2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
「カンフーハッスル」(2004年)


荒唐無稽なサッカー対決を描いた「少林サッカー」で 世界的なヒット
を飛ばしたチャウ・シンチー監督がカンフー映画に挑んだアクション・
コメディ。ギャング団の一員となることを夢見るチンピラの主人公が、
ギャング団とカンフー技を隠し持つ街の庶民たちとの抗争に巻き込
まれていくさまを、ギャグと本格アクションを散りばめ描く。

チンピラ・シンの夢は、冷酷非情なギャング団“斧頭会”に入ること。
ある日、ひと仕事するべく貧民街の“豚小屋砦”というアパートに目
を付けたシンは、 そこで斧頭会と住民たちとのモメ事に遭遇する。
しかし、住民の中にはかつてカンフーを極めた“最強”の達人がお
り、斧頭会をやっつけてしまう。それに怒った組長は…。

“ありえねぇ~!”でお馴染み、チャウ・シンチーの「カンフーハッス
ル」。「少林サッカー」や現在公開中の「少林少女」(柴咲コウ)など、
ハチャメチャだけど個性的な映画を撮ります。 しかも、製作・監督・
脚本・主演を、一人でやるんだから凄い!

ストーリーは、観る前は黒澤明の「七人の侍」のパロディかと思っ
てたんですが、それとは違うんですねぇ! 劇中シーンにもありま
したが、家主夫婦やシンが最初から悪に立ち向かっていれば、3
人(粥麺屋、人足、仕立屋)が 死ぬこともなかったような気もしま
すが、そんなことはあんまり関係ないのでしょう…^^;

「カンフーハッスル」(2004年)
監督 チャウ・シンチー
製作 チャウ・シンチー
脚本 チャウ・シンチー
出演 チャウ・シンチー   (シン)
    ユン・ワー      (家主)
    ユン・チウ      (家主の妻)
    ドン・ジー・ホワ   (粥麺屋)
    シン・ユー      (人足)
    チウ・チーリン    (仕立屋)
    ブルース・リャン  (火雲邪神)
    チャン・クォックワン(組長)
    ティン・カイマン   (相談役)
    ラム・チーチョン  (相棒)
スポンサーサイト



「さよなら、さよならハリウッド」(2002年)


「カイロの紫のバラ」 「スコルピオンの恋まじない」のウディ・アレン
が、映画製作の内幕を題材にした痛快コメディ。 自分を捨てた元
妻がプロデュースするハリウッド大作で再起を期す落ち目の映画
監督が、悪戦苦闘する姿を、元妻との恋の行方を絡めコミカルに
描く。共演は「天使のくれた時間」のティア・レオーニ。

アカデミー賞を獲得した実績を持ちながら今ではすっかり落ちぶ
れてしまった映画監督ヴァル・ワックスマン。そんな彼に、ハリウ
ッド映画の話題作の監督という願ってもないオファーが舞い込む。
しかし映画のプロデューサーはヴァルの元妻エリー。しかも製作
会社の重役ハルは、エリーを寝取った張本人だった…。

「スコルピオンの恋まじない」に続いてのウディ・アレン作品です
が、今度のお相手はティア・レオーニ。オリジナルは“Hollywood
ending”ですから、“ハリウッド式(流)エンディング”と いうことで
しょうが、この邦題も少し疑問です?パリで成功して、ハリウッド
に“さよなら”するという意味も含まれているのでしょうが…。

しかし、同じニューヨーク派のスコセッシは受賞まで26年、7度
の落選があったにもかかわらず、ウディ・アレンは「アニー・ホー
ル」で1977年にアカデミー作品賞・監督賞を早々と取っているん
ですから不思議です^^

「さよなら、さよならハリウッド」(2002年)
監督 ウディ・アレン
脚本 ウディ・アレン
出演 ウディ・アレン      (ヴァル・ワックスマン)
    ティア・レオーニ     (エリー)
    トリート・ウィリアムズ  (ハル)
    ジョージ・ハミルトン   (エド)
    デブラ・メッシング    (ロリ)
    ティファニー・ティーセン(シャロン)
    マーク・ライエル     (アル)
「スコルピオンの恋まじない」(2001年)


