2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
「K-20 怪人二十面相・伝」(2008年)

 
江戸川乱歩が生み出した希代のダーク・ヒーロー怪人二十
面相を巡る様な謎をユニークな解釈で解き明かす劇作家・
北村想の同名ミステリーを、金城武と松たか子の共演で映
画化した痛快冒険活劇。二十面相に嵌められ濡れ衣を着
せられた曲芸師が、 自らの汚名をそそぐべく奔走する姿を、
レトロな味わいの中 ユーモアを織り交ぜつつアクション満
載に綴る。監督は「エコエコアザラク」の佐藤嗣麻子。
 
1949年、第二次世界大戦を回避した日本の帝都。 そこは、
19世紀から続く華族制度により 極端な貧富の格差が生ま
れ、ごく一部の特権階級が富を独占する社会となっていた。
巷ではそんな富裕層だけを狙い 鮮やかな手口で窃盗を
繰り返す怪人二十面相“K-20”が出現していた。 ある日、
サーカス団に所属する天才曲芸師・遠藤平吉は、見知らぬ
紳士から羽柴財閥の令嬢と名探偵・明智小五郎の結納の
儀を写真に撮ってほしいとの依頼を受けるのだが…。
 

 
「シャーロック・ホームズ」がきたので、お次は「アルセーヌ・
ルパン」といきたいところなのですが…適当な作品が無い

でも、日本にはありま
した
金城武主演、 「K-20 怪
人二十面相・伝」です
 
同じく、日テレが製作に加わって
ーン)」 に近い雰囲気ありましたね。いずれの作品にも
じるところなのですが、思っていたより 面白いんですよ

 
金城武と松たか子のヒーロー&ヒロインはちょっとおとぼ
け顔で愛嬌のあるタイプ
  それに対して、鹿賀丈史と仲
村トオルは“どうだ顔”が出来る舞台映えする俳優
 
クションあり、 特撮CGあり、 コメディありで、 幕の内弁当の
ようですが、 意外なほど美味しい中身になってます
 
城クンは台湾、香港、中国
、日本
で活躍してるけど、
最近は“どうなの~
 「恋する惑星」とか「神様、もう少
しだけ」とか、懐かしいね…
 

 
 
「K-20 怪人二十面相・伝」(2008年)
監督 佐藤嗣麻子
製作 島田洋一、阿部秀司、島谷能成 他
原案 北村 想 『完全版 怪人二十面相・伝』
脚本 佐藤嗣麻子
撮影 柴崎幸三
音楽 オアシス 『ショック・オブ・ザ・ライトニング』
出演 金城 武  (遠藤平吉)
    松 たか子 (羽柴葉子)
    國村 準  (源治)
    高島礼子  (菊子)
    益岡 徹  (浪越警部)
    今井悠貴  (シンスケ)
    本郷秦多  (小林芳雄)
    大滝秀治  (羽柴会長)
    鹿賀丈史  (怪人二十面相)
    仲村トオル  (明智小五郎)
 

スポンサーサイト



「シャーロック・ホームズ」(2009年)

 
世界一有名な私立探偵シャーロック・ホームズの活躍を、
天才的な観察眼と推理力はそのままに、ワイルドな武闘
派として描いたミステリー・アドベンチャー。相棒のジョン・
ワトソンと共に、 殺人鬼の画策する巨大な陰謀の阻止へ
挑むさまがアクション満載で繰り広げられていく。 出演は
ホームズ役に「アイアンマン」のロバート・ダウニー・Jr、ワ
トソン役に「コールド マウンテン」のジュード・ロウ。 監督
「スナッチ」のガイ・リッチー。
 
19世紀末のロンドン。若い女性が次と不気味な儀式を
思わせる手口で殺される連続殺人事件が発生。ロンドン
警視庁も捜査に手こずる中、 名探偵シャーロック・ホーム
ズがこの難事件解決に立上がる。 たちまち 犯人の居所
を突き止めるホームズだったが、その犯人 ブラックウッド
卿は、すぐ復活すると言い残して処刑される。するとやが
て、ブラックウッドが本当に甦ったとの噂が街に流れ始め
るのだが…。
 

 
まあ、正統派英国風推理小説の金字塔を、ハリウッド映
画にしたら、こうなる
と いう典型的な作品でしたね
ロバート・ダウニー・Jr がシャーロック・ホームズとは、さ
ぞかしシャーロッキアンもビックリでしょうなぁ~
  原作
と映画の間に、原案コミックがあるんだてね…
  その
者ライオネル・ウィグラムは ハリ・ポタの 「不死鳥の騎
士団」 「謎のプリンス」 「死の秘宝」の製作総指揮もやっ
てるんだって~
そういえば、感じ似てるかも
 
