2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
都営地下鉄でめぐる 龍馬と幕末
今年は、NHKの『龍馬伝』に代表されるように “坂本龍馬ブ
ーム” “幕末ブーム” の1年でしたねぇ~
 
もう、終了して
しまいましたが、
東京都営地下鉄
開業50
周年を記念
して、「都営地下鉄でめぐる 龍馬と幕末という企画を11
月13日から12月12日までやっていました
 

 
古地図を使用した小冊子に都営地下鉄沿線の坂本龍馬や
幕末に活躍した人々の“ゆかりの地”が紹介されています。
その人物の家紋スタンプ(10個)が各駅に用意されており、
スタンプラリーの面白さも味わえるというアイデアでした
 



 
その各駅とは、 築地市場(坂本龍馬家紋=土佐藩下屋敷
跡地)、汐留(山内容堂家紋=土佐藩上屋敷跡地)、赤羽
橋(西郷隆盛家紋=薩摩藩上屋敷跡地)、六本木(桂小五
家紋=長州藩中屋敷跡地)、 蔵前(勝海舟家紋=勝海
舟生誕之地)、 両国(徳川家茂家紋=幕府御竹蔵跡地)、
新御徒町(吉田松陰家紋=伝馬町牢屋敷跡地)、 上野御
徒町(岩崎彌太郎家紋=旧岩崎邸庭園)、牛込柳町(近藤
勇家紋=試衛館跡地)、 牛込神楽坂(大久保一翁家紋=
久保一翁屋敷)の10箇所。
 


 
残念ながら、牛込柳町と、牛込神楽坂の2箇所はスタンプ

をゲット
出来ませんでした…
 今年もあと1日を残す
のみとなりました。1年間お世話になりました。皆さん
い年をお迎えください。
スポンサーサイト



「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」(2007年)

ジョニー・デップとティム・バートンの名コンビが贈るホラー・
ミュージカル。ブロードウェイの巨匠スティーヴン・ソンドハイ
ムとヒュー・ウィーラーが手掛けたトニー賞受賞の同名舞台
を映画化。 無実の罪で投獄させられている間に愛する家族
を奪われた理髪師が、名前と容姿を変え復讐に狂奔するさ
まをキッチュでデカダンな雰囲気満載で描く。

19世紀のロンドン。 フリート街で理髪店を営み、妻と娘と幸
せに暮らすベンジャミン・バーカー。 だが彼はある日、妻に
横恋慕したターピン判事により、無実の罪で流刑にされてし
まう。 やがて15年後、 脱獄に成功したベンジャミンは “スウ
ィーニー・トッド” と名を変え、街に戻ってくる。 しかし、既に
時遅く、 妻は自殺し、 娘はターピンによって幽閉されている
ことを知り、怒り狂ったスウィーニーは…。

これ、意外に面白かった…! クリスマスに観る映画じゃな
い気もしたけど、 ミュージカルというこもあり、しかもほとん
ど “仮装大会” のような衣装と時代背景…まるで、「オペラ
座の怪人」を観てるようで、ちょっとクリスマスっぽい感じも
してしまった^^; 内容は結構グロいのにねぇ~!?

ジョニデは、もちろん本人の歌だと思うんだけど、結構聴け
る! 当然物凄い巧いという程ではないけど、“ヘタウマ”と
いうのとも違って、ちゃんとしたミュージカルになっていたの
で、感心しました^^ それに準主役!監督婦人のヘレナ・ボ
ナム=カーターは、芸達者ですね~♪ ジョニー・デップと
のデュエットは、聴き応え充分です。

それに、アラン・リックマンとティモシー・スポールが、まんま
「ハリポタ」のスネイプ先生と、ペティグリューなのが笑えま
す! そういえば、ヘレナもベラトリックス役で出ているんで
したね…^^; 何だか、“スウィニー・トッド”だか、“ハリー・ポッ
ター”だか分かんなくなってきた(>_<)

