNEO Season2」(2007年4月10日~9月25日)
演出 吉田照幸
制作 山田良介
出演 生瀬勝久
    沢村一樹
    田口浩正
    入江雅人
    中田有紀
    原 史奈
    中越典子

【太巻き寿司】



今日、近所のスーパー「ジャパンホームバリュー」で、
もの凄い“巻き寿司”をゲットしました。

「売り切れゴメン、魚のビックリ市」と題した売り出し
があり、“びっくり超太巻き”888円なるものを発見。
これは、是非是非買わなくては!と、いうことで、買
ってきました。

全長21センチ、はみ出したネタを含めると28~29
センチ。重さは残念ながら量ってないのですが、お
よそ1キロくらいでしょうか?ズッシリと重い!!

気になるネタは、マグロ、サーモン、鯛(?)、カニカ
マ、キュウリ、干瓢の計6品!味はまずまずですが、
やはりその量は半端なく、昼に食べても晩飯いらず。

TVの「大食い」番組で見た15,000円する“デカ盛
り”という程ではありませんが、お家で楽しめる“プチ
デカ盛り”です^^

生鮮市場 ジャパン・ホームバリュー
びっくり超太巻 888円
びっくり鉄火巻 333円
お造り5点盛り 777円
生秋さけ半身  777円

踊るレジェンド「逃亡者 木島丈一郎」「弁護士 灰島秀樹」



「踊る大捜査線」シリーズのスピンオフである「交渉人 真下正義」「容疑者 室
井慎次」からさらなるスピンオフ作品が誕生。「交渉人~」の中の人気キャラ
クター警視庁捜査一課の刑事・木島丈一郎を主人公にしたスペシャルドラマ
「逃亡者 木島丈一郎」と「容疑者~」の中で、どこまでも室井を追い詰める、
いわば敵役として登場した「弁護士 灰島秀樹」。

小学生の男児を人質にした立て篭り事件が発生したが、木島率いるSIT(警
視庁刑事部捜査一課特殊犯捜査一係)が無事解決。 ところが、関係の無い
はずの稲垣管理官が、人質だった男児を本庁に保護しようとする…。 やり手
弁護士灰島のもとに、国と千葉県が進める「東京湾海洋博覧会」の計画を中
止するよう、環境保護を訴える地元住民が協力を求めてくるが…。

まず、北野武(ビートたけし)監督作品でお馴染みの、寺島進主演の「逃亡者
~」ですが、“顔はチンピラ、心はナイーブ”が売りの寺島が、最近はすっかり
いい人ぶりが板についてしまっていて、魅力が半減かな? 「ファブリーズ」の
CFでもコミカルな良きパパの役ですもんねぇ!「もうちょっと悪ぶった寺島が
見たいのになぁ」と、思ったのは私だけ?

もうひとつ「弁護士~」はオリジナルが、「踊る」シリーズで一番地味な「容疑
者」からのスピンオフなので、さらに地味! 「容疑者」からのスピンオフなら、
哀川翔か?と、思っていたので、(いい意味で)裏をかかれましたが、でも法
廷ものと「踊る」シリーズは、ちょっと合わないかなぁ?と、いうのが正直な感
想です。

「逃亡者 木島丈一郎」(2005年12月10日)
「弁護士 灰島秀樹」  (2006年10月28日)
監督 波多野貴文、小林大策
脚本 十川誠志、君塚良一
出演 寺島 進  (木島丈一郎)
    団田康則 (稲垣憲次)
    松重 豊  (爆弾処理班班長)
    森口瑤子 (鵜飼美津子)
    八嶋智人 (灰島秀樹)
    吹越 満  (工藤敬一)
    石田ゆり子(芦川淑子)
    真矢みき  (沖田仁美)

踊るスピンオフ「交渉人 真下正義」「容疑者 室井慎次」



テレビや映画で圧倒的な人気を誇る刑事ドラマ 「踊る大捜査線」 シリーズの
サブキャラクターの2人、ユースケ・サンタマリア演じる真下正義と、柳葉敏郎
演じる室井慎次に焦点を当てたスピンオフ・ムービー。地下鉄乗っ取り犯との
緊迫の交渉戦を繰り広げる「交渉人 真下正義」と、突然容疑者として逮捕さ
れてしまう室井が窮地に立たされる「容疑者 室井慎次」。

ロサンゼルス市警でFBI訓練プログラムを受け、警視庁初の交渉人となった
真下に、 地下鉄の最新鋭実験車両が何者かに乗っ取られ、乗降客200万人
に危険が迫るという連絡が入る…。警視庁の室井管理官が 自らが指揮を執
った殺人事件の捜査が問題となり逮捕される。警察の不正を暴くと意気込む
灰島弁護士によって室井は窮地に追い込まれていくが、 室井の危機に若き
女性弁護士・小原久美子や、新宿北署の工藤刑事が立ち上がる…。

「交渉人~」は映画化された踊るシリーズの中では 一番出来が良いかも知
れません。 犯人と真下の息詰まる攻防戦は、なかなか見ごたえがありまし
た。特に脇を固める俳優が、寺島進、國村隼、松重豊、金田龍之介など 渋
~い役者揃いで、とてもいいですね。でも、最後に犯人が解からないのが?