しかし、ホームズがダウニーとは誰しも思わないですよね

イアンマンじゃないんだから
  まあ、そこがこの
映画のいいところなんだけどね
ジュード・ロウのワトソ
ンくんはハマリ役
イギリス人だからね
レイチル・マ
クアダムスは、「きみに読む物語」とは打て変わって“悪
女役”まるで
峰不二子ちゃ~ん
 こんなに、色ぽい
役もこなせるのね
 

 
ラストシーンで、しっかり公開中の「シャドウ ゲーム」に繋
げます。宿敵・モリアーティ教授登場
 
 
「シャーロック・ホームズ」(2009年)
監督 ガイ・リッチー
製作 スーザン・ダウニー、ダン・リン、ジョエル・シルヴァー、ライオネル・ウィグラム
原案 アーサー・コナン・ドイル、ライオネル・ウィグラム、マイケル・ロバート・ジョンソン
脚本 マイケル・ロバート・ジョンソン、アンソニー・ベッカム、サイモン・キンバーグ
撮影 フィリップ・ルースロ
音楽 ハンス・ジマー
出演 ロバート・ダウニー・Jr    (シャーロック・ホームズ)
    ジュード・ロウ        (ジョン・ワトソン)
    レイチェル・マクアダムス (アイリーン・アドラー)
    ケリー・ライリー        (メアリー・モースタン)
    エディ・マーサン       (レストレード警部)
    ウィリアム・ヒューストン  (クラーキー巡査)
    ジェラルディン・ジェームズ(ハドソン夫人)
    ハンス・マシソン       (カワード卿)
    マーク・ストロング      (ヘンリー・ブラックウッド卿)
 

小洞天の大満足ランチは【担々麺セット】か【焼きそばセット】
その昔といっても福岡に赴任する前のことなので、
今から7~8年前になりますが、 銀座の名鉄メルサ
というビルに、『小洞天』という
中華料理
店があっ
て、そこの【担々麺セット】が美味しかったんだけど、
いつしか閉店していました
 

 
その 『小洞天』の有楽町店がビックカメラ
有楽町
店地下にあるんです
  こちらには初めて来まし
たなぁ~
 懐かしの【担々麺セット】も8年ぶり…
ここ小洞天の
担々麺は辛いだけじゃなく
練り
胡麻(チーマージャン)か ピーナッツバターのような
“深み”と“旨み”のある味が特徴
 
【担々麺セット】

【焼きそばセット】

 
さらに、この店は焼売(シュウマイ)が美味しいので
も有名なんです
 この焼売が2個に
ライスザー
イが付いて1,180円。また【焼きそばセット】は
焼そばに 焼売が4個
ライス、
スープ、ザーサ
が付いて同じく1,180円。
 
他にも、【麻婆丼セット】や担麺に肉まんが付いた
【極(きわみ)セット】などもあるので、迷っちゃう~
 
中国料理 小洞天 有楽町店 (℡:03-3213-0056)
東京都千代田区有楽町1-11-1 ビックカメラB1・B2
担々麺セット    1,180円(担々麺、ライス、シュウマイ2個、ザーサイ)
焼そばセット    1,180円(焼そば、ライス、シュウマイ4個、ザーサイ、スープ)
麻婆丼セット    1,180円(麻婆丼、シュウマイ2個、ザーサイ、スープ)
極(きわみ)セット  1,050円(半担々麺、シュウマイ2個、肉まん)
「第9地区」(2009年)

 
南アフリカ出身の新鋭ニール・ブロムカンプ監督が、 ピー
ター・ジャクソンの全面バックアップで長編デビューを飾り
全米でサプライズ大ヒットを記録したSFアクション。 巨大
な宇宙船が漂着し、 異星人を難民として受入れることに
なった南アフリカを舞台に、 異星人と地域住民との軋轢
が深刻化し、思いもかけぬ展開を見せるさまをドキュメン
タリー・タッチと驚異のヴィジュアルで描き出していく。
 