「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」(2007年)
監督 ティム・バートン
製作 リチャード・D・ザナック、ウォルター・パークス 他
原作 スティーヴン・ソンドハイム、ヒュー・ウィーラー
脚本 ジョン・ローガン
音楽 スティーヴン・ソンドハイム
出演 ジョニー・デップ           (スウィニー・トッド/ベンジャミン・バーカー)
    ヘレナ・ボナム=カーター     (ミセス・ラヴェット)
    アラン・リックマン          (ターピン判事)
    ティモシー・スポール        (バムフォード)
    サシャ・バロン・コーエン      (アドルフォ・ピレリ)
    エドワード・サンダース       (トビー)
    ジェイミー・キャンベル・バウアー(アンソニー・ホープ)
    ローラ・ミシェル・ケリー      (ルーシー・バーカー)
    ジェイソン・ワイズナー       (ジョアナ・バーカー)

「RENT/レント」(2005年)

ピュリッツァー賞も獲得したブロードウェイの大ヒットミュージカ
ルを映画化。80年代末のニューヨークを舞台に、家賃(RENT)
さえも払えない貧しい生活の中、ドラッグやエイズといった様々
な問題に直面しながらも、 夢に向かって生きるアーティストの
卵たちの姿を綴る。 監督は「ハリー・ポッターと秘密の部屋」の
クリス・コロンバス。

1989年のクリスマス・イブの夜。 イースト・ヴィレッジにある古
いアパート。家賃を滞納し電気もガスも止められたロジャーと
マーク。ミュージシャンのロジャーは恋人がエイズを苦に自殺
して以来すっかり引きこもり状態。 映像作家志望のマークは
カメラを持ち歩きあらゆるものを記録する。 ロジャーたちの親
友トム・コリンズとドラッグ・クイーンのエンジェル、マークの元
彼女モーリーンと恋人のジョアンヌ、 そしてダンサーのミミ…
彼らは貧しくとも、精一杯自分の人生を生きていく。

“RENT” って“家賃”っていう意味だったんだねぇ~!? 前
々から、 このミュージカルも気になっていたんですよね…^^
時代は1989年。現代劇ですねぇ~! だから、内容も往年の
エンタテインメントもの(オペラ座の怪人、プロデューサーズ、
ヘアスプレー、ドリームガールズなど)とは、本筋の部分は一
緒だけど、枝葉の味付け違う!

『貧困』 『ドラック』 『同性愛』 『エイズ』…まあ、これを考える
と、現代がいかに“夢の無い”時代かが分かろうというもので
すが、一人ひとりのキャラクターは生き生きと描かれており、
ここら辺が大ヒットミュージカルとなった所以でしょう。役者は
ほぼオリジナルキャストで、 ロザリオ・ドーソン以外は、失礼
ながら知りませんでした。 『看板より内容で勝負!』 の典型
的な映画でしたね^^


「RENT/レント」(2005年)
監督 クリス・コロンバス
原作 ジョナサン・ラーソン
脚本 スティーヴン・チョボスキー
音楽 ジョナサン・ラーソン
出演 ロザリオ・ドーソン     (ミミ)
    アダム・パスカル     (ロジャー)
    アンソニー・ラップ     (マーク)
    トレイシー・トムズ     (ジョアンヌ)
    イディナ・メンゼル     (モーリーン)
    ジェシー・L・マーティン  (クロム)
    テイ・ディグス       (ベニー)
    ウィルソン・J・ヘレディア (エド・デリンジャー)

今年のクリスマス・プレゼントは…
皆さんの所には、今年は
サンタさんが来たでしょうか
 

家にも、ささやかながら
やってきてくれたようです
まず、自分には前々から気になっていたSONY
WALKMAN
 
         
 
