2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
第84回アカデミー賞決定!作品賞は『アーティスト』
本日、第84回米アカデミー賞が発表されました
 

 
【作品賞】『アーティスト』
【監督賞】ミシェル・アザナヴィシウス『アーティスト』
【主演男優賞】ジャン・デュジャルダン『アーティスト』
【主演女優賞】メリル・ストリープ『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』
【助演男優賞】クリストファー・プラマー『人生はビギナーズ』
【助演女優賞】オクタヴィア・スペンサー『ヘルプ 心がつなぐストーリー』
【外国語映画賞】『別離』(イラン)
【脚本賞】ウッディ・アレン『ミッドナイト・イン・パリ』
【脚色賞】アレクサンダー・ペイン、ナット・ファクソン、ジム・ラッシュ『ファミリー・ツリー』
【撮影賞】ロバート・リチャードソン『ヒューゴの不思議な発明』
【美術賞】ダンテ・フェレッティ、フランチェスカ・ロー・シャイボ『ヒューゴの不思議な発明』
【編集賞】カーク・バクスター、アンガス・ウォール『ドラゴン・タトゥーの女』
【衣装デザイン賞】マーク・ブリッジス『アーティスト』
【メイクアップ賞】マーク・クーリエ、J・ロイ・へランド『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』
【作曲賞】ルドヴィック・ブールス『アーティスト』
【歌曲賞】“Man or Muppet”ブレット・マッケンジー『ザ・マペッツ』
【録音賞】トム・フライシュマン、ジョン・ミドグレイ『ヒューゴの不思議な発明』
【音響編集賞】フィリップ・ストックトン、ユージーン・ギアティ『ヒューゴの不思議な発明』
【視覚効果賞】ロブ・レガト、ジョス・ウィリアムズ、ベン・グロスマン、アレックス・ヘニング『ヒューゴの不思議な発明』
【長編アニメーション映画賞】『ランゴ』
【短編アニメーション映画賞】『The Fantastic Flying Books of Mr. Morris Lessmore』(原題)
【短編実写映画賞】『The Shore』(原題)
【長編ドキュメンタリー賞】『Undefeated』(原題)
【短編ドキュメンタリー賞】『Saving Face』(原題)
 
 
前評判の高かった
フランスのサイレント映画
『アーティスト』が作品賞、
監督賞、主演男優賞衣装デザイン賞作曲賞の5部門を
受賞。特に
優賞の下馬評が高か
ージ・クルーニーの『ファミリー・ツ
は脚色賞のみの受賞に終わりました
 
主演女優賞は『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』のメリル・ストリープ。
万年ノミネートの彼女も、『クレイマー、クレイマー』の助演賞、『ソフィーの
択』の主演賞に続き、ついに3個めのオスカー獲得です
 
助演男優賞は『人生はビギナーズ』のクリストファー・プラマー、助演女優賞
は『ヘルプ 心がつなぐストーリー』のオクタヴィア・スペンサー。マーティン・
コセッシ監督の『ヒューゴの不思議な発明』は撮影美術、音響視覚効
など技術系の5部門を受賞しています。
 
みなさんおめでとうございます
スポンサーサイト



スマホが会社から支給されました~♪
会社から
スマートフォンが支給されました

その機種は、docomoGALAXY
ここがうちの会社のダサくて時流にノレないところ…
 
どうせなら、 iPhone4S にすれば格好いいのにな~
それに、使い方が全く分からん…
\(^o^)/ ~!焼肉新羅 【半額フェア③】
半期に一度のお楽しみ【炭火焼肉 新羅】半額フェア
の季節がやってまいりました
 

 
たぶん、昨年11月くらいにあったようなのですが、残念な
がら行くことが出来ず、 昨年6月以来8ヶ月ぶりになるの
で、お久しぶりでしたぁ~
 

 
今回の半額は3品 特選フィレリブロースロースステ
ィックマルチョウ(小腸)桜ユッケ刺しの5品。 写真上
リブロースローススティックマルチョウ(小腸)チョ
レギサラダ
 

