2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
「ダークナイト」(2008年)

「メメント」「インソムニア」のクリストファー・ノーラン監督がクリスチャン・
ベイルを主演に迎えて贈る新バットマンシリーズの第2弾。 宿敵ジョー
カーの登場により 自らの存在意義を問い直されることになる闇のヒー
ロー・バットマンの心の葛藤と、決死の戦いをリアルかつダークに描き
出す。ジョーカーを圧倒的な存在感で怪演したヒース・レジャーは、本
作撮影終了直後、2008年1月に28歳の若さで惜しくもこの世を去った。

ゴッサムシティでは、“ジョーカー” と名乗る白塗りの顔に裂けた口の
正体不明の男が闇の世界で頭角を現わし、バットマンを嘲笑うかのご
とく次々と凶悪事件を引き起こしていた。そんな中、新しく赴任した地
方検事のハービー・デントは正義感に燃え、 バットマンと協力して犯
罪の一掃を強力に進めていくのだが…。

これだけ話題騒然の「ダークナイト」、珍しく早めの劇場観賞に行って
きましたよ~! でも「ダークナイト」って“暗い夜”だとずーと思ってま
したが、 “暗闇の騎士” っていう意味だったんですね^^; 冗談はさて
置き、さすがクリストファー・ノーラン!(今一番巧いんじゃないか?)
さすがヒース・レジャーの渾身の演技!(残念ながら遺作に…)噂に
違わぬ内容でしたね♪

ずばりテーマは「善と悪は表裏一体」もちろん、バットマンとジョーカ
ーのことですが、タイトルの“ダークナイト”に対しても“光の騎士(ホ
ワイトナイト)” である地方検事のハービー・デントが登場し、この存
在がバットマンとゴッサムシティを更なる恐怖に陥れることになるの
です。 最後には警察に追われる身になっちゃうしね! 本作が遺作
となったヒースのピリピリとくるような痺れる演技や、ベイル版悩める
バットマンも相当水準が高いものだったのではないでしょうか。


「ダークナイト」(2008年)
監督 クリストファー・ノーラン
脚本 クリストファー・ノーラン
原案 デヴィッド・S・ゴイヤー
出演 クリスチャン・ベイル  (ブルース・ウェイン/バットマン)
    マイケル・ケイン    (アルフレッド・ペニーワース)
    モーガン・フリーマン  (ルーシャス・フォックス)
    ゲイリー・オールドマン(ジェームズ・ゴードン)
    アーロン・エッカート  (ハービー・デント/トゥーフェイス)
    マギー・ギレンホール (レイチェル・ドーズ)
    エリック・ロバーツ   (サルバトーレ・マローニ)
    キリアン・マーフィー  (ジョナサン・クレイン/スケアクロウ)
    ヒース・レジャー    (ジョーカー)

スポンサーサイト