2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
「アデル/ファラオと復活の秘薬」(2010年)

 
漫画家タルディ によるフランスで人気のコミックス・シ
リーズをリュック・ベッソン監督が映画化したヒロイン・
アドベンチャー。アデルを演じたルイーズ・ブルゴワン
は、テレビ番組にて“ミス天気予報”として人気を博し
た若手女優。共演には、「潜水服は蝶の夢を見る」
マチュー・アマルリック。
 
1911年。 世界の不思議と秘宝を追う女性ジャーナリ
ストアデルは最愛の妹の命を救うため、古代エジ
トの“復活の秘薬”を求めてエジプトへとやって来る。
やがて、カギを握るラムセス2世に仕えた医師のミイ
ラに辿り着くが、 宿敵のデュールヴーに行く手を阻ま
れてしまう。同じ頃、パリでは謎の怪鳥が現われ
々を恐怖に陥れていた…。
 

 
これも公開当時話題になってたけど、観るチャンスが
なく、気になっていた作品でした。 ただ観る前の予
想には反してコメデ映画だとはね…
 「ハムナプト
ラ」のフランス版とか 「インディ・ジョーンズ」の女性版
のように考えていたんだけど、結果は“笑えないコメ
ディ”でしたね
  まあ、原作が漫画だから仕方ない
だけど…。
 
主演のアデル役 ルイーズ・ブルゴワンは仏モナコ
TVで“コスプレお天気お姉さん”として有名だそうで、
本作でも9種類の
衣装
を着こなしたというこ
です。 日本にも杉崎美香、高樹千佳子、小林真央、
皆藤愛子…など、いろいろといそうです

らしい勝気の美女
 途中、妹の姿に多少ビビ
たけど、入浴シーンの“サービス”まで…
 

 
次回作があるかどうかは分からないけど(Titanic

意味深)、 目を離せない女優がまた一人誕生
したといえるでしょう
 
 
「アデル/ファラオと復活の秘薬」(2010年)
監督 リュック・ベッソン
製作 ヴィルジニー・ベッソン=シラ
原作 ジャック・タルディ
脚本 リュック・ベッソン
撮影 ティエリー・アルボガスト
音楽 エリック・セラ
出演 ルイーズ・ブルゴワン   (アデル・ブラン=セック)
    マチュー・アマルリック   (デュールヴー)
    ジル・ルルージュ      (カポニ警部)
    フィリップ・ナオン      (メナール教授)
    ニコラ・ジロー       (アンドレイ・ズボロフスキー)
    ジャッキー・ネルセシアン(エスぺランデュー教授)
    ジャン=ポール・ルーヴ  (ジュスタン・ド・サン=ユベール)
    ロール・ド・クレルモン   (アガット・ブラン=セック)
 

スポンサーサイト