 
そして写真下が、桜ユッケ刺し国産牛ハラミユッケ
遂に“桜”が付いて馬肉になりました
 
半額フェアは、2
月24日(金)明日まで。さ~あ、お店に急げ
 
 
炭火焼肉 新羅 (℡:047-381-2941)
浦安市明海5-6-8 ラフィネス新浦安ベイモールA
特選フィレ(ヒレ)    950円(通常1,890円)
リブロース切落とし 680円(通常1,350円)
桜ユッケ刺し      540円(通常1,080円)
ローススティック     480円(通常 960円)
マルチョウ       380円(通常 750円)
「路上のソリスト」(2009年)

 
LAタイムズの記者スティーヴ・ロペスが、偶然出会った
ホームレスの天才音楽家 ナサニエル・エアーズとの交
流を現在進行形で綴り 全米で話題となった連載コラム
を映画化した感動ドラマ。ロペス記者とナサニエルの友
情と、ホームレスなどの社会的問題を美しい音楽ととも
に描き出す。 主演は「Ray/レイ」のジェイミー・フォック
スと、「アイアンマン」のロバート・ダウニー・Jr。 監督は、
 
人生に行き詰まっていたLAタイムズのコラムニスト、ス
ティーヴ・ロペス。ある日彼は、2弦しかないバイオリン
で美しい音色
を奏でるホームレスの男と出会う。 ナ
エル・エアーズと名乗るその男が 名門ジュリアー
音楽院に通っていたと知り、俄然興味を抱く。 久々に
者魂に火のついたロペスは ナサニエルの人生の
を追て取材を開始。 少しずつ彼の生い立ちを紐解い
ていく。路上の天才音楽家ナサニエルを紹介した彼の
コラムは大きな反響を呼ぶのだが…。
 

 
これ、単館上映だったんですよねぇ~
 何故なんだろ

 主演はジェイミー・フォックス(「Ray/レイ」でアカ
デミー主演男優賞
受賞してるんですよ
)と、「アイ
アンマン」「シャーロック・ホームズ」(ゴールデングロー
ブ男優賞受賞)のコンビだし、監督もジョー・ライト(「プ
 
しかも、内容も良かったですよねぇ~
 “路上で出会
う、元天才チェロ奏者”。 彼は、名門ジュリアード音楽
院で将来を嘱望された若き天才だったのに…。  統合
失調症と過度のストレスによる神経過敏など、 ついに
は路上生活者にまで落ちぶれてしまう。 しかし、そん
な彼にも譲れないものがあり、一人の人間としての尊
厳がある。
 

 
同じ“障害者の天才”を描いた 「シャイン」(名優ジェフ
リー・ラッシュがアカデミー主演男優賞
受賞
)、ダ
スティン・ホフマン、トム・クルーズ競演の「レインマン」、
前述の「Ray/レイ」などが高評価だったのに、 この作
品は何故それ程話題にならなかったんだろう
 未見
の人は是非
 
 
「路上のソリスト」(2009年)
監督 ジョー・ライト
製作 ゲイリー・フォスター、ラス・クラスノフ
原作 スティーヴ・ロペス
脚本 スザンナ・グラント
撮影 シーマス・マッガーヴェイ
音楽 ダリオ・マリアネッリ
出演 ジェイミー・フォックス   (ナサニエル・エアーズ)
    ロバート・ダウニー・Jr (スティーヴ・ロペス)
    キャサリン・キーナー  (メアリー・ウェストン)
    トム・ホランダー     (グラハム・クレイドン)
    リサゲイ・ハミルトン   (ジェニファー・エアーズ・ムーア)
    ネルサン・エリス     (デヴィッド・カーター)
    レイチェル・ハリス    (レスリー・ブルーム)
    スティーヴン・ルート   (カート・レイノルズ)
    ロレーヌ・トゥーサン   (フロ・エアーズ)
 

麻生 幾 『外事警察 CODE:ジャスミン』
麻生 幾 『外事警察 CODE:ジャスミン』 日本放送協会出版 1,785円
 

 
[ストーリー]
すべての始まりは、外事警察の内部資料流出事件で明か
された“協力者”である女の存在だった。 女の存在を隠蔽
しようとする日本の外事警察と、 その女を密かに追う韓国
NISFBIの捜査官。数奇な運命の女を巡る、各国の激し
い情報戦の先に見え隠れするのは迫り来る核テロの現実
的な脅威だった。 陰謀、罠、裏切りが渦巻き、圧倒的リア
リズムで描写する緊迫のサスペンス諜報小説。
 