同じ保険会社に勤務する犬猿の仲の男女が、インチキ魔術師に
催眠術をかけられてから、呪文を聞くたびにお互い惹かれ合って
いく姿をユーモラスに描いたロマンチック・コメディ。今回も主演を
兼ねるウディ・アレン監督が長年温めてきたという企画を映画化。
豪華俳優陣が集結し、しっかりと脇を固めている。

1940年ニューヨーク。保険会社に勤務する腕利き保険調査員ブ
リッグスを最近悩ませているのはリストラ担当重役として新たに
やってきたベティ=アン・フィッツジェラルドの存在。互いの顔を見
るたびに皮肉を言い合うほど仲が悪い2人は、同僚の誕生パー
ティでインチキ魔術師の催眠術ショーの実験台にされる…。

昔、ビリー・ワイルダーというロマンチック・コメディの達人(「麗し
のサブリナ」「七年目の浮気」「アパートの鍵貸します」etc.)監督
がいましたが、ウディ・アレンもお得意の分野です。 ワイルダー
程は洗練されてはいませんが、この人はこの人なりに味があり
ます。

ただ、ワイルダーと決定的に違うところは、自分が主演だという
こと。しかも、有名女優の綺麗どころ(ダイアン・キートン、ミア・
ファロー、ヘレン・ハント、ティア・レオーニ、シャーリーズ・セロン、
スカーレット・ヨハンソン)が相手役! 見かけは冴えないオッサ
ンなんですけど…^^; まあ、映画は素敵です♪

「スコルピオンの恋まじない」(2001年)
監督 ウディ・アレン
脚本 ウディ・アレン
出演 ウディ・アレン       (C.W.ブリッグス)
    ヘレン・ハント       (ベティ=アン・フィッツジェラルド)
    シャーリーズ・セロン   (ローラ・ケンジントン)
    ダン・エイクロイド     (クリス・マグルーダー)
    エリザベス・バークレイ (ジル)
    ウォーレン・ショーン   (ジョージ)
    デヴィッド・スタイアーズ (魔術師)
「舞台よりすてきな生活」(2000年)


脚本に行き詰まった偏屈な劇作家が、 近所に越してきた子供交流
を深めながら、人間らしさを取り戻していく様を描いたヒューマン・コ
メディ。出演は「から騒ぎ」のケネス・ブラナーと「メッセージ・イン・ア
・ボトル」のロビン・ライト・ペン。監督は本作が初メガホンとなるマイ
ケル・カレスニコ。また、製作総指揮は名優ロバート・レッドフォード。

ロサンゼルス在住のイギリス人劇作家ピーターは子供嫌いなのに
妻のメラニーから赤ちゃんが欲しいと迫られている。そんなある日、
エイミーという足の不自由な少女がお向かいに引っ越してくる。さっ
そく彼女を家に招き温かく接する妻に対し、最初は交流を避けるピ
ーターだったが…。

ケネス・ブラナーはシェイクスピア役者として有名で、イギリスでは
“ローレンス・オリヴィエの再来” と呼ばれ、演技派として知られて
いますが、こんなライトなコメディもイケますねぇ~! 隣の犬を殺
そうとしたり、自分の名を語るストーカーと仲良くなったり。

特に、最後の別れのシーン(エイミーがピーターに抱きつく)には、
グッときますねぇ~♪ 感動的でした。しかし、オリジナルは “How
to kill your neighbor's dog”(隣の犬を殺す方法)というタイトルで
したが、邦題はもうちょっと何とかならなかったんでしょうか?

「舞台よりすてきな生活」(2000年)
監督 マイケル・カレスニコ
製作 ロバート・レッドフォード
出演 ケネス・ブラナー     (ピーター・マクガウェン)
    ロビン・ライト・ペン    (メラニー・マクガウェン)
    スージー・ホフリヒター (エイミー・ウォルシュ)
    ルシンダ・ジェリー    (トリーナ・ウォルシュ)
    リン・レッドグレーヴ   (エドナ)
    ジャレッド・ハリス     (ストーカー)
    ピーター・リガート    (ラリー)
    デヴィッド・クラムホルツ(ブライアン)
    ジョナサン・シェック   (アダム)
    ケイトリン・ホプキンス  (ヴィクトリア)
『古代王者恐竜キング・コレクション ローソン限定』


