2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
「キサラギ」(2007年)

ワン・シチュエーションでありながら、 どこまでもスリリングに展開
していく巧みな脚本を、個性派キャスト5人のアンサンブルで映画
化した笑いと感動のハートフル・サスペンス・コメディ。評判を呼ん
だ脚本を手掛けたのは「ALWAYS 三丁目の夕日」の古沢良太。
監督は「シムソンズ」の佐藤祐市。

マイナーなグラビアアイドル、如月ミキの一周忌のオフ会に集まっ
たのは、ファンサイト管理人の家元と、サイトの常連オダ・ユージ、
スネーク、安男、いちご娘という5人の男たち。 初めて直に顔を合
わせた彼らは、ミキの思い出に浸り自慢話で盛り上がるが、オダ・
ユージの“彼女は殺されたんだ”という発言を機に、事態はとんで
もない方向へと展開していくが…。

面白いと話題になった邦画ですが、どうも邦画は劇場であまり観
る機会が無いので、出遅れてしまいがちです^^; これは、噂に違
わぬ面白さでしたね!三谷幸喜ばりのシチュエーション・コメディ
で登場物はほとんど5人のみ。 “犯人探し”の謎解きの要素も取
り入れながら、最後にはホロッとさせる脚本は見事です!

しかし、やはり一番意外だったのは、“やっくん”だったでしょうか^^
「えっ!俺って如月ミキの彼氏だったの???」と思ってしまった
私を許してねぇ~♪ それにしても、“あの人”がねぇ…!?

「キサラギ」(2007年)
監督 佐藤祐市
脚本 古沢良太
音楽 佐藤直紀
出演 小栗 旬         (家元)
    ユースケ・サンタマリア(オダ・ユージ)
    小出恵介         (スネーク)
    塚地武雅         (安男)
    酒井香奈子       (如月ミキ)
    香川照之         (いちご娘)
スポンサーサイト