***********************************************
 
NHKの土曜ドラマ『外事警察』視聴率はさほど良くはなか
たものの、結構その筋では評判になり、今度映画化され
ることになりました。  6月2日のロードショー公開タイトルは
『外事警察  その男に騙されるな』。公開までには、まだま
間がありますがこちらもいち早く原作を読みました。
 
こちらもドラマ同様、 麻生幾氏の原作は“原案”という扱い
なんでしょうかね…
  この話を忠実に映像化するとサヘ
ル・ローズ(通称:滝川クリサヘル)か誰か
をキャスティ
ングしなきゃなんないけど、どうも映画キャストは真木よう
子が重要人物らしい…。
 
ジャスミンは、日本人とパキスタン人を祖先に持つ混血の
美女…さすがに 真木よう子という訳にはいかないでしょう
からねぇ~
  ドラマのオリジナル・キャスト渡部篤郎、
野真千子は健在
 果たして、映画はどうなることやら…。
小説は、またまた分かり難い内容でしたけどね
どちらがお好み?【あづまデラックス】と【あづスパデラックス】
昨年にも記事にした
レストラン あづま。今回は、
あづま自慢のその名も【あづま】、それと【あづスパ】
の2品をご紹介しますよ~
 

 
店の名前を冠した【あづま】は、
カレーライスに
ハンバーグ、それに
鮭フライが添えられている自
のメニュー
 それに今日はカレーが、
オムカレ
になっている【あづまデラックス】だか、らタマラナ
イ~

 【あづまデラックス】


【あづスパデラックス】
 

そしてもう一品は、【あづま】のスパゲティ版【あづス
パ】
 こちらは、
カレーライスに
スパゲテナポ
リタン、それに  
蟹クリームコロッケが付いている。
こちらも、その【あづスパ】 カレーが
オムカレーに
っている【あづスパデラックス】がお薦め~

【あづまデラックス】と、【あづスパデラックス】あなた
どちらがお好みでしょうか…
 
 
レストラン あづま (℡:03-3571-0392)
東京都中央区銀座6-7-6 西六ビル1F
日替わりランチ        850円(限定25食)
あづま          850円(カレー・ハンバーグ・サーモンフライ)
あづまデラックス  1,000円(カレー・ハンバーグ・サーモンフライ+オムレツ)
あづスパ          850円(カレー・ナポリタン・カニクリームコロッケ)
あづスパデラックス 1,000円(カレー・ナポリタン・カニクリームコロッケ+オムレツ)
「花のあと」(2010年)

 
架空の小藩 “海坂藩”を舞台にした 藤沢周平の短編
時代小説を北川景子主演で映画化。 女でありながら
剣の道を愛し、 武士の家に生まれた女 としての運命
を受入れながらも、 決して心の芯を曲げることな く凛
として生きた一人の女性の姿を描く。 共演に 甲本雅
裕、 宮尾俊太郎、 市川亀治郎。 監督は 「青い鳥」
西健二。
 
江戸時代、東北の小藩・海坂藩。 組頭・寺井甚左衛
門の一人娘・以登は、 男にも劣らぬ剣の使い手。 あ
日彼女は、 下級武士ながら藩随一の剣士・江口孫
四郎と出会う。一度でいいから孫四郎と剣を交えて
たいとの想いが高まる中、 父はその願いを聞き入れ、
竹刀での立ち合いが実現する。結果は完敗だたが、
孫四郎に淡い恋心を抱く。 しかし、以登は婿を迎えな
ければならぬ身。すでに片桐才助という許がいた。
 

 
周平作品です。 これまでは、冴えない下級武士と美
女という組み合わせ (真田広之×宮沢りえ、 永瀬正
敏×松たか子、 木村拓哉×檀れい、 市川染五郎×
木村佳乃…) のパターンでしたが、 これは女性が主
公です
 
