2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
「アーサーと魔王マルタザールの逆襲」(2009年)

 
リュック・ベッソン監督が、自身のベストセラー児童書を
実写とCGアニメで映画化する全3部作のファンタジー・
アドベンチャー第2弾。 前作で魔王マルタザールからミ
ニモイの国と王女セレニアを救ったアーサーが、再び彼
らの危機に直面し、ミニモイの国に身を投じる。 主演は
のフレディ・ハイモア。
 
ミニモイ族を存亡の危機から救ったアーサー。 彼は10
目の満月の夜にミニモイの国への扉が開き王女セ
レニアや仲間たちと再会できることを楽しみにしていた。
そんなある日一匹のクモが“助けて”と書かれた米粒
を彼に届ける。 ミニモイの国が、再び危機にさらされて
いることを知たアーサーは、宿敵マルタザールを倒し、
ミニモイを救うため、再び立ち上がる…。
 

 
いや~
 しかし、どうなんだろうね…
 前作「アーサ
とミニモイの不思議な国」は、確かに楽しかったんだ
よねぇ
 でも、この2作目はちょっと楽しめないな~。
まず、本当にエンデングが
ツリと切れている所。
「スター・ウォーズ」の2作目(帝国の逆襲)も途中ブツ
切れだけど、一応ルークが助かり、手首を治療(修理)
するという“一段落”がついてました。この作品の突然
はちょっとイタダケナイ…。
 
次に、キャストがしょぼい
 マドンナがセレナ・ゴメス
に、ロバート・デ・ニーロがデイヴィッド・ガスマンに、デ
ヴィッド・ボウイがルー・リードに…。よほど製作費をケ
チったのかな
 こりゃー、3部作の3作目に期待する
しかないですな~
 ちなみに、日本語吹き替えキャ
ストも戸田恵梨香、えなりかずきらが降板しています。
なんでですかねぇ~
 

 
 
「アーサーと魔王マルタザールの逆襲」(2009年)
監督 リュック・ベッソン
製作 リュック・ベッソン、エマニュエル・ブレヴォスト
原作 リュック・ベッソン 『アーサーと魔王マルタザールの逆襲』
原案 セリーヌ・ガルシア
脚本 リュック・ベッソン
撮影 ティエリー・アルボガスト
音楽 エリック・セラ
出演 フレディ・ハイモア    (アーサー)
    ミア・ファロー      (おばあちゃん)
    ロナルド・クロフォード (おじいちゃん)
    ペニー・バルフォー   (ママ)
    ロバート・スタントン   (パパ)
    スヌープ・ドッグ      (マックス)
    ファーギー          (リプレイ)
    ルー・リード        (マルタザール)
    ジミー・ファロン      (ベタメッシュ)
    セレナ・ゴメス      (セレニア)
    デイヴィッド・ガスマン (国王)
 

スポンサーサイト