2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
NHKドラマ10「八日目の蝉」

 
直木賞作家・角田光代のベストセラー小説をNHK火曜日『ドラマ
10』枠で全6回にわたり放送。不倫相手の赤ちゃんを誘拐した女
性が、 捕まるまでの5年にわたりと娘として濃密な時間を過ご
した逃亡生活の顛末と 誘拐犯に育てられた少女が成長し
て過去と向き合い、 自らの人を歩みだす姿を描く。 主演は、
が初主演となる檀れい。共演に北乃きい、岸谷五朗
 
会社の同僚との不倫で妊娠し、中絶手術の後遺症で二度と子供
を産めない体となったOL野々宮希和子は自らにケリをつけるべ
く、夫婦の留宅に忍び込むと、衝動的にその子供を連れ出して
しまう。 その後、小田原、名古屋、岐阜のホームなどを転々とし、
小豆島にたどり着いた希和子と “薫”はつかの間の幸せを手に
れたかにみえたのだが…。
 

 
映画に続いて、2010年にNHKで放送された連続ドラマをCS放送
で連続観賞しました。 これ、 最初にどちらを観たかによって微妙
すね…。  私は最初に観た映画の方にどうしても気持ちが入っ
てしまうのですが、ドラマは45分×6回分の4時間半に及ぶ力作
だけに、こちらも捨てがたい魅力があります。 特に、小豆島で希
和子と薫を見守る・篠原文治(岸谷五朗)を登場させたことです。
 
この岸谷がいい味出してます
 粗野で、無口で、女嫌いの文治
がこの親子を守る姿は本当に魅力的でした
  ただ、主役・希和
子は壇れいも頑張ってはいたけど、永作博美の勝ちかな
 北乃
きいは結構な熱演でした
  映画と違うのは、永井千草(マロン)
役が全く目立たなかったこととエンディングでしょうかね…。どう
違うのかは、観てのお楽しみです
 

 
 
ドラマ10「八日目の蝉」(2010年3月30日~5月4日)
脚本 浅野妙子
演出 佐々木章光、藤尾 隆
原作 角田光代 『八日目の蟬』 (中公文庫)
制作 大加章雅、黒澤 淳
音楽 城 南海 『童心 ~私の宝物~』
出演 檀 れい  (野々宮希和子)
    北乃きい  (秋山恵理菜)
    小林星蘭 (野々宮薫)
    板谷由夏 (秋山恵津子)
    津田寛治 (秋山丈博)
    藤田弓子 (長谷川ナオミ=エンゼル)
    高畑淳子 (高石敬子=サライ)
    坂井真紀 (沢田久美=エステル)
    吉行和子 (沢田昌江)
    岸谷五朗 (篠原文治)
スポンサーサイト



「ディア・ドクター」(2009年)

 
「ゆれる」の西川美和監督が人気落語家の笑福亭鶴瓶を主演に
迎え、過疎の進む小さな村で住民から信頼され慕われていた一
人の医師を巡て巻き起こる騒動を描いた異色のヒーマン・ス
ーリー。 共演は瑛太、余貴美子、八千草薫。

山あいの小さな村。 数年前、長らく無医村だったこの地に着任し
て以来村人から絶大な信頼を寄せられている医師、伊野治。そ
んな彼のもとに東京の医大を卒業した青年・相馬が研修医とし
てやって来る。 最初は戸惑い、困惑する相馬だったが、村の人々
に親身になって献身的に接する伊野の姿に 次第に共感を覚え、
日々の生活にも充実感を抱き始めていく。そんなある日、一人暮
らしの未亡人かづ子の癌を家族に知られないように奔走した結
果、伊野は次第に追い込まれていくことになる…。
 

