2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
「それでも恋するバルセロナ」(2008年)

ホームタウン、ニューヨークを飛び出し、イギリスで3本の
作品を手掛けたウディ・アレン監督が、今度は初めてバル
セロナを舞台に撮り上げたロマンティック・コメディ。バカン
スでスペインを訪れたアメリカ人女性2人と、画家、そして
その元妻、4人が織り成す複雑な恋模様が情熱的かつコ
ミカルに綴る。出演はハビエル・バルデム、ペネロペ・クル
ス、スカーレット・ヨハンソン、レベッカ・ホール。

堅実派のヴィッキーと奔放なクリスティーナの親友2人は
アメリカを離れ バルセロナでひと夏のバカンスを楽しむこ
とに。そこに現われたのが色男の画家フアン・アントニオ。
たちまち恋に落ちるクリスティーナに対し、 最初は警戒心
のかたまりだったヴィッキーも次第にフアンの色気によろ
めきだす。 そんな中、フアンの元妻マリア・エレーナが現
れ、4人の運命はさらに激しく動き出す…。

「ノーカントリー」で強烈な暗殺者を演じたハビエル・バル
デム(実はセクシーな男として有名)、 そしてこの映画で
念願のオスカーを獲得したペネロペ・クルスという現在は
夫婦になっている2人の競演!それに、監督ウディ・アレ
ン最近のお気に入りディーバのスカーレット・ヨハンソン、
新進の英国女優レベッカ・ホールが絡む三角関係ならぬ
四角関係映画です…^^;

まあ、我々日本人から見ると、 アメリカ人もイタリア人も
スペイン人も等しく自由奔放で、 恋に積極的に見えるん
だけど、それにしてもハビエル演じるファン・アントニオは
モテモテです♪ 実在の スペイン人画家ピカソも結婚や
同棲を繰り返してましたもんねぇ~!さぞかし、モテるん
だろうな(^_-)-☆

そして、ウディ・アレン監督は、見かけは冴えない小男だ
けど、女性を魅力的に撮らせる天才ですね! ダイアン・
キートン(アニー・ホール)、ダイアン・ウィースト(ハンナ
とその姉妹、ブロードウェイと銃弾)、ミラ・ソルヴィノ(誘
惑のアフロディーテ)に続いて、 ペネロペは4人目(5度
目)のオスカー受賞となりました^^

「それでも恋するバルセロナ」(2008年)
監督 ウディ・アレン
脚本 ウディ・アレン
製作 レッティ・アロンソン、スティーヴン・テネンバウム、ギャレス・ワイリー
撮影 ハビエル・アギーレサロペ
音楽 ジウリア・イ・ロス・テラリーニ 『バルセロナ』
出演 ハビエル・バルデム   (ファン・アントニオ)
    ペネロペ・クルス     (マリア・エレーナ)
    スカーレット・ヨハンソン(クリスティーナ)
    レベッカ・ホール     (ヴィッキー)
    クリス・メッシーナ    (ダグ)
    パトリシア・クラークソン(ジュディ・ナッシュ)
    ケヴィン・ダン       (マーク・ナッシュ)

スポンサーサイト