2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
遅ればせながら、今年のプレゼントと大晦日のご挨拶
早いもので、今年ももう12月30日。 残りあと1日です
ねぇ~
 
クリスマス
は、もうとっくに過ぎてしまい
したが、これが 我が家の今年の
プレゼント
した
 
カミさんには、昨年の
クリスマスツリー
 の仲間、
スワロフスキーのロッキング・トナカイ
 ツリーとトナ
カイ、並べると可愛いね
 
     

  
 
そして、私は会社の忘年会でもらったHP35インチ

デジタルフォトフレーム。ちょうど、欲しかったの
で嬉しいね
 

 
まあ、今年もいろいろとありました(特に、良くないこ
とが…
)が、来年は心機一転、良い年にしたいもの
です
 
たぶん今年最後の更新になると思います。皆様
年間、 当ブログをご愛顧ありがとうございました
年もよろしくお願いしま
 
スポンサーサイト



生誕110年記念『荻須高徳展 ―憧れのパリ、煌めきのベネチア』

 

パリの街角を描いた画家として知られる、文化勲章
受章の洋画家、荻須高徳(1901-1986)の生誕110年を
記念した回顧展が日本橋三越本店・新館7階ギャラリ
ーで開催されています。
 
チケットにも印刷されている『ヴニーズ通り』1953年

 
荻須は東京美術学校(現・東京藝術大学)卒業後25
歳で渡仏。  第二次世界大戦の一時期を除いて、 84歳
で亡くなるまでパリに住み、歴史がしみこんだ石造り
建物や街並みを
描き続けました。
 
パリ時代の代表作『広告のある街角』1937年

 
この展覧会では荻須の生涯のテーマともいえる二つ
の古都、パリとベネチアを描いた代表作を中心に、初
公開となる人物画や花静物など約90点が紹介され
ています。
 
ベネチアの代表作『赤い家の魚市場』1972年

 
私は特に、 パリの街角を描いた荻須作品が好きです

 
堅牢な石造りの
建物、薄曇りの光に照らされ
街並み。そこからは、パリで暮らす人々の気配まで
が感じられるような気がします。
 
青が鮮やか!『パンとケーキの店』1980~84年

 
最後に我が家自慢の一品
をご紹介実は
リト
スターなんですけどね…
 
当家所蔵の『
靴屋メトロ』

「チェンジリング」(2008年)

 
クリント・イーストウッド監督がアンジェリーナ・ジョリーを
主演に迎えた感動のミステリー・ドラマ。 1920年代のロ
サンゼルスで 実際に起きた事件を映画化。 5ヶ月の失
踪ののち保護され帰ってきた幼い息子が、別人だったこ
とから 本物の我が子を取り戻すため、 捜査ミスを犯し
た警察の非道な圧力に屈することなく、 真実を追及して
いくシングルマザーの長きに渡る孤独な闘いを綴る。
 
1928年、 ロサンゼルス。 クリスティン・コリンズは、 9歳
の息子ウルターを女手一つで育てる傍ら、電話会社に
勤め、 せわしない日々を送っていた。 ウォルターをひと
り家に残し休日出勤したある日、 彼女が急いで帰宅す
ると、ウォルターは忽然と姿を消していた。 警察に通報
し、 翌日から捜査が始まが、 有力な手掛かりが何一つ
掴めず、 非情で虚しい時間が、 ただ過ぎていくばかり。
そして5ヶ月後、 ウォルターがイリノイ州で見つかったと
いうが、迎えた我が子全くの別人だった…。
 

 
これ、実話なんですってね~
  『ゴードン・ノースコット
事件』。 実際に20人の少年を誘拐、裁判では3人の殺
人について有罪となり、死刑が執行されたという。ただ、
この映画の話のメインはその
誘拐殺人事件で
はな
被害者の一人である、ウォルター・コリンズの “偽者”
が発されたことに端を発する 『取り替え子』 事件と、
その警察の対応が描かれています
 