 
若干37歳の女流監督・西川美和さん。 これまでに、「蛇イチゴ」
「ゆれる」彼女の作品を観てきましたがハズレなしですね
「蛇イチゴ」は今から10年前なんで、当時27歳
兄(宮迫博之)
に翻弄される妹(つみきみほ)の描写が見事でした。「ゆれる」
もう言うまでもありませんね
 兄(香川照之)と弟(オダギリジョ
ー)の“虚実の狭間にある関係”を描いた作品は、日本映画の傑
一つになったと思います。
 
そして、長編第3弾の「ディア・ドクター」ですよ
今度は笑福亭
鶴瓶を持ってきましたか
これは、ズルいですね…
下手した
ら、今一番の存在感のアル顔じゃないですか~この人
「母べ
え」「おとうと」…主役以上の存在感でしたからね
脇の余貴美
子はもう名人芸の域さえ感じます
「おくりびと」「悪人」「ディア・
ドクター」「八日目の蟬」…近年の日本映画の名作には 必ずこの
人は欠かせません。
 

 
また、狂言回しとサポート役に徹した瑛太。それにある意味、こ
物語の
キーになる八千草薫、そして最近、
歌舞伎界に進出
た香川照之。 みなさん、見事なアンサンブルでした
最後に監
の演出に話を戻しますが伊野が失踪した後の村人の対応や、
最後のオチのつけた方など…この人は、なんか心のツボを知って
いるんだろうね
  “その嘘は罪ですか。”その答えは人の数
あるのかもしれない…。
 
 
「ディア・ドクター」(2009年)
監督 西川美和
製作 加藤悦弘
原作 西川美和 『きのうの神さま』 (ポプラ社)
脚本 西川美和
撮影 柳島克己
音楽 モアリズム 『笑う花』
出演 笑福亭鶴瓶 (伊野 治)
    瑛太      (相馬啓介)
    余貴美子   (大竹朱美)
    井川 遥    (鳥飼りつ子)
    松重 豊    (波多野行成)
    岩松 了   (岡安嘉文)
    笹野高史   (曽根登喜男)
    中村勘三郎 (勅使河原恭平)
    香川照之   (斎門正芳)
    八千草薫   (鳥飼かづ子)
 

「マチェーテ」(2010年)

 
ロバート・ロドリゲス監督が盟友クエンティン・タランティーノと組み、
B級映画へのオマージとして撮り上げた二本立て映画「グライン
ドハウス」。その予告編劇場上映のためだけに作られた架空の映
「マーテ」を、ロドリゲス監督自ら実際に長編映画として完成
させたバイオレンス・アクション。 主演は「デスペラード」「スパイキ
ズ」シリーズはじめロドリゲス作品には欠かせないコワモテ俳優
ダニー・トレホ。 共演にはスティーン・セガール、ミシェル・ロドリ
ゲス、ジェシカ・アルバ、ロバート・デ・ニーロなど豪華キャストを集
めた。

麻薬王トーレスによって、愛する家族を殺されたメキシコの元連邦
査官マチェーテ。 今はアメリカのテキサスで不法移民に身をや
つし、復讐の時を待っていた。 ある日、彼は高額の報酬と引き換
えに、不法移民の弾圧を目論む悪徳政治家マクラフリンの暗殺を
依頼される。 しかしそれは、不法移民排斥を有利に進めるために
仕組まれた巧妙な罠だった… そして、アメリカ移民局の美人捜
査官サルタナは、 タコスを販売しながら不法移民を裏で支援する
ルースを内偵調査していると、そこにはマチェーテの姿が…。
 

 
ロバート・ロドリゲス&クエンティン・タランテーノ…洒落や冗談の
つもりだったんじゃないかな
彼らが完全に趣味で作「プ
ネット・テラー」「デス・プルーフ」。 ブルース・ウィリスやカート・
セルも趣味で出演しちゃうくらいなんだけど、さらにその映画を
劇場公開した時の“存在しない予告映画”として作られた2分くら
いの動画「マチェーテ」。それを、105分の長編映画に仕上げたん
だから、洒落もここまでくればたいしたもの
 
