2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
海堂 尊 『チーム・バチスタの栄光』
“ガリレオ” “アンフェア” に続いては、いよいよ真打登場! 海堂尊の
迷コンビ田口&白鳥の『チーム・バチスタの栄光』です。


海堂 尊 『チーム・バチスタの栄光』 上・下 宝島社文庫 各500円





[ストーリー]
東城大学医学部付属病院の “チーム・バチスタ”は心臓移植の代替
手術であるバチスタ手術専門の天才外科チーム。ところが原因不明
の連続術中死が発生。高階病院長は、万年講師で不定愁訴外来の
田口医師に内部調査を依頼する。 壊滅寸前の大学病院の現状、医
療現場の危機的状況、そして チーム・バチスタ・メンバーの相克と因
縁。医療過誤か?殺人か?遺体は何を語るのか…。第4回『このミス
テリーがすごい!』大賞受賞作。

********************************************************

この海堂尊氏は、現役の医師なんですね! それで、主に現代日本
の医療問題をとりあげた小説を、比較的軽く読みやすい文体で執筆
するのが特徴です。 『このミステリーがすごい!』大賞を受賞したこ
の「チーム・バチスタの栄光」の“バチスタ手術”とは、拡張型心筋症
に対する手術術式で、正式には 「左室縮小形成術」と呼ばれていま
す。 名称は考案者のランダス・バチスタ博士の名前に由来するそう
です。

話を小説に戻すと、これもやはり、映画を先に見た影響でしょうか?
主人公の一人厚生労働省の役人白鳥圭輔は、まさに阿部寛そのも
のです。文庫版の巻末にも白鳥のことを“ドラマ「トリック」の植田次
郎を強烈にした感じと”評されています。また高階病院長(國村隼)、
藤原看護師(野際陽子)などは イメージに近いのですが、もう一人
の主役田口公平が竹内結子だったのには違和感を感じました。

TV版の伊藤敦史も違いますねぇ~!ちょっと若すぎるし…。 阿部
(=白鳥)に対抗できる田口役は、香川照之くらいでしょうか?チー
ム・バチスタのリーダー桐生恭一は映画版の吉川晃司よりもドラマ
版の伊原剛志の方が合っていたようです。まあ、こう書くと映画レビ
ューのようになってしまいましたが、やはり小説は面白く、映画では
違和感があったあの犯人も、犯行の動機もストンと心に納まります。

このシリーズは「ナイチンゲールの沈黙」 「ジェネラル・ルージュの
凱旋」と続々と刊行されていますので、読むのが楽しみです♪

スポンサーサイト