しかし、酷い話ですよ…これは
特に、汚職まみれの
LAPD(ロサンゼルス市警察)の対応には
唖然です。
相談を受けたジョーンズ警部は
極悪人。窮状を訴え
る母親を精神病院に送り込むんですから…ホント、憤り
以外に何も感じませんでした。 さすがに、1920年当時
の話と思いがちですが、 現在のここ日本でも大阪地
検によるフ、ロッピー改ざん事件が起こったばかりです
ら、油断も隙もありませんよねぇ~
 

 
最後に映画の話になりますが、さすがのイーストウッド
演出&アンジーの執念の演技でした。  見たこともない
子供(まさに、エイリアン
に苦しめられた母親クリス
ティンの苦しみはいかばかりだったでしょうか…
 

「チェンジリング」(2008年)
監督 クリント・イーストウッド
製作 クリント・イーストウッド、ブライアン・グレイザー、ロン・ハワード
脚本 J・マイケル・ストラジンスキー
撮影 トム・スターン
音楽 クリント・イーストウッド
出演 アンジェリーナ・ジョリー     (クリスティン・コリンズ)
    ジョン・マルコビッチ       (グスタヴ・ブリーグレブ牧師)
    ジェフリー・ドノヴァン       (J・J・ジョーンズ警部)
    コルム・フィオール       (ジェームズ・デイヴィス警察本部長)
    ジェイソン・バトラー・ハーナー (ゴードン・ノースコット)
    エイミー・ライアン         (キャロル・デクスター)
    マイケル・ケリー         (レスター・ヤバラ刑事)
 

天野節子 『氷の華』
天野節子 『氷の華』 幻冬舎文庫 720円
 

 
[ストーリー]
専業主婦の恭子は、夫の子供を身篭ったという不倫相手
を毒殺する。 だが、何日過ぎても被害者が妊娠していた
という事実は報道されない。 殺したのは本当に夫の愛人
だったのか。 嵌められたのではないかと疑心暗鬼になる
恭子は、自らが殺めた女の正体を探り始める。 そして、彼
女を執拗に追うベテラン刑事・戸田との 壮絶な闘いが始
まる…はじめは自費出版で刊行されその後30万部以
上売れた長編ミステリ。
 
**********************************************
 
テレビ朝日開局50周年ドラマとして、2008年に映像化さ
れた 『氷の華』。 この作品は、作者・天野節子さんが40
年の勤め人人生を終えてから、60歳で自費出版
した
書で、幻冬舎からメジャー出版されると、たちまち32万
のベストセラーになたという逸話を持つ
小説です。
 
さすがに、 二転三転するストーリー、 的確で冷静な心理
描写は、 まるで松本清張や、 全盛期の夏樹静子を思わ
せる筆力は圧巻です
特に、主人公の瀬野恭子という
人物は魅力的ですね
 TVドラマで米倉涼子が演
ていたからというわけではありませんが…
 
ただ、ちょっと残念ながら完璧な恭子の
計画が最後
に綻びをみせるのですが、そのきっかけとなるのがある
種の“タレこみ”の
手紙なんですが、そのくだりはちょ
っと不自然さが拭えません。また、最後の戸田刑事によ
謎解き
も状況証拠ばかりで、いくらでも言い逃れが
きたような…
 
ただ、ドラマの感想と時も書いたように、親友・高橋康子
役の高岡早紀のキャスティングは
拍手もんでした
クリスマスの定番!「34丁目の奇跡」(1994年)

 
本物のサンタクロースを自称する老人が巻き起こす騒動
を通じて、夢を信じることのすばらしさをうたい上げたハー
トフル・ドラマ。 ジョージ・シートン監督 モーリン・オハラ
演で1947年に公開された同名映画を「ホーム・アロー
ン」のヒットメーカー、 ジョン・ヒューズ製作・脚本でリメイ
ク。主演は「永遠の愛に生きて」などの監督作や「ジュラ
シック・パーク」などの出演作で知られる リチャード・アッ
テンボローと、 「ミセス・ダウト」の子役マーラ・ウィルソン。
 
