2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
「名もなきアフリカの地で」(2001年)

 
「ビヨンド・サイレンス」「点子ちゃんとアントン」のカロリーヌ・
リンク監督が、シュテファニー・ツヴァイクの自伝的小説を映
画化した家族の愛の物語。 ナチスの迫害を逃れアフリカに
移住したユダヤ人一家が全く異なる文化の中で一度は
れかけた家族の絆を再び取り戻していくまでを真摯に見つ
めた感動作。 2002年度のアカデミー最優秀外国語映画賞
を受賞。
 
1938年4月、 少女レギーナと母イエッテルはナチスの迫害
を逃れるため 故郷のドイツを後にし、先にケニアに渡って
た父ヴァルターのいるロンガイの農場へとやってきた。
ツでは弁護士をしていたヴルターもここでは農場で働く
介の労働者。予想を超える過酷な生活に お嬢様育ちのイ
エッテルは耐えられず弱音を吐いてばかり。 そんな母を尻
目に、 レギーナは料理人のオウアやケニアの子どもたちと
すぐに仲良くなりアフリカの大地でたくましく成長していく。
 

 
今週月曜日(日本時間)にアカデミー賞の授賞式が行われ
ましたが、最近気になっているのがアカデミー外国語映画
賞受賞作品
2008年度
「おくりびと」受賞以来チャン
あれば観るようにしていますが名作、秀作が多いですね
下記の表にあるように、 直近のもの以外はほとんど観て
たのですが、この2002年度「名もなきアフリカの地で」のみ
でしたが、ようやく観ることが出来ました
 
特に外国語映画賞は、
戦争を題材にしたものが多く、こ
作品も第二次世界大戦のナチスドイツ
と、ユダヤ人の
問題がテーマです。 夫は弁護士、 妻は上流階級、 娘は聡
明、絵に描いたような幸せな家族がナチスのユダ人迫
害によって アフリカに逃げざるを得なくなります。 アフリカ
に馴染み宗主国
イギリスの軍隊に入る夫取り
残さ
妻は迷走し、娘は全寮制の学校に入れられる。
 

 
それぞれが悩みを抱え幸せを模索する。やはり戦は悲
惨だな…と、観ているこちらも気持ちが荒んでいきすが、
希望あるラストシーンには救われます。 機会があれば、
観ていただきたい作品の一つです
 
 
「名もなきアフリカの地で」(2001年)
監督 カロリーヌ・リンク
製作 ベルント・アイヒンガー、ペーター・ヘルマン、ミヒャエル・ウェバー
原作 シュテファニー・ツヴァイク
脚本 カロリーヌ・リンク
音楽 ニキ・ライザー
出演 ユリアーネ・ケーラー  (イエッテル・レドリッヒ)
    メラーブ・ニニッゼ   (ヴァルター・レドリッヒ)
    レア・クルカ       (レギーナ・レドリッヒ:幼年)
    カロリーネ・エケルツ  (レギーナ・レドリッヒ:10代)
    シデーデ・オンユーロ (オウア)
    マティアス・ハビッヒ  (ジュスキント)
 

 
アカデミー外国語映画賞受賞作品の歴史(近年)
★1999年(72回)『オール・アバウト・マイ・マザー』 スペイン
☆2000年(73回)『グリーン・デスティニー』 台湾
★2001年(74回)『ノー・マンズ・ランド』 ボスニア・ヘルツェゴビナ
★2002年(75回)『名もなきアフリカの地で』 ドイツ
★2003年(76回)『みなさん、さようなら』 カナダ
★2004年(77回)『海を飛ぶ夢』 スペイン
★2005年(78回)『ツォツィ』 南アフリカ共和国
★2006年(79回)『善き人のためのソナタ』 ドイツ
★2007年(80回)『ヒトラーの贋札』 オーストリア
★2008年(81回)『おくりびと』 日本/滝田洋二郎
  2009年(82回)『瞳の奥の秘密』 アルゼンチン
  2010年(83回)『未来を生きる君たちへ』 デンマーク
  2011年(84回)『別離』 イラン
☆は鑑賞済み、★はブログアップ済み、無印は未見。
スポンサーサイト