南アフリカ・ヨハネスブルグ上空に 正体不明の巨大宇宙
船が現われ、そのままとどまってしまう。しかし、エイリア
ンは襲撃に来たわけではなく、宇宙船の故障で漂着した
だけだった。地球は彼らを難民として受入れ、それから20
数年後。 共同居住区“第9地区”はいまやスラムと化す。
そこで超国家機関MNUはエイリアンたちを新たな難民
キャンプへ強制移住させることにするのだが…。
 

 
設定を聞いた時は、“これは、トンデモSFなのか
”と
ったんですが、 2009年度のアカデミー作品賞にノミネ
トされ、格段に評価が高かった作品です。 それもその

この設定は、南アフリカのケ
ープタウンで
人が
人種差別政策により、第6地区から強制移住させられた
出来事をベースに監督が創作しているからなんですね。
 
つまり、ケープタウン⇒ヨハネスブルク、第6地区⇒第9
地区、黒人⇒エイリアン という読み替えをすれば、事
を基に作られている社会派の映画
 ということになり
すな
  監督も出演俳優も、ほぼ無名ながら裏で仕掛
人的に動いたのは、「ロード・オブ・ザ・リング」
 のピー
ター・ジャクソン。やはり一味違うと思ったんだよね~
 

 
捻りの効いたラストシーンなんて、“さすがピージャク
次回作、待望の「ホビット」も楽しみですねぇ~
 
 
「第9地区」(2009年)
監督 ニール・ブロムカンプ
製作 ピーター・ジャクソン、キャロリン・カニンガム
脚本 ニール・ブロムカンプ、テリー・タッチェル
撮影 トレント・オパロッチ
音楽 クリントン・ショーター
出演 シャールト・コプリー   (ヴィカス・ファン・デ・メルヴェ)
    デヴィッド・ジェームス  (クーバス・ヴェンター大佐)
    ジェイソン・コープ    (クリストファー・ジョンソン)
    ヴァネッサ・ハイウッド  (タニア・ファン・デ・メルヴェ)
    ジョン・ヴァン・スクール (ニコラス・ファン・デ・メルヴェ)
    マリアン・フーマン    (サンドラ・ファン・デ・メルヴェ)
    マンドラ・ガドゥカ     (フンディスワ・ムランガ)
    ナタリー・ボルト      (サラ・リヴィングストン)
    シルヴァン・ストライク  (カトリーナ・マッケンジー博士)
    ルイス・ミナー       (ピエト・スミット)
 

「ジェイン・オースティン 秘められた恋」(2007年)

 
『高慢と偏見』などで知られる19世紀の英国女流作家ジェイン・
オースティンの若き日の知られざるロマンスをアン・ハサウェイ
主演で映画化した伝記ラブストーリー。伝記作家ジョン・スペン
スが様々な資料を基に ジェインの人物像に大胆に迫った評伝
『ビカミング・ジェイン・オースティン』をヒントに、生涯独身を貫い
たジェインのたった一度の、切なくも情熱的な恋の行方を綴る。
共演は「つぐない」のジェームズ・マカヴォイ。監督は「キンキー
ブーツ」のジュリアン・ジャロルド。
 
1795年、イギリス。貧しい家に生まれた女性ジェイン・オーステ
ィンは20歳の結婚適齢期。 両親は娘を裕福な家に嫁がせよう
と懸命だったが、ジェインにとっては、財産や家柄ではなく愛こ
そが結婚の絶対条件だった。 地元の名士レディ・グレシャムの
甥ウィスリーとの結婚話にも見向きもしないジェイン。そんな時、
彼女は若いアイルランド人のトム・ルフロイと出会う。ロンドンで
法律を学ぶ彼は、初めは無礼で横柄な青年だったが…。
 

 
“フムフム…。ジェイン・オースティンって生涯独身だったのね”
とか、知らないことが色々と勉強になる映画でした。 ジェイン・
オースティン、しかも共演者はジェームズ・マカヴォイと聞いて
主演はキーラ・ナイトレイなのかな~
と思いましたが、こち
らは「プラダを着た悪魔」のアン・ハサウェイ
  キュートな魅
力を封印して、頑固な文学少女を演じていましたね。
 
マカヴォイくんは、相変わらずちょっと“優柔不断”気味な所が
あり、ジェインを振り回しますが、 幾度酷い目に合わされても
ジェインは一途…しかし最後には
この時代って、 やっぱり
身分とか、貧富の差とかは越えられないんでしょうかね…
朗読のシーンに始まり、朗読のシーンで終わる、奇麗な結末
ではありましたね
 

 
 