ニューヨーク西34丁目にある伝統と格式を誇る老舗デパ
ートのコールズは、営業不振からライバル・デパートに買
収されようとしていた。クリスマス・パレードで雇ったサン
タ役が酒に酔いつぶれると 白いひげの太った老人クリ
スが現われサンタ役を引き受け観客の喝采を浴びる。
するとライバル社は、クリス・サンタを罠にはめて、コール
ズを陥れようと画策する。そしてついにはクリスが暴行
容疑で逮捕されると…。
 

 
まあ、
クリスマスの決定版といえば、 この
映画でし
ょう。47年に公開された「三十四丁目の奇蹟」のリメイク
なんだそうですが、さすがに
オリジナルは観ていない
すね…
  まず、主人公のクリス・クリングルを演じる
リチャード・アッテンボローが、
サンタそのものです
 
オリジナルでは、ナタリー・ウッドが演じていた
スーザ
ン役は本作ではマーラ・ウィルソン。現代的で、少しおま
せな感じもまた、良しですね
母の恋人役のディラン・
マクダーモットは
超色男、母親役のエリザベス・パー
キンズも
美人さんです。最後はクリスマスらしい
に描いたようなハッピーエンドでしたが…。
 

 
彼女の “サンタはいない” “夢を持つな” 的なドライで
実的な考え方てどうなのよ…
とは思いましたが、ラ
ストの裁判シーンでの判事の判断には
拍手でした
 

「34丁目の奇跡」(1994年)
監督 レス・メイフィールド
製作 ジョン・ヒューズ、ウィリアム・ライアン、ウィリアム・S・ビーズリー
脚本 ジョージ・シートン、ジョン・ヒューズ
撮影 ジュリオ・マカット
音楽 ブルース・ブロートン
出演 リチャード・アッテンボロー (クリス・クリングル/サンタクロース)
    マーラ・ウィルソン      (スーザン・ウォーカー)
    エリザベス・パーキンズ  (ドリー・ウォーカー)
    ディラン・マクダーモット  (ブライアン・ベッドフォード)
    J・T・ウィルソン       (エド・コリンズ)
    ジェーン・リーヴス      (アルバータ・レオナード)
    ジェームズ・レマー      (ジャック・ダフ検事)
    ロバート・プロスキー    (ヘンリー・ハーパー判事)
 

クリスマスにはラブコメ♡「フォー・クリスマス」(2008年)

 
クリスマスを、いつも2人だけで過ごしていたカップルが、
るハプニングで面倒な家族と過ごすハメになったこと
から大騒動に巻き込まれていくロマンティック・コメディ。
ウィザースプーンとザ・セルのヴィンス・ボーン。 監
は初メガフォンのセス・ゴードン。
 
付き合い始めてから3年になるものの、
結婚もせず
供も作らず、2人だけの人生を楽しむブラッドとケイト。
らはクリスマスには 煩わしい家族付き合いから逃れ
ため何かと理由をつけて 飛行機でバカンスに出掛け
ていた。 しかし、 今年は悪天候で全て欠航となる事態
に見舞われた上、そのTV中継に映ったことでウソがバ
レてしまい、仕方なく双方の家族と過ごすことにする…。
 

 
いよいよ
クリスマスが迫ってきましたねぇ~
今年
クリスマス・シーズン映画特集
サンタクローズ3
に続いて 第2弾はこちら、「フォー・クリスマス
」です。
このタイトルの “フォー” は、【For】ではなくて、【Four】
なんですよね…。つまり、“クリスマスのために…”で
なく、“4つのクリスマス”。ブラッドとケイトのカップ
人の離婚した両親、 それぞれ4人のクリスマス
うわけです。
 
ヴィンス・ボーンと リース・ウィザースプーンの主役2
もそれなりのキャストではありますが、それぞれの両親
ストが豪華です
まず、リースの両親がジョン・
ヴォイト(ご存じ、アンジーの実の親父です
)とメアリ
ー・ティーンバージェン(色っぽいお母さん
)。ヴィン
の両親は名優ロバート・デュバルにシシー・スペイセ
ク(元「キャリー」の女子高生
)。
 

 
この4人を観るだけでも、この映画を観る価値あり
だ、ラブコメにしては普通な感じがしました
 こぼれ話
としては、この後、リースがヴィンスと共演NGになった
そうです。 この2人に、いったい何があったんだろう
 

