2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
「食堂かたつむり」(2010年)

小川糸の同名ベストセラーを「少林少女」「容疑者Xの献身」
の柴咲コウ主演で映画化した感動ドラマ。失恋を機に故郷
に戻り小さな食堂をはじめたヒロインが、そこで出会う人々
との触れ合いの中で少しずつ癒やされ、長年持ち続けてき
た母とのわだかまりも解消していく姿をファンタジックなタッ
チで優しく綴る。 共演は「ディア・ドクター」の余貴美子。 監
督は「ウール100%」の富永まい。

失恋のショックで声を失った倫子は、 疎遠だった母ルリコ
が暮らす田舎へと戻る。 昔から自分勝手で自由奔放なル
リコのことが、倫子は子どもの頃から好きになれなかった。
そんな彼女は、自慢の料理の腕を活かして、小さな食堂を
始める。客は一日一組だけ。決まったメニューはなく、客の
リクエストからイメージを膨らませて、独創的な料理へと仕
上げていく。やがて、倫子の食堂は評判となるが…。

倫子の作る料理は、 熊さんに出した“愛しのシニョリータ・
ザクロカレー” だったり、“女子高生の片思いを叶えるジュ
テームスープ” だったり、お妾さんが“息を吹き返したフル
コース” だったり、まさに和製「ショコラ」のような魔法の料
理! 食べた人たちが幸せになっていく…♡ 確かに、どれ
も美味しそうなものばかりでした♪

ある種、汚れ役を演じた柴咲コウも悪くはないけど、“愛し
い娘に素直に向き合えない…。”母親役の余貴美子の演
技が光りました(^_-)-☆ ただ、映画自体は実写とアニメー
ションを合成したファンタジックな作りで、中島哲也監督の
「嫌われ松子の一生」や、「パコと魔法の絵本」のようなテ
イストだったけど、ちょっともの足りない感じがしたのは私
だけでしょうか?


「食堂かたつむり」(2010年)
監督 富永まい
企画 市川 南
原作 小川 糸 『食堂かたつむり』 (ポプラ舎)
脚本 高井浩子
音楽 Faie life 『旅せよ若人』
出演 柴咲コウ    (倫子)
    余貴美子   (ルリコ)
    ブラザー・トム(熊さん)
    田中哲司   (ネオコン)
    志田未来   (桃)
    満島ひかり  (ミドリ)
    徳井 優    (雅子さん)
    佐藤二朗   (源さん)
    諏訪太朗   (山さん)
    江波杏子   (お妾さん)
    三浦友和   (シュウ先輩)

スポンサーサイト