2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
「K-20 怪人二十面相・伝」(2008年)

 
江戸川乱歩が生み出した希代のダーク・ヒーロー怪人二十
面相を巡る様な謎をユニークな解釈で解き明かす劇作家・
北村想の同名ミステリーを、金城武と松たか子の共演で映
画化した痛快冒険活劇。二十面相に嵌められ濡れ衣を着
せられた曲芸師が、 自らの汚名をそそぐべく奔走する姿を、
レトロな味わいの中 ユーモアを織り交ぜつつアクション満
載に綴る。監督は「エコエコアザラク」の佐藤嗣麻子。
 
1949年、第二次世界大戦を回避した日本の帝都。 そこは、
19世紀から続く華族制度により 極端な貧富の格差が生ま
れ、ごく一部の特権階級が富を独占する社会となっていた。
巷ではそんな富裕層だけを狙い 鮮やかな手口で窃盗を
繰り返す怪人二十面相“K-20”が出現していた。 ある日、
サーカス団に所属する天才曲芸師・遠藤平吉は、見知らぬ
紳士から羽柴財閥の令嬢と名探偵・明智小五郎の結納の
儀を写真に撮ってほしいとの依頼を受けるのだが…。
 

 
「シャーロック・ホームズ」がきたので、お次は「アルセーヌ・
ルパン」といきたいところなのですが…適当な作品が無い

でも、日本にはありま
した
金城武主演、 「K-20 怪
人二十面相・伝」です
 
同じく、日テレが製作に加わって
ーン)」 に近い雰囲気ありましたね。いずれの作品にも
じるところなのですが、思っていたより 面白いんですよ

 
金城武と松たか子のヒーロー&ヒロインはちょっとおとぼ
け顔で愛嬌のあるタイプ
  それに対して、鹿賀丈史と仲
村トオルは“どうだ顔”が出来る舞台映えする俳優
 
クションあり、 特撮CGあり、 コメディありで、 幕の内弁当の
ようですが、 意外なほど美味しい中身になってます
 
城クンは台湾、香港、中国
、日本
で活躍してるけど、
最近は“どうなの~
 「恋する惑星」とか「神様、もう少
しだけ」とか、懐かしいね…
 

 
 
「K-20 怪人二十面相・伝」(2008年)
監督 佐藤嗣麻子
製作 島田洋一、阿部秀司、島谷能成 他
原案 北村 想 『完全版 怪人二十面相・伝』
脚本 佐藤嗣麻子
撮影 柴崎幸三
音楽 オアシス 『ショック・オブ・ザ・ライトニング』
出演 金城 武  (遠藤平吉)
    松 たか子 (羽柴葉子)
    國村 準  (源治)
    高島礼子  (菊子)
    益岡 徹  (浪越警部)
    今井悠貴  (シンスケ)
    本郷秦多  (小林芳雄)
    大滝秀治  (羽柴会長)
    鹿賀丈史  (怪人二十面相)
    仲村トオル  (明智小五郎)
 

スポンサーサイト