「フォー・クリスマス」(2008年)
監督 セス・ゴードン
製作 ロジャー・バーンバウム、ゲイリー・バーバー、ジョナサン・グリックマン
脚本 マット・A・アレン、キャレブ・ウィルソン、ジョン・ルーカス
音楽 アレックス・ワーマン
出演 ヴィンス・ヴォーン          (ブラッド・マクヴィー)
    リース・ウィザースプーン    (ケイト)
    シシー・スペイセク       (ポーラ)
    ジョン・ヴォイト           (クライトン)
    メアリー・スティーンバージェン(マリリン)
    クリスティン・チェノウェス    (コートニー)
    ジョン・ファヴロー         (デンバー・マクヴィー)
    ティム・マッグロウ        (ダラス・マクヴィー)
    ロバート・デュバル       (ハワード・マクヴィー)
 

『養老渓谷&海鮮寿司食べ放題と名産詰め放題⑤』(最後はお土産)
め放題。 今回が最後の五回目になります。最後は、
れまた沢山いただいた《お土産編です。
 

 
まずは途中立ち寄『カステラ工房 ルアーシイア』
ここでは、南房総産の名古屋コーチン鶏
の卵黄
と、
高級ハチミツを使った最高級カステラ
「満月」が有名。
ちなみに“ルアーシイア”とはポルトガル語で「満月」と
いう意味だそうです。
 

 
中には「満月」だけではなく、 プレーンココア
抹茶

珈琲
黒糖落花生など多種多様なカステラが売っ
てます
  でも、お土産にもらってきたのはマドレーヌで
した…
 

 
そして最後に寄った『海ほたるPA』で有名な
メロン
パンもGET
 写真は
上から時計周りに、レアチーズ
ロンパン(180円)夕張キングメロンパン(180円)プレ
アムロンパン(260円)。
 

 
ジャジャーン、これが
タダでもらったお土産の全貌で
よ~
 まず金谷港
ザ・フィッシュ
からは「バウムク
ヘン」と「びわゼリー」、 鴨川・潮騒市場からは「乾燥
ワカメ」 君津・四季の蔵から「落花生」 カステラ工房
からは「マドレーヌ」と「ゴーフレット」。
 

 
お土産いっぱいお腹もいっぱいこれで本当におしま
い、おしまい
「ベオウルフ/呪われし勇者」(2007年)

 
最強の勇士が 凶悪な怪物たちと壮絶な闘いを繰り広げ
るアクション・ファンタジー。 英文学最古の文献のひとつ
とされる英雄ベオウルフの冒険物語を基に、 オスカー監
督ロバート・ゼメキスが、「ポーラー・エクスプレス」に続い
て 最新のパフォーマンス・キャプチャー技術を駆使して、
実写とCGを融合させた革新的な映像で 幻想的世界を
壮大に描く。主演は「ディパーテッド」「キング・アーサー」
のレイ・ウィンストン、共演にアンジェリーナ・ジョリー。
 
古代デンマーク。 無敵の戦士ベオウルフは、 王フロース
ガールの命によって、人々を襲い続ける呪われし巨人グ
レンデルの討伐に立ち上がる。 そして激戦の末、グレン
デルを見事に打ち負かすのだった。しかし、グレンデルの
母によって、部下たちが皆殺しにされる。 さらにはベオウ
フも 冷酷で妖艶な彼女の魅惑に引き込まれ、 彼女を
せば永遠の力を持つ王になれる、という悪魔の誘いを
け入れてしまう…。
 

 
『ベオウルフ』は中世ヨーロッパの古典叙事詩のひとつ。
ちなみに 【叙事詩】 とは、物事、出来事を記述する形の
韻文で、英雄神話・民族の歴史を物語として語り伝える
のだそうです。 まさに 『指輪物語』などのファンタジー
原点ですね
  特にこの 『ベオウルフ』は、古代ドイツ
歌』と並び称される、古代イングランドの傑作といわれて
います。
 
