2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
「サウンド・オブ・サンダー」(2004年)

『いかずちの音』という邦訳題で知られる巨匠レイ・ブラッドベリの古
典的傑作SF短編を最新の映像技術で映画化したSFパニック大作。
タイム・トラベルが可能になった近未来を舞台に、恐竜狩りを楽しむ
ツアー客のほんの僅かの過ちが、人類絶滅の危機を引き起こすさ
まを描く。監督は「エンド・オブ・デイズ」「カプリコン・1」のピーター・
ハイアムズ。

西暦2055年、人類はタイム・トラベルを可能にしていた。シカゴの大
手旅行代理店タイム・サファリ社では、6500万年前にタイム・トラベ
ルして恐竜狩りを楽しむという人気ツアーを主催していた。 地球の
歴史が変わらないよう、ツアーは厳格に管理されていたが、ある時、
ツアー客の一人が気づかぬうちに、ごく小さな何かを過去から持ち
帰ってしまったため、地球上の進化が大きく狂ってしまう…。

重厚な社会派作品が最近多いので、思いっきりB級の作品をひと
つ! 原作はSF界の巨匠レイ・ブラッドベリです。ブラッドベリ作品
では、フランスのトリュフォー監督の「華氏451」が一番有名でしょ
うが、お騒がせ男マイケル・ムーア監督の「華氏911」もブラッドベ
リへのオマージュといわれています。

原作は短編で、この映画のさわりの部分のみなので、 大部分は
映画用に脚本を起こしたのでしょう。 一匹の蝶が歴史を変えると
いうところは「バタフライ・エフェクト」をも彷彿とさせます。 製作費
に100億円かけたという前評判でしたが、実情は製作途中でプロ
ダクションが倒産、大規模なセットが水害で倒壊と、信じられない
災難が続き散々な結果に! 名匠ピーター・ハイアムズもお気の
毒でした…^^;

「サウンド・オブ・サンダー」(2004年)
監督 ピーター・ハイアムズ
撮影 ピーター・ハイアムズ
原作 レイ・ブラッドベリ 『いかずちの音』 (ハヤカワ文庫『太陽の黄金の林檎』所収)
出演 エドワード・バーンズ  (トラヴィス・ライヤー博士)
    キャサリンマコーマック (ソニア・ランド博士)
    ベン・キングズレー   (チャールズ・ハットン)
    ジェミマ・ルーパー    (ジェニー・クレイス)
    デヴィッド・オイェロウォ (マーカス・ペイン)
    コーリイ・ジョンソン   (クリスチャン・ミドルトン)
    アーミン・ロード      (ジョン・ウォレンベック)
    アウグスト・ジルナー  (クライ・デリス)

スポンサーサイト