 
節約して2GBのスピーカー無し、
ブルーのヤツを
ちなみに奥さんは上位機種、しかも
スピーカー付きを持ってます
 

 
その奥さんには、
Swarovskiのクリスタル・ツリー
のオブジェ
今年は、ロッキング・ツリーでゆらゆらと揺れるヤツでした
 
そして最後に大物
 冷蔵庫が、我が家にやって来ましたよ~
12月のエコポイント半減前に買ったんだけど、1ヶ月でようやく届きました。
 

 
これで、なんとか年を越せそうそうですね
夏川草介 『神様のカルテ』
夏川草介 『神様のカルテ』 小学館 1,260円
 

 
[作品紹介]
神の手を持つ医者はいなくても、 この病院では奇蹟が起きる。
夏目漱石を敬愛し、妻ハルを愛する若き内科医・栗原一止は、
信州松本にある「24時間、365日対応」の本庄病院で、今日
も勤務中…。読んだ人全ての心を温かくする、新たなベストセ
ラー。第十回小学館文庫小説賞受賞。
 
**************************************************
 
この小説 話題になってたんで読みたかったんです
 噂に違
わずいいお話でしたねぇ~
 やはり、 『バチスタ・シリーズ』
もそうだけど、大学病院って“血の通った” “人間らしい”治療
とは縁遠いような気がします…
 来年2011年には映画化も
予定されているんですよね
 
主人公・栗原一止には嵐の櫻井翔、その妻・榛名には宮あ
おい。一止は夏目漱石にかぶれていて、昔の武士のような言
葉使いをする所から、 妻夫木聡あたりが一番お似合いなよう
な気はしますが、 「悪人」があったばかりで、そうそう何でも彼
という訳にはいきませんからね…。
 
宮あおいは、まさに印象ピッタリで、彼女以外は考えられな
い感じですなぁ~
 その他のキャストは、要潤、吉瀬美智子、
原田泰蔵、池脇千鶴など…誰がどの役かはまだ分かんないん
だけど…
 いずれにしても、映画は楽しみですねぇ~
 
男爵、学士殿、同僚・砂山次郎、看護師・東西直美など、それ
ぞれ誰が演じるか想像しながら読むのも一興かも
 まあ、
のレビュー読んでも、全然内容分かんないんだろうけど…
Tucano&#039;s 【シュラスコ】 食べ放題!
この時期は、忘年会やパーティ・シーズン真っ盛りですねぇ~
そこで、職場の仲間たちと『シュラスコ』の食べ放題に行ってきま
したよ
 
   

 
シュラスコは、ブラジルのカウボーイ「ガウショ」のバーベキュー
起源。フォーゴ・ジ・ション(大地の火
)で、大串に刺した大
きなを焼き、
ナイフ
で切り分け食べていました。ここ、渋谷の
Tucano's(トゥッカーノ)」はフォーゴ・ジ・ションを再現
大きな

牛のスペアリブをじっくり炭火で焼き上げます。ガウショがサー
ビスするのは、スペアリブの他に10種以上のお肉、ホディージオ
(食べ放題)でサービス満点です
 
   

 
また、大きなサラダバーでは30種以上のサラダや、フェイジョアー
(ブラジル流豆と肉のスープ)などのブラジル料理を味わえます。
時間になると、あられもない姿の
サンバガール
踊りを披露
してくれるのも楽しみの一つです
 

 
シュラスコ レストラン 「TUCANO'S(トゥッカーノ)
東京都渋谷区道玄坂2-23-12 渋谷フォンティスビルB1
℡:03-5784-2661 HP:
http://www.pjgroup.jp/tucanos
シュラスコ・サラダ・デザートブッフェ食べ放題
90分 3,300円 / 120分 4,000円
飲み放題Aプラン(カイピリーニャ含む)
90分 2,700円 / 120分 3,000円
飲み放題Bプラン(ビール・ワインなど基本セット)
90分 1,700円 / 120分 2,000円
「ブーリン家の姉妹」(2008年)