それを映画化した「ベオウルフ/呪われし勇者」ですが、
さすがに “魔性の怪女”(アンジー) に誘惑されるくだり
は、映画化のための “後付け” なのでしょう。 ということ
は、純粋な英雄譚だったはず…どうして、このようなち
っと成人向けっぽい仕上がりになったのかな
監督
ロバート・ゼメキスは、前作「ポーラー・エクスプレス」
のモーション・キャプチャーを気に入ったらしいんだけど、
あまりにもタイプが違うわな…
 

 
とはいえ、こういうファンタジー系の作品って嫌いじゃ
古くはルドガー・ハウアー、ミシェル・ファイファーの「レ
ィ・ホーク」とかね
ただ、残念なのはできれば実写
観たかった…
 そういう意味では、ジェラルド・バト
ラー
(2005年)、クリストファー・ランバート(1998年)の
ッチョ2人が主演している2作品は気になるなぁ~
 

「ベオウルフ/呪われし勇者」(2007年)
監督 ロバート・ゼメキス
製作 ロバート・ゼメキス、スティーヴ・スターキー、ジャック・ラプケ
脚本 ニール・ゲイマン、ロジャー・エイヴァリー
撮影 ロバート・プレスリー
出演 レイ・ウィンストン      (ベオウルフ)
    アンジェリーナ・ジョリー (グレンデルの母)
    ロビン・ライト・ペン     (ウィールソー)
    アリソン・ローマン     (ウルスラ)
    クリスピン・グローヴァー (グレンデル)
    ブレンダン・グリーソン   (ウィグラーフ)
    ジョン・マルコヴィッチ   (アンファース)
    アンソニー・ホプキンス  (フロースガール)
 

『養老渓谷&海鮮寿司食べ放題と名産詰め放題④』(養老渓谷)
その四回目になります。
 
旅のメインの一つ 《海鮮寿司食べ放題》第二回目
にお贈りしましたが旅のもう一つのメインは《紅葉の
養老渓谷》
 

 
養老渓谷最大の【粟又の滝】 落差30m全長100m
日本一の規模を誇る【華厳の滝】などとは違って、落差
より全長が長いので、豪快というより優雅な滝ですね
 

 
まあこのツアーがTVで紹介されたのは11月上旬“日
本で一番遅くまで紅葉が楽しめる”という千葉房総でも、
さすがに12月15日ではほとんど紅葉が…
 

 
と思いましたので、タイトルから『紅葉』の二文字を抜き
した
  先週末の
10、11日まではなんとか紅葉が残っ
ていたようですが
この日は紅葉の“最後の残り香”
な部分は見つけることはできました。
 

 
紅葉の最盛期には
こうなっ
ていたようです…
『養老渓谷&海鮮寿司食べ放題と名産詰め放題③』(房総名産詰め放題)
さてさて一昨日よりお届けしています≪養老渓谷&寿
べ放題と名産詰め放題≫。 今日はその三回目
をお届けします。
 
そもそも、何故この
ツアーに参加したのかというと、夕
方の
ニュース&情報番組(日テレ『news every.』、TBS
『Nスタ』など)でこの日帰りバスツアーが紹介されていた
から
 
特にこの国際興業のコースは魅力的で南房総と静岡
の焼津の2コースから、 どちらにしようかと迷ったのです
が、まずは地元をよく知ろうと、南房総コースにした次第
です。
 

 
さて今回はその《房総名産品詰め放題》の巻です
ずは鴨川『潮騒市場』ここではとれたて干物の詰

 

 
そしてこれが本日の成果です
 実家の母、カミさん、私
3人で 食べきれないほどの干物だらけ、さぞかし帰り
が磯臭かったことでしょう…
 

 
そして2件目は、君津にある『四季の蔵』。 こちらは、と
たて農産物の詰め放題
 ジャガイモ、 さつまいも、
ねぎ、ニンジン。
 

 
そして、その結果がこちら
  まあ、これで当分の間
の具材には困らないな…
  さて
明日の晩はもう一
つの旅のメイン《養老渓谷》をお届けします
 
 
〒296-0044 千葉県鴨川市広場777
TEL:0470-99-2200 
営業:8:30~18:00
 
 
〒299-1172 千葉県君津市三直170-1
TEL:0439-57-7011 
営業:9:00~19:00