「容疑者~」は「踊る」シリーズの脚本を手掛けてきた君塚良一が、 初めて
監督をつとめましたが、良く言えば“硬派”、少々悪く言うと“地味”な作品と
なったようです。 いつも眉間にしわをよせている室井管理官が主役なので、
仕方がなんでしょうが、今までのシリーズとは違うシリアス路線が果たして
成功だったのか?でも、2作品とも興行的にはそれぞれ42億円、38億円の
ヒットとなっています。

「交渉人 真下正義」(2005年)
「容疑者 室井慎次」(2005年)
監督 本広克行、君塚良一
製作 亀山千広
出演 柳葉敏郎        (室井慎次)
    ユースケ・サンタマリア(真下正義)
    水野美紀        (柏木雪乃)
    小泉孝太郎       (小池茂)
    寺島 進         (木島丈一郎)
    國村 隼         (片岡文彦)
    真矢みき         (沖田仁美)
    筧 利夫         (新城賢太郎)
    田中麗奈        (小原久美子)
    八嶋智人        (灰島秀樹)
    哀川 翔         (工藤敬一)

「踊る大捜査線 THE MOVIE1・2」



1997年にTVドラマとして誕生し、翌年に空前の大ヒットを記録した織田裕二
主演の人気刑事ドラマの映画化。2作目もさらに5年後に作られ、日本映画
実写版では史上最大のヒット作品になりました。1作目では小泉今日子、大
杉漣、2作目では真矢みき、岡村隆史らがゲスト出演しています。

警視庁副総監誘拐事件、インターネットを使った猟奇殺人事件、署内で起こ
った窃盗事件と、まさにてんてこ舞いする湾岸署を舞台に、青島刑事を中心
とした、いつものメンバーが大奮闘を見せる…。それから5年、ビルが建ち並
び、一大観光地へと変貌したお台場で凶悪事件が立て続けに発生、さらに、
猟奇的殺人事件まで起き、ついに湾岸署に特別捜査本部が設置される…。

今さらながらの、「踊る大捜査線」シリーズですが、先週TVで2夜連続放送
していましたね!この「踊る大捜査線」は、そもそも97年の初回ドラマシリー
ズ放送の時は、平均視聴率18.2%と、そこまでは注目されていなかったと記
憶していますが、その後のスペシャルは軒並み25%台、そして映画に至って
は2本とも興行収入100億円突破!と、まさに大ヒットとなりました。

正直、映画そのものの出来は、それほどでもないのですが、ドラマシリーズ
から続く、警察の抱える内部の矛盾(キャリアvsノンキャリア)や、「被疑者」
「捜査員」など 今までの刑事ドラマにはない言葉使いなどが、作品にリアリ
ティーを与えており、青島、室井、すみれ、和久などそれぞれの登場人物に
強烈なキャラクター付けをすることによって、物語に深みが出ました。 また、
1作目の「事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ !」は流
行語にもなりましたね^^

「踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間!」(1998年)
「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レンボーブリッジを封鎖せよ!」(2003年)
監督 本広克行
企画 亀山千広
脚本 君塚良一
出演 織田裕二         (青島俊作)
    柳葉敏郎         (室井慎次)
    深津絵里         (恩田すみれ)
    水野美紀         (柏木雪乃)
    ユースケ・サンタマリア(真下正義)
    真矢みき         (沖田仁美)
    筧 利夫         (新城賢太郎)
    神山 繁         (吉田敏明)
    いかりや長介      (和久平八郎)

「ムーラン・ルージュ」(2001年)


いまやハリウッドを代表する2大スター、ニコール・キッドマンとユアン・マ
クレガーを主演に「ロミオ&ジュリエット」のバズ・ラーマン監督が絢爛豪
華にして幻想的に描くミュージカル大作。主演の二人が自ら歌う曲には、
ビートルズ、エルトン・ジョン、さらにはマドンナなど20世紀を代表するポッ
プナンバーがふんだんに使用されている。

1899年、夜のパリを象徴する魅惑のナイトクラブ “ムーラン・ルージュ”。
その豪華絢爛なショーは人々を魅了した。しかし、実のところ経営は火
の車。そこでオーナーのジドラーは、新たな投資家として資産家の公爵
に狙いを定め、新しいショーの主役サティーンをあてがうことでその資金
を引き出そうと考えていた。しかし、ジドラーから言われて客席を覗いた
サティーンは青年舞台作家クリスチャンをパトロンと勘違いしてしまう。

ミュージカル繋がりということで、この「ムーラン・ルージュ」ですが、さす
が、「ロミオ&ジュリエット」を見事現代に甦らせたバズ・ラーマン監督だ
けあって、舞台は1899年のパリなのだが、使われている曲は 「サウンド・
オブ・ミュージック」からマドンナ「ライク・ア・ヴァージン」、ポリス、ファット
ボーイ・スリムまでなんでもアリのごちゃ混ぜクラブ・ミックス。

これが、なんとも古典的ミュージカルに良く合ってしまうんだから、驚き!
しかも、主演のニコール&ユアンが自ら生歌&生ダンスなのもご立派 !!
ストーリーはまさに直球勝負の恋愛賛歌なのだが、何だか許せちゃうの
は、それだけ作品の出来が良いからでしょう。翌年にアカデミー賞をさら
った「シカゴ」よりはお勧めかも?

「ムーラン・ルージュ」(2001年)
監督 バズ・ラーマン
脚本 バズ・ラーマン&クレイグ・ピアース
衣装 キャサリン・マーティン
出演 ニコール・キッドマン    (サティーン)
    ユアン・マクレガー     (クリスチャン)
    ジョン・レグイザモ     (トゥールーズ・ロートレック)
    ジム・ブロードベント    (ジドラー)
    リチャード・ロクスバーク (ウースター公爵)
    デヴィッド・ウェンハイム  (オードリー)
    カイリー・ミノーグ      (緑の妖精)