「ジェイン・オースティン 秘められた恋」(2007年)
監督 ジュリアン・ジャロルド
製作 グレアム・ブロードベンド、ロバート・バーンスタイン、ダグラス・レイ
原案 ジョン・スペンス 『ビカミング・ジェイン・オースティン』 キネマ旬報社
脚本 サラ・ウィリアムズ、ケヴィン・フッド
撮影 アイジル・ブリルド
音楽 エイドリアン・ジョンストン
出演 アン・ハサウェイ       (ジェイン・オースティン)
    ジェームズ・マカヴォイ   (トーマス・ルフロイ)
    ジュリー・ウォルターズ   (オースティン夫人)
    ジェームズ・クロムウェル (オースティン牧師)
    ジョー・アンダーソン     (ヘンリー・オースティン)
    アンナ・・マーティン     (カサンドラ・オースティン)
    マギー・スミス         (レディ・グレシャム)
    ローレンス・フォックス   (ウィスリー氏)
    イアン・リチャードソン     (ラングロイス判事)
 

「オーストラリア」(2008年)

 
「ムーラン・ルージュ」のオーストラリア人監督バズ・ラーマン
同郷のニコール・キッドマン(「めぐりあう時間たち」)と
ュー・ジャックマン(「X-MEN」)を主演に迎え戦時下の当
地を舞台に綴るアドベンチー・ロマン。異国の地に降り立っ
た英国貴婦人が 広大な大陸を横断し、 粗野なカウボーイや
先住民アボリジニと交流する姿を スペクタクルな大自然とと
もに描く。

イギリスの貴婦人レディ・サラ・アシュレイは、オーストラリア
から1年以上も帰ってこない夫を訪ねるため、 初めてオース
トラリアを訪れる。そして現地に到着すると、そこに現れたの
は夫ではなくドローヴァーという名の無骨なカウボーイ。彼
サラを領地“ファラウェイ・ダウンズ”へ送り届けるのと引
き換えに、“牛追い”の仕事を約束されていた。初対面は共
に印象が悪く、互いに反感を抱きながら 領地への旅を続け
サラとドローヴァーだったが…。
 

 
大作です
歴史物語です
英雄譚です…例えるなら、「風
と共に去りぬ」「地上より永遠に」「ベン・ハー」「アラビアのロ
レンス」…。でもなんかそれらの映画史に残る名作に比べ
ると、もの足りない感じがしますね…
  監督
、ヒーロー、
ヒロイン、 全て
オーストラリア人で固めて、 力の入った
品であることは間違いないのですけどねぇ~
 
まあ、悪くはないんですよ…。ニコール・キッドマンの
貴婦
人、ヒュー・ジャックマンの
荒くれカウボーイ、それぞれに
ハマリ役です。アボリジニに対する人種的な偏見や米西部
劇のような開拓者の歴史内容も盛りだくさんですしね
がいけなかったのかな…悪役デヴィッド・ウェンハムの典型
な描き方
やっぱり、物語や人物描写の背景などに“深
み”が足りなかったからなのか…
 

 
あと、第二次大戦の
日本軍の描かれ方はちょっとキツか
ですね
 
 
「オーストラリア」(2008年)
監督 バズ・ラーマン
製作 バズ・ラーマン、G・マック・ブラウン、キャサリン・ナップマン
原案 バズ・ラーマン
脚本 バズ・ラーマン、スチュアート・ビーティー、ロナルド・ハーウッド 他
撮影 アンディ・ウォーカー
音楽 デヴィッド・ハーシュフェルダー
出演 ニコール・キッドマン    (レディ・サラ・アシュレイ)
    ヒュー・ジャックマン     (ドローヴァー)
    デヴィッド・ウェインハム (ニール・フレッチャー)
    ジャック・トンプソン    (キプリング・フリン)
    ブライアン・ブラウン    (キング・カーニー)
    エッシー・デイヴィス    (キャサリン・カーニー)
    ブランドン・ウォルターズ  (ナラ)
    デイヴィッド・ガルピリル  (キング・ジョージ)
 

