2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
いずれ劣らぬ美女の競演!アカデミー主演女優賞
ヘレン・ミレン                ハル・ベリー               シャーリーズ・セロン





さ~て、アカデミー賞の表彰式も来週に迫ってきて、
みなさんも賞レースの予想など、いろいろな記事を
掲載されているようなので、 当ブログでも本日から
“アカデミー祭り”を開催しまーす!

作品の紹介や予想は結構やられているようなので、
人物に絞って、過去のオスカー獲得者を復習する
というやり方で参ります。まずは主演女優賞から~

歴史の古いアカデミー(今年で81回目)ですが、な
るべく写真も使いたいので、21世紀(2000年)以降
限定ということで、始まり、始まり♪

【主演女優賞】
2000年 ジュリア・ロバーツ 『エリン・ブロコビッチ』
2001年 ハル・ベリー 『チョコレート』
2002年 ニコール・キッドマン 『めぐりあう時間たち』
2003年 シャーリーズ・セロン 『モンスター』
2004年 ヒラリー・スワンク 『ミリオンダラー・ベイビー』
2005年 リース・ウィザースプーン 『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』
2006年 ヘレン・ミレン 『クィーン』
2007年 マリオン・コティヤール 『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』
いずれ劣らぬ美女揃いですねぇ~♪

この主演女優賞は比較的順当な選出が多いように
思います。ジュリア、ハル、シャーリーズ、ヘレンの
4人は文句ナシでしょう! ニコールの時はレネー・
ゼルウィガーが対抗馬だったのですが、翌年の助
演賞(コールド・マウンテン)でバランスをとった形で
した。

リースの時のキーラ・ナイトレイ、マリオンの時のケ
イト・ブランシェットは正直残念でした…。ヒラリー・
スワンクは、1999年の『ボーイズ・ドント・クライ』 に
続く2度目の受賞で、 名女優街道一直線って感じ
ですな^^

ちなみに今年のノミネートは、
アンジェリーナ・ジョリー 『チェンジリング』
アン・ハサウェイ 『レイチェルの結婚』
ケイト・ウィンスレット 『愛を読むひと』
メリッサ・レオ 『フローズン・リバー』
メリル・ストリープ 『ダウト~あるカトリック学校で』
の5人です。

さて、今年はどのような結果が出るのでしょうか…?





ジュリア・ロバーツ            ニコール・キッドマン          ヒラリー・スワンク
スポンサーサイト



「椿三十郎」(2007年)

黒澤映画不朽の名作を、オリジナルの脚本をそのままに織田裕二主
演、監督・森田芳光でリメイクした痛快時代劇。 名も無き一人の浪人
が上役の汚職告発と人質救出に決起した若侍たちに助太刀し、素早
く大胆な機転と居合で悪漢に立ち向かうさまを描く。共演に豊川悦司。

ボロ寺の中で密議をこらす9人の若侍。彼らは次席家老・黒藤と国許
用人・竹林の汚職を暴こうとしていた。その粛清を求める意見書は城
代家老の睦田には撥ねつけられたが、 大目付の菊井に受け入れら
れ、ここに集まったのだった。 するとそこへ、よれよれの素浪人が現
われ、正しいのは睦田で、菊井が黒幕だと言い放つ…。

最近は、黒澤明や松本清張、手塚治虫、など巨匠といわれている故
人の生誕や没後の周年特集がよくあります。しかし、この「椿三十郎」
は、「七人の侍」と並び称される黒澤映画の“傑作”です! 果たして、
リメイクする必要があったのでしょうか?はなはだ疑問が残る結果と
なってしまったようです…。

やはり、主役である織田裕二の存在感が、“世界のミフネ”とは決定
的に違うのが痛いところです。最近では、渡辺謙もそうですが、体格
が日本人離れしていて、三船敏郎は凄かった! それに、演出が決
定的に違います。あの有名な最後の決闘での“血飛沫”のシーンは
何故採用しなかったのでしょう? 最後まで間延びして締まりが無い
まま終わってしまったようで残念でした^^;

「椿三十郎」(2007年)
監督 森田芳光
脚本 黒澤 明
原作 山田周五郎 『日日平安』 (ハルキ文庫)
出演 織田裕二   (椿三十郎)
    豊川悦司   (室戸半兵衛)
    松山ケンイチ (井坂伊織)
    鈴木 杏    (千鳥)
    佐々木蔵之介(木村:押入れ侍)
    風間杜夫   (竹林:国許用人)
    西岡徳馬   (菊井:大目付)
    小林稔侍   (黒藤:次席家老)
    中村玉緒   (睦田夫人)
    藤田まこと   (睦田:城代家老)