しかも、“美女中の美女” 北川景子ですよ
まさ
に彼女のための映画
  この写真を見ても、 ため息
が出るくらいの美しさですねえぇ~
  しか~し、この
映画を観終わった後、心に残るのは、片桐才助役の
甲本雅裕なんですよね
  北川景子(以登) のお相
手は宮尾俊太郎(江口孫四郎)甲本は親が決めた
“冴えない許嫁”
 

 
…のはずが、自分の妻になるべき人が真相を究明
欲しいある“事件”の被害者と彼女の関係を全
包含して、儀を全うする。 最後のシーンは格好良さ
さえ感じさせてくれます。 甲本クン、これはお得な役
でしたねぇ~
 
 
「花のあと」(2010年)
監督 中西健二
脚本 長谷川康夫、飯田健三郎
原作 藤沢周平 『花のあと』 (文春文庫)
音楽 一青 窈 『花のあと』
出演 北川景子   (以登)
    甲本雅裕   (片桐才助)
    宮尾俊太郎 (江口孫四郎)
    佐藤めぐみ  (津勢)
    伊藤 歩   (加世)
    都築あきこ  (郁)
    市川亀治郎 (藤井勘解由)
    柄本 明   (永井宗庵)
    國村 準   (寺井甚左衛門)
 

「チョコレート・ファイター」(2008年)

 
予告編が公開されるや、そのあどけなさの残るルッ
からは予想もつかないリアルかつ、アクロバティッな本
格アクシンを披露し、たちまち世界中の映画フン注目
の的となった無名のヒロイン“ジージー”が放つ驚異の
格闘アクション・ムービー。 演のジージャーことヤーニ
ン・ウサミタナンは、プラッチャヤー・ピンゲーオ監督が、
4年の歳月をかけて育て上げたアクシン界期待のニュ
ー・ヒロイン。 共演は「麒麟の翼」の阿部寛。

日本の大物ヤクザ・マサシとタイ人女性ジンを両親に持
つゼン。自閉症の彼女はチョコレートとアクション映画が
大好きな女の子。たぐいまれな身体能力で、ビデオで一
度観たアクションをすぐに自分の技にしてしまう。 美しく
成長したゼンはある日、 最愛の母ジンが白血病に冒さ
れていることを知る。 多額の治療費を工面するため、ジ
ンの手帳に記されたリストを頼りに 彼女が金を貸してい
る人々を訪ねて金を回収してまわろうとするゼンだった。
 

 
昨日は『バレンタイン・デー』ということで、何か?因んだ
映画はないのか…と考えて、なんとか絞り出しました
タイのカンフー映画「
チョコレート・ファイター」です。
演のジージャーは可愛いですね
 日本の女優さん
でいうと南沢奈央ちゃんという感じでしょうか
 
監督のプラッチャヤー・ピンゲーオは「マッハ!!!!!!!!でトニ
ー・ジャーを発掘してきた人だけど、このジージャーは女
子ですよ
  幼い顔に、もの凄いカンフーはインパクト抜

この映画当時は23歳くらいだから、18~19歳から
監督に4年間ムエタイテコンドーカンフーを叩き込まれ
たそうです…

 

 
阿部ちゃんの出演はご愛嬌…
  “ノー・CG、ノー・スタ
ント、ノー・ワイヤー”の究極の格闘技を、みなさんもご堪
能あれ~
 
 
「チョコレート・ファイター」(2008年)
監督 プラッチャヤー・ピンゲーオ
製作 プラッチャヤー・ピンゲーオ
脚本 チューキアット・サックウィーラクン
撮影 デーチャー・スリマントラ
出演 ジージャー・ヤーニン       (ゼン)
    阿部 寛            (マサシ)
    ポンパット・ワチラバンジョン(ナンバー8)
    アマラー・シリポン       (ジン)
    タポン・ポップワンディー    (ムン)
 

『フェルメールからのラブレター展』
『北欧のモナリザ』とも称される《真珠の耳飾りの少女》
の作者として知られるオランダの巨匠ヨハネス・フェル
メール。生涯30数点ともいわれる、彼の作品の中で
【手紙】をモチーフのしたものが6点あります。
 