ヨーロッパの歴史を大きく揺り動かした一大スキャンダルと
して知られるイングランド国王ヘンリー8世の結婚、 世継ぎ
問題を背景に、エリザベス1世の母となったアン・ブーリンと
その妹メアリーが辿る愛憎渦巻く数奇な運命を描く歴史劇。
出演は姉アン役にナタリー・ポートマン、 妹メアリー役にス
カーレット・ヨハンソン、ヘンリー8世役にエリック・バナ。フィ
リッパ・グレゴリーの同名小説を「クィーン」のピーター・モー
ガンが脚色、ジャスティン・チャドウィックが初メガホン。

16世紀、イングランド。国王ヘンリー8世は、王妃キャサリン
との間に男子の世継ぎが出来ず焦りを感じていた。 そこに
目を付けた新興貴族のトーマス・ブーリンは、長女アンを王
の愛人に仕立てようと画策する。 ところが、ヘンリーが見初
めたのは、 商家の息子と結婚したばかりの次女メアリーだ
った。 ほどなく、ヘンリーはブーリン一家を宮中に住まわせ、
メアリーを愛人に召し上げる。先に嫁いだ上に、王の愛人の
座まで横取りされてしまったアンは、 次第にメアリーに対し
て嫉妬と憎しみを抱き始める…。

しかし、酷い話ですねぇ~!女を、取っ替え引っ替えしてい
るヘンリー8世、 自分の娘や姪を政略のために利用する貴
族たち…。でも、この時代のことを考えれば、王たる者子孫
を残すのが最大の役目だったわけだし、日本の“大奥”とか
もそうだけど妻や娘を人質に出して、親族の地位を上げるこ
とは世界中どこでも行われているしねぇ~!?

そう考えると、 やっぱりアン・ブーリンは 無いわなぁ…(>_<)
あのメアリーに対する仕打ちのヒドイこと、ヒドイこと! それ
に、遂に最期には弟・ジョージまで…。それに対して、メアリ
ーの可憐で清楚なこと! この映画のキモは、このメアリー
役をスカーレット・ヨハンソンにしたことでしょう^^ どちらかと
いうと、 男を惑わす“悩殺系”の役が多い彼女ですが、 さす
が演技派ですね^^

ヘンリー8世を演じるエリック・バナも、なかなか良かった♪
こnヘンリー8世が凄い(トンデモナイ)のは、 妃が6人いた
こと! 愛人6人じゃなくて、妃6人ですよ…^^; また、母親の
エリザベス・ハワード(ブーリン)も、ヘンリーの愛人の1人だ
ったという噂があるらしいです…(>_<)

「ブーリン家の姉妹」(2008年)
監督 ジャスティン・チャドウィック
製作 アリソン・オーウェン
原作 フィリッパ・グレゴリー 『ブーリン家の姉妹』 (集英社文庫)
脚本 ピーター・モーガン
撮影 キアラン・マクギガン
出演 ナタリー・ポートマン      (アン・ブーリン)
    スカーレット・ヨハンソン    (メアリー・ブーリン)
    エリック・バナ          (ヘンリー8世)
    デイヴィッド・モリッシー    (トーマス・ハワード/ノーフォーク卿)
    クリスティン・スコット・トーマス(エリザベス・ブーリン)
    マーク・ライアンス        (トーマス・ブーリン卿)
    ジム・スタージェス        (ジョージ・ブーリン)
    ベネディクト・カンバーバッチ (ウィリアム・ケアリー)
    オリヴァー・コールマン     (ヘンリー・パーシー)
    アナ・トレント           (キャサリン王妃)

プレミアム宇治抹茶と黒胡麻のロールケーキ by LAWSON


 
に、 今度は
の新作が出ました
 
ローソンのやっているブログで、 期間限定発売ロール
ケーキの中で、人気投票をした結果、堂々1位になっ
たのが5月18日~7月12日まで発売された「宇治抹
ロールケーキ」
 

