2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
湊かなえ 『夜行観覧車』
湊かなえ 『夜行観覧車』 双葉社 1,575円
 

 
[ストーリー]

父親が被害者で
母親が加害者―。
高級住宅地に住

エリート一家で起きたセンセーショナルな事件。遺された
こどもたちは、どのように生きていくのか。その家族と、向かい
に住む家族の視点から、事件の動機と真相が明らかになる。
『告白』の著者が描く、
衝撃の「家族」小説。
 
**************************************************
 
デビュー作『告白』では
学校内での殺人事件を、 次作『少
女』では自殺願望を、 そして『贖罪』では
幼児体験による
不幸の連鎖を、描いてきた湊かなえさん。本書では家庭内暴
力というまた“救いのない”話が題材となっています。でも、ま
たまた惹きこまれるんですよねぇ~
 
しかし、 この作家はどうしてこんなにも人間の“負の部分”を
描くのが巧みなんでしょう… 『告白』といい、その後の作品と
いい その秀逸な
タッチに、あれよあれよという間に読み進
んでしまいます。
 
みんなが羨む坂の上の高級住宅街「ひばりヶ丘」で起こる事
件に巻き込まれた人人々のたどる運命は…
 癇癪持ちの
学生・彩花、マイホーム至上主義の真弓、家庭の事は見て
見ぬふりの弘幸、そして典型的な“隣のおせっかいオバさん”
さと子。 まあ、人間描写が相変わらず見事でした
スポンサーサイト