「ロボットフィギュア・コレクション」に続いて、 引っ越しで発掘し
たマニアック食玩第2弾、「古代王者恐竜キング・コレクション」
をお届けします。

これは2年くらい前くらいですか? 「甲虫王者ムシキング」で当
てたセガとローソンが、今度は「古代王者恐竜キング」のボトル
キャップを、伊藤園やアサヒ飲料、キリンビバレッジなどのお茶
や清涼飲料にオマケとして付けて販売しました。

正直、昆虫にはあまり興味が無かったんですが、“恐竜~!”
と聞けばそれは集めないと…ということで12種類^^

1、ティラノサウルス ・・・・・・・・肉食恐竜。大きな口とするどい歯を持つ
2、スピノサウルス・・・・・・・・・・大きな背びれを持つ肉食恐竜。ワニのような顔を持つ
3、サイカニア・・・・・・・・・・・・・・全身にトゲの鎧をまとう草食恐竜。ハンマーのような尾を持つ
4、カルノタウルス ・・・・・・・・・・目の上に角を持つ肉食恐竜。前足が短く後ろ足が長い
5、アマルガサウルス ・・・・・・首の後ろに2列に並ぶトゲを持つ草食恐竜
6、パキリノサウルス ・・・・・・・太い角を鼻先に持つ草食恐竜。襟飾りにも角がある
7、ステゴサウルス・・・・・・・・・板のような背びれを持つ草食恐竜。尾の4本のトゲは武器になる
8、シャントゥンゴサウルス・・カモノハシ恐竜。下あごは厚みがあり角張っている
9、アクロカントサウルス・・・・大型の肉食恐竜。首と背中の盛り上がりが特徴
10、トリケラトプス ・・・・・・・・・・頭に3本の角を持つ草食恐竜
11、マイアサウラ ・・・・・・・・・・巣を作って子供を育てる草食恐竜
12、アロサウルス ・・・・・・・・・・ジュラ紀を代表する・肉食恐竜。獰猛な性格をもつ

さて、みなさんは、どれがどれだか判りますか?


「亀は意外と速く泳ぐ」(2005年)


人気バラエティ番組の構成やシティボーイズ・ライブの作・演出などで知
られる三木聡監督が「イン・ザ・プール」に続けて製作した長編第2作目。
ひょんなことからスパイとして活動することになった主婦が体験する、ユ
ルくて奇妙な日常をユーモラスかつシュールに綴る脱力系コメディ。 主
演は「スウィングガールズ」の上野樹里、共演に「フラガール」の蒼井優。

夫が海外単身赴任中の平凡な主婦・片倉スズメの日課は夫が大切にし
ているペットの亀にエサをあげるだけという単調な毎日。そんな時、偶然
“スパイ募集!”の貼り紙見つけたスズメは、思い切ってコンタクトをとる。
“ある国のスパイだ”と称するクギタニ夫妻と出会い、スパイの仲間にな
ったスズメだったが、そのうち次第に周囲で不穏な動きが見え始め…。

“なんだ、この映画は!” 脱力系と言えば脱力系、シュールと言えばシ
ュール。捕らえどころがなく、盛り上がりもない。だけど、つまらないとい
う訳でもない。と、いう不思議な映画です。この監督・脚本の三木聡とい
う人は 元々TVで「タモリ倶楽部」「トリビアの泉」「時効警察」を担当して
いた放送作家兼演出家なんですねぇ~^^ ナルホド!

全部は把握できない “小ネタ” や、岩松、ふせえり、松重、松村、温水、
嶋田、伊武などの“クセ者”を配したキャスティングなど、最近この手の
映画が多くなっているような気はします。 「サマータイムマシン・ブルー
ス」を観た時の感覚に近いのでしょうか?そういえば、あれも上野樹里
出てたなぁ?