 
その6点のうち日本初公開の《手紙を読む青衣の女》
をはじめ《手紙を書く女》《手紙を書く女と召使い》
Bunkamura:渋谷)が開かれています。
 

 
まずは今回の目玉
 《手紙を読む青衣の女》です。オ
ランダ・アムステルダム国立美術館が所蔵するこの作
品は、 初めて本格的な修復作業が行われ、 色鮮や
フェルメール・ブルーの色彩が復活しました
 

 
《手紙を書く女》は ワシントン・ナショナルギャラリー所
蔵。 こちらは青とは別にもうひとつの
フェルメール・
カラーである黄色の服をまとった少女が、羽根ペンで
恋文を書く様子が描かれています。
 

 
《手紙を書く女と召使い》はアイルランド・ナショナルギ
ャラリー所蔵。 この作品は前回(2008年)の『フェルメ
ール展』の際にも観ています。 フェルメール得意の光
と陰のコントラストが見事です。
 
しかし、全体的には4年前の『フェルメール展』は史上
最多7点のフェルメール作品が観られただけに、今回
は物足りない感じがしました。 今年6月の『マウリッツ
「ロックンローラ」(2008年)

 
「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」「スナ
チ」のガイ・リッチー監督が再びロンドンの裏社会を舞台
撮り上げた痛快クライム・コメデ。ロシア・マフィアの台
不動産の高騰などが渦巻く中、ギャング、チンピラ、
ンキーなどが入り乱れて繰り広げる混沌のが軽
快なテンポで綴られてゆく。 主演は「300「P.S.イラ
ユー」のジェラルド・バトラー。 共演に「フィクサー」トム・
ウィルキンソンと「幸せのちから」のタンディ・ニュートン。
 
ロシアをはじめ東欧の資本が続々と流入し、不動産バブ

に沸くロンドン。 裏社会にもその波は押し寄せ、 裏
社会の黒幕レニー・コールも危機感を募らせる。そんな中、
街の小悪ンツーと その仲間たちも、甘い汁を吸おう
と不動産投資に手を出して大ヤケド。レニー・コールに多
額の借金を負てしまうハメに。そんな窮地のワンツーに
セクシーな女会計士・ステラが近づいてくる…。
 

 
これは、ジェラルド・バトラー主演のギャング映画って思っ
て見始めたんだけど、まあガイ・リッチーお得意の群像劇。
だから本当の主役は ナレーションも務めたアーチー役の
マーク・ストロングかもしれないな…
  簡単な勢力図は、
ワンツー、マンブルズ…の半端もの軍団 vs. レニー、アー
チーの
ロンドンの黒幕 vs. ユーリ、
ビクターの
ロシ
ア・
マフィアの三すくみが基本形なんだけど…。
 
それに、マフィアの息子のジャンキー歌手
や、悪徳女
計士
、お気楽音楽プロデューサー
、ただのコソ泥
らが絡んで、まあ訳分かんない展開です
  こういうドタ
バタした映画はノリ次第なんでしょうけど、さすがに「ロッ
ク、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」「スナチ」
ではフィットしていたガイ節も、今の時代にはシックリこな
くなってる感はありますな…
 

 
でも、まあガイ・リッチー好きには評判がいいようなので、
観てみるのも一興
続編もあるんだとか…
 
 
「ロックンローラ」(2008年)
監督 ガイ・リッチー
製作 ジョエル・シルヴァー、ガイ・リッチー 他
脚本 ガイ・リッチー
撮影 デヴィッド・ヒッグス
音楽 スティーヴ・アイルズ
出演 ジェラルド・バトラー    (ワンツー)
    マーク・ストロング    (アーチー)
    ダンディ・ニュートン  (ステラ)
    イドリス・エルバ    (マンブルズ)
    トム・ハーディ      (ハンサム・ボブ)
    トビー・ケベル     (ジョニー)
    ジェレミー・ピヴェン  (ローマン)
    リュダクリス      (ミッキー)
    カレル・ローデン    (ユーリ・オモヴィッチ)
    ドラガン・ミカノヴィッチ(ビクター)
    トム・ウィルキンソン   (レニー・コール)