2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
「魍魎の匣(もうりょうのはこ)」(2007年)

“憑物落とし”の京極堂こと中禅寺秋彦が奇怪な難事件に
挑む京極夏彦原作“京極堂シリーズ”の映画化第2弾。主
演は前作「姑獲鳥の夏」に引き続き堤真一。監督は「狗神」
「バウンス ko GALS」の原田眞人。一見バラバラで不可解
な3つの事件に隠された“匣(ハコ)”の謎とは?

1952年。 “探偵”榎木津礼二郎は、元映画女優の柚木陽
子から失踪した娘・加菜子の捜索を依頼される。 同じ頃、
売れない作家の関口巽は、カストリ雑誌『月刊實録犯罪』
の記者・鳥口から少女バラバラ連続殺人事件の記事を任
され、若手記者・中禅寺敦子と共に、事件との関係が疑わ
れる新興宗教“深秘御筥教”への潜入取材に向かう。そし
て、 敦子の兄にして古書店“京極堂”主人・中禅寺秋彦の
もとへと事件が持ち込まれる…。

以前、この前作の京極夏彦の“百鬼夜行”シリーズ第1作
『姑獲鳥の夏』の映画も観ましたが、これは映画会社も監
督も変わってるんですよねぇ~!出演者も、 “京極堂”堤
真一、 “探偵”阿部寛、“刑事”宮迫博之は、引き続きの登
板だけど、 “小説家”関口は永瀬正敏から椎名桔平にバ
トンタッチ!イメージは、永瀬の方が近かったかな…?

でも、堤、阿部、椎名の3人は同い年なんですね(^_-)-☆
その点、チームワークは抜群と言えるでしょう。それに、今
回は黒木瞳、宮藤官九郎、柄本明、笹野高史と脇役も豪
華です^^ ただ、原作は相当長い長編なので、133分でも
よく分かんない部分はある…。 それに、内容はオドロオド
ロシイしねぇ~!まあ、好きな人にのみお薦めって感じで
しょうか^^;


「魍魎の匣(もうりょうのはこ)」(2007年)
監督 原田眞人
製作 小椋 悟、柴田一成、井上 潔
原作 京極夏彦 『魍魎の匣』 (講談社文庫)
脚本 原田眞人
音楽 東京事変 『金魚の箱』
出演 堤 真一  (中禅寺秋彦/京極堂)
    阿部 寛  (榎木津礼二郎)
    椎名桔平  (関口 巽)
    宮迫博之  (木場修太郎)
    田中麗怜  (中禅寺敦子)
    黒木 瞳  (柚木陽子)
    マギー   (鳥口守彦)
    堀部圭亮  (青木文蔵)
    荒川良々  (安和寅吉)
    清水美砂  (中禅寺千鶴子)
    篠原涼子  (関口雪絵)
    宮藤官九郎(久保竣公)
    柄本 明  (美馬坂幸四郎)

スポンサーサイト