「亀は意外と速く泳ぐ」(2005年)
監督 三木 聡
脚本 三木 聡
音楽 レミオロメン 『南風』
出演 上野樹里 (片倉スズメ)
    蒼井 優  (扇谷クジャク)
    岩松 了  (クギタニシズオ)
    ふせえり  (クギタニエツコ)
    要 潤   (加東先輩)
    松重 豊  (ラーメン屋のオヤジ)
    松村利史 (豆腐屋のオヤジ)
    温水洋一 (パーマ屋のおじさん)
    岡本信人 (スズメの父親)
    嶋田久作 (福島)
    伊武雅刀 (中西)
「ステルス」(2005年)


無人ステルス戦闘機の暴走を食い止めるため、3人の精鋭パイロット
が立ち向かうサスペンス・アクション。 監督は 「ワイルド・スピード」の
ロブ・コーエン。 出演は「メラニーは行く!」のジョシュ・ルーカス、「テ
キサス・チェーンソー」のジェシカ・ビール、「Ray/レイ」のジェイミー・
フォックス。

アメリカ海軍ではベン、カーラ、ヘンリーの3人のパイロットを選抜し、
最新のステルス戦闘機の訓練を行っていた。 そこに突然、4人目の
パイロットが加わることが告げられる。 そのパイロットとは、“エディ”
と呼ばれる、 最新鋭の人工知能を搭載した無人ステルス機だった。
驚異的な能力を見せつけるエディだったが、任務の帰還中に落雷を
受け、突如暴走し始める…。

確か、2年くらい前の公開時は、ジェイミー・フォックがクローズ・アッ
プされてたような気がするんですが、主役じゃないんですねぇ!しか
も、途中で死んじゃうし…。 これじゃ、まるで「トップガン」の“グース”
(古っ)だなぁ~!

まあ、「トップガン」もそうだったけど、 映画の出来云々より格好良い
プロモーション・ビデオ(DVD)だと思えば、それなりに楽しめる作品
ではないでしょうか? 圧倒的な映像と、スピード感溢れるアクション
シーンなど…。それに、お決まりの軍内恋愛もありますからねぇ~。
しかし、オスカー俳優ジェイミー殺しちゃって良かったのかな?

「ステルス」(2005年)
監督 ロブ・コーエン
脚本 W・D・リクター
音楽 BT
出演 ジョシュ・ルーカス    (ベン・ギャノン大尉)
    ジェシカ・ビール     (カーラ・ウェイド大尉)
    ジェイミー・フォックス  (ヘンリー・パーセル大尉)
    リチャード・ロクスバーグ(キース・オービット博士)
    ジョー・モートン      (ディック・マシューフィールド艦長)
    サム・シェパード     (ジョージ・カミングス大佐)
「ミニミニ大作戦」(2003年)


69年の同名作品をシャーリーズ・セロン、マーク・ウォールバーグ、
エドワード・ノートンら豪華キャストでリメイク。ロサンゼルスを主な
舞台に、 犯罪のスペシャリストたちが大がかりな強奪計画のため
に手を組んでミニ・クーパーを駆り、大胆な作戦に挑んでいく。 監
督は「交渉人」のF・ゲイリー・グレイ。

イタリア・ベニス。チャーリーは、最新型金庫に厳重保管されてい
る50億円相当の金塊の強奪に成功する。しかし、仲間のスティー
ヴの裏切りで、金塊のみならずチャーリーが父のように慕ってい
たジョンの命まで奪われてしまう。 1年後、ロサンゼルス。 ジョン
の娘ステラの元にチャーリーが訪ねてきて…。

映画の内容は、「オーシャンズ~」ばりのクライムアクション・ムー
ビーですが、こっちの方が出来がいいんなじゃないかなぁ?キャ
ストも負けず劣らず豪華だし…。それ程話題にならなかったのが
不思議なくらいです。

オープニング・シーンで繰り広げられるヴェネツィアでのボートア
クション。この激しさにより、今後ヴェネツィアでの映画撮影が一
切禁止されてしまう事態になった程の迫力!しかし、この原題が
「THE ITALIAN JOB」なんだけど、これってどういう意味?単に、
“イタリア(ヴェネチア)でやった大仕事”っていう意味だけなのか
なぁ?誰か知ってます?