二大名物!【ばくだん揚げ】と【ねのひ揚げ】
お久しぶり~の銀座ランチのグルメリポートは『ねの
ひ』から 二大名物の【ばくだん揚げ】と【ねのひ揚げ】
です

 
まずは【ばくだん揚げ】これは鶏ミンチに長ネギや
ネギを肉団子にして揚げたもの。 鶏肉は“せせり”
とよばれる首のところの肉を使っているんだそうな
 
ちっちゃい拳大の“ばくだん”3個が食べられる定食
はボリュームたっぷり
食べごたえがありますな
 
【ばくだん定食】

【ねのひ揚げ定食】

 
お次は【ねのひ揚げ】。こちらは鶏の一枚肉に衣を
付けて揚げたものに甘辛ダレを上からタラ~リ…

ご飯に合わないわけはないですね
ダイエッ
の強敵です
 
両方メチャクチャ美味いんだけど…僕は【ねのひ
げ】の方が好みです
両方食べたい人には、【ミッ
クス定食】があるので、ご安心を~
 
 
焼鳥 ねのひ 本店 (℡:03-3541-7356)
東京都中央区銀座3-13-5
ばくだん定食   750円
ねのひ揚げ定食  800円
立田揚げ定食   750円(手羽肉のから揚げ)
ミックス定食     750円(ばくだん揚げ、ねのひ揚げ)
サービス定食    750円(ばくだん揚げ、まぐろ刺身)
🌸3/16 今年の桜-早咲きの河津桜から

 
まだまだ寒い日が続きますが、会社の近くで
早咲きの

河津桜が咲いているのをみつけましたよ~
 

 
春はすぐそこまで来てるんだね…




今日、銀座は大混雑!大混乱…(>_<)

 
今日、銀座に世界最大規模のユニクロ銀座店がオープン
銀座3丁目にあるApple Storeで新型 iPadの発売もあった
けど、こちらユニクロには1000人の行列ができたとのこと
 

 
ちょっと、お昼休みにのぞいてきました
 いや~
  スゴイ
大行列でした…。 銀座も大混乱、大パニック
  まあでも、
こういうのってお祭りだからねぇ~
 
「地上5センチの恋心」(2006年)

 
夫に先立たれた平凡な中年女性と人気ロマンス作家の
キュートな恋模様をファンタジックに綴る大人のラブ・コメ
ディ。 主演は「女はみんな生きている」のカトリーヌ・フロ
と「ブルー・レクイエム」のアルベール・デュポンテル。監
督は舞台や小説家として活躍してきたが、 本作が映画
監督デビューとなるエリック=エマニュエル・シュミット。

早くに夫を亡くしたオデットは、昼はデパートの化粧品売
り場で働き、 夜は羽根飾りの内職をして2人の子どもを
育てている。 そんな彼女の一番のお気に入りは寝る前
に読むロマンス小説。ある日、憧れの作家バルタザール
のサイン会で気持ちを伝えられなかった彼女は思いの
丈をフンレターにしたため別の日のサイン会で手渡す
ことに成功する。 一方、最新刊を批評家に酷評され、挙
げ句に その男が妻の浮気相手と知り打ちのめされてい
たバルタザールは、オデトのフンレターに励まされ…。
 

 
これは、意外な拾いモノかもしれないですねぇ~
 
フランス映画らしい“不思議ちん”が主役なんだけど、
これがまさに アメリ のおばちゃん版みたいな可愛い
女性なんだよね
 デパート&内職で働くオデットは、ゲ
イの息子と男を引っ張り込んで同棲している娘のダメダ
メ兄妹2人を育てている健気な女性。 しかも、イケメン作
家の熱狂的ファン
 
そんなオデットは誰にたいしても献身的に接する。憧れ
のバルタザールも家に居候させ、何かと世話を焼く。そ
れでも、妻と子の元に返してあげるんだよね…。ただし、
最後に大ドンデン返しがあって、何とハピーエンドに
あなたもこの映画を観たら、きっと オデットを応援したく
なっちゃいますよ~
 

 
 
「地上5センチの恋心」(2006年)
監督 エリック=エマニュエル・シュミット
製作 ガスパール・ドゥ・シャヴァニャック
脚本 エリック=エマニュエル・シュミット
撮影 カルロ・ヴァリーニ
音楽 ニコラ・ビオヴァーニ
出演 カロリーヌ・フロ       (オデット・トゥールモンド)
    アルベール・デュポンテル(バルタザール・バルザン)
    ジャック・ウェベール     (オラフ・ピムズ)
    ファブリス・ミュルジア     (ルディ・トゥールモンド)
    ニナ・ドレイク         (スー・エレン・トゥールモンド)
    カミーユ・ジャピィ       (ナディーヌ)
    アラン・ドゥテー       (編集者)
    ジュリアン・フリゾン     (フランシス)
    ローランス・ダムリオ    (イザベラ)