 
そこで 抹茶素材を生かしつつ冬に食べる商品とい
うコンセプトをもとに考えられたのがこの「プレミアム
宇治抹茶と黒胡麻のロールケーキ(丹波篠山産黒
豆入り」

クリームは前回同様の辻利一本店宇治抹茶を使
用した
クリーム。それに何と言っても「丹波
篠山産
の黒豆」です
 
生地は、黒胡麻をベースに食
用の竹
炭を微量加え見た目のメリハリや、味のバランスを
調えてる~
 
この抹茶シリーズは すぐ変色してしまうので、アル
包装になっているんだって
 それに値段が210円
と、
過去最高価格になってる…
 味は甘さを抑えた、
人の味です
 


宇治抹茶と黒胡麻のロールケーキ 210円(12月7日~)
誉田哲也 『ストロベリーナイト』
誉田哲也 『ストロベリーナイト』 光文社文庫 700円
 

 
 
[ストーリー]
溜め池近くの植え込みから、 ビニールシートに包まれた男の
惨殺死体が発見された。
警視庁捜査一課の警部補・姫川
玲子は、これが単独の殺人事件で終わらないことに気付く。

捜査で浮上した謎の言葉「ストロベリーナイト」が意味する
ものとは
 クセ者揃いの
刑事たちとともに悪戦苦闘の末、
辿り着いたのは、あまりにも衝撃的な事実だった…。
 
*************************************************
 
竹内結子主演の
ドラマを観て、
原作も読んでみようと思
いました
 しかし、この作家“ほまれだ・てつや”っていう名
前かと思いきや、これで“ほんだ・てつや”って読むのね~
先に映像で観たせいもあってか、登場人物のキャラが、結構
キャストにピッタリなことに驚かされます
 
主人公・姫川玲子は松嶋菜々子、篠原涼子などの候補の中、
竹内結子で正解でしょう
 松嶋なら、「ゴースト」
 篠涼な
ら、「アンフェア」になっちゃうもんねぇ~
 その他にも、敵役・
ガンテツに武田鉄矢、ドラマ「白夜行」の笹垣潤三を彷彿とさ
せる頑固一徹の“鬼刑事”です。
 
脇役陣は、遠藤憲一、生瀬勝久、桐谷健太、西島秀俊など…。
特に犯人役の林遣都、 谷村美月の若手2人はスゴイ演技で
した
 犯人役には“憎らしい程”の狂気や、土壇場になって
の豹変ぶりが求められますが、なかなか見事でしたね~
 
何か、読書レビューというより、ドラマレビューのようになって
しまいましたが、内容がエグい割には、文章は軽妙なタッチ
で、特に玲子と井岡(生瀬)のくだりは、
コメディタッチです
あります。 この後、シリーズ展開があり、次回作は玲子vs
日下(遠憲)ということなので、早速図書館に予約を入れました
東京散歩 ~青山・表参道マルシェ・ジャポン~
少し前のことになりますが、とある土曜日に表参道に行きました
その野暮用は
仕事での、
研修参加だったのですが、目指した
は、青山『こどもの城』でした
 

 
そこでは、




マルシェ・ジャポン】という青空市場が開催
されていました。これは2009年秋、農林水産省の支援により全国8
都市で始まった都市住民参加型の市場(マルシェ)なんですよ~
 

 
こんな感じで、色々な出店が立ち並び、
果物

野菜

加工品

飲食

など、場所が青山ということもあり、とても華
やかに開催されていましたねぇ~
 

               [こどもの樹] 
 
岡本太郎作のオブジェ
も堂々鎮座ましましていましたね
 この岡本
さんの作品って、 私の住む街にもあるんですよねぇ~
 まあ、 詳しくは
言えないんですが…
 

 
せっかくですから、青山・神宮前・原宿あたりもブラブラしてみました
 
さすが
お洒落な街
だけあって、日本じゃないみたいですなぁ~
是非、また来たいものです