「ミニミニ大作戦」(2003年)
監督 F・ゲイリー・グレイ
撮影 ウォーリー・フィスター
音楽 ジョン・パウエル
出演 シャーリーズ・セロン  (ステラ・ブリジャー)
    マーク・ウォールバーグ(チャーリー・クローカー)
    ジェイソン・ステイサム (ハンサム・ロブ)
    モス・デフ         (レフト・イヤー)
    セス・グリーン       (ライル)
    フランキー・G       (レンチ)
    エドワード・ノートン    (スティーヴ・フレゼリ)
    ドナルド・サザーランド  (ジョン・ブリジャー)
「リロ&スティッチ」(2002年)



見た目とは裏腹に凶暴な性格というディズニー・アニメには珍しいキャ
ラクターを主人公にしたハートフルなファンタジー。 ハワイを舞台に親
のない少女と、愛を知らない子犬型のエイリアンの心温まる触れ合い
をコミカルかつ感動的に綴る。監督はともに本作が劇場映画デビュー
のクリス・サンダースとディーン・デュボア。

ハワイ・カウアイ島。両親を早くに亡くした少女リロは、姉ナニと2人暮
らし。周りの子たちと上手く馴染めなかったリロだったが、不思議な動
物を見つける。初めての友だちに大喜びのリロはこの動物を“スティッ
チ”と名付ける。ところがスティッチは凶暴で、度々トラブルを巻き起こ
す問題児だった。

ピクサーとは対照的に、ディズニー・アニメに脈々と受け継がれてきた
“手書きアニメーション”の集大成として、敢えてコンピュータ・アニメで
はなく、手作りにこだわった作品です^^ 舞台も、大自然が色濃く残る
ハワイのカウアイ島。“ガーデン・アイランド”と呼ばれている島です。

親を亡くした少女リロと、宇宙の厄介者のエイリアンが、深い絆で結ば
れ、やがて、“オハナ”《家族》となっていく…。これも、前載の「ファイン
ディング・ニモ」とは異なるアプローチですが、 やはり“家族愛”がテー
マです。ハワイ好き!ディズニー好き!キャラクター好き!には、たま
らない作品です♪

「リロ&スティッチ」(2002年)
監督 クリス・サンダース&ディーン・デュボア
原案 クリス・サンダース&ディーン・デュボア
製作 クラーク・スペンサー
出演 山下夏生  (リロ)
    山寺宏一  (スティッチ)
    田畑智子  (ナニ)
    郷里大輔  (コブラ・バブルス)
    猪野 学  (デイヴィッド)
    谷 郁子  (議長)
    飯塚昭三  (ジャンバ・ジュキューバ博士)
    石塚運昇  (ガントゥ大尉)
    三ツ矢雄二(ウェンディ・プリークリー)
「ファインディング・ニモ」(2003年)



サンゴ礁の海を舞台に、“人間の世界” へさらわれた我が子を懸命に探
す父親の大冒険を描いたファンタジー・アニメ。 「トイ・ストーリー」 「モン
スターズ・インク」を手掛けたピクサー社が、 “リアルな水の表現”にこだ
わり、最新のCG技術を駆使して作り出したかつてない映像世界が展開
する。全米では驚異的な興収を記録する大ヒットとなった。

オーストラリア、グレートバリアリーフ。母親の命と引き換えに生まれた
カクレクマノミの “ニモ” は6歳になって初めて学校へ行く正にその時、
人間のダイバーにさらわれてしう。 落ち込む父親のマーリンだったが、
陽気なナンヨウハギ、ドリーの助けを借りてニモを取り戻す旅へと出る。

アカデミー長編アニメ映画賞を受賞しただけあって、ディズニー&ピク
サーのフルCG映像もとても綺麗で、家族で楽しめる作品です。これま
では “水中の世界” をCGで描くことが、とても難しかったらしいのです
が、グレートバリアリーフの美しい自然を見事に再現!

主人公の息子の名前“ニモ”が、ジュール・ベルヌの「海底二万リーグ」
に登場する“ネモ船長”から名付けられていたり、マーリンの相棒ドリー
が、すぐに記憶を失う 「メメント」 ばりの奇妙なキャラだったりと、小ネタ
も効いています^^ いよいよ明日、地上波初放送です。 まだ見てないみ
なさんは、お楽しみに~♪

「ファインディング・ニモ」(2003年)
監督 アンドリュー・スタントン
原案 アンドリュー・スタントン
製作 ジョン・ラセター
出演 木梨憲武 (マーリン)
    室井 滋  (ドリー)
    宮谷恵多 (ニモ)
    山路和弘 (ギル)
    乃村健次 (ブロート)
    津田寛治 (ガーグル)
    後藤哲夫 (ナイジェル)
    小山力也 (クラッシュ)
    菅 光輝  (スクワート)
    進藤晶子 (コーラル)
    赤坂泰彦 (エイ先生)