しかもこの洒落につき合うのがジェシカ・アルバ、ミシェル・ロド
リゲスリンジー・ローハンドン・ジョンソン、スティーヴン・セガー
ル、ロバート・デ・ニーロ…。 セガール、デ・ニーロ、ジョンソンはバ
リバリの極悪人だし、ローハンは“薬中”の役。 それにロドリゲス
作品には欠かせないチーチ・マリンもマチェーテの兄役でしっか
り出演を果たしている。「デスペラード」「レジェンド・オブ・メキシコ」
「グラインドハウス」「スパイキズ」…。やっぱりこの2人がそろわ
ないとねぇ~
 

 
 
「マチェーテ」(2010年)
監督 ロバート・ロドリゲス、イーサン・マニキス
製作 クエンティン・タランティーノ、ロバート・ロドリゲス、エリザベス・アヴェラン
脚本 ロバート・ロドリゲス、アルヴァロ・ロドリゲス
撮影 ジミー・リンゼイ
音楽 ジョン・デブニー
出演 ダニー・トレホ      (マチェーテ)
    ジェシカ・アルバ     (サルタナ)
    ミシェル・ロドリゲス   (ルース)
    チーチ・マリン      (パードレ)
    リンジー・ローハン   (エイプリル・ブース)
    ジェフ・フェイヒー    (マイケル・ブース)
    ドン・ジョンソン      (ヴォン・ジャクソン)
    スティーヴン・セガール (麻薬王トーレス)
    ロバート・デ・ニーロ   (マクラフリン上院議員)
 

湊かなえ 『境遇』
湊かなえ 『境遇』 (双葉社) 1,470円
 

 
[ストーリー]
誘拐事件の裏に隠された“真実”の意味とは
人と人との“絆”
を描くヒューマンミステリー。デビー作の絵本『あおぞらリボン』
がベストセラーとなった陽子と、新聞記者の晴美は、親友同士。
共に幼いころ親に捨てられた過去を持つ。ある日、「真実を公表
しなければ、息子の命はない」という脅迫状とともに陽子の息
子が誘拐された。ふたりが辿り着いた「真実」とは…。
 
***************************************************
 
昨年の12月3日にドラマが先に放送された 湊かなえさんの『境
遇』。 図書館予約から半年
ようやく
読むことができました。
正直、ドラマの印象もだいぶ薄れてきてはいるんですが…主役
の高倉陽子役が松雪泰子だったのが“ものすごい違和感”を感
じたことは覚えています。
 
それに対して、相田晴美役のりょうは、まさに適役でしたね~
あの陰をたたえたシャープな顔立ちと、不遇な生い立ち、親友に
対する憎しみや、 コンプレックスなど、 魅せてくれました。 ただ、
ドラマと 原作(ドラマのための書き下ろしだったようですが…)は
少し違ってたのかな
 
最後の場面一つをとっても、ドラマ版では子供を誘拐された親と
誘拐犯が全てを許し合うみたいな“どこか嘘ぽい”エンデ
だったように記憶していますが…小説では晴美は陽子とは別の
人生を歩みだし、 陽子の息子が善悪の判断ができるようになっ
た事件から約10年後、勤め先の新聞社に自分の罪を告白する。
 
みたいなね…
でも個人的にはもっとドロドロして悪意が見
えるような 湊さんの小説を期待してしまうというのは自分の性
格が相当悪いからなんでしょうかねぇ~




昨日の金環日食♪
みなさんはご覧になったでしょうか
 昨日の金環日食。
 

 
私の地元では、
海沿いの地域ということもあり、
雲がかかり、とても無理だろうと思ってましたが…本
当に“金環状態”になった一瞬後、雲間から
しっかり

金環日食を観ることが出来ました
 

 
その時に使た『日食観察用のメガネ』と、
携帯撮影
なので、不鮮明ですが日食時の写真をアップしました。
それがよく観るとレンズの反射によるものなのか…
右下の方に完全金環状態のちっちゃな太陽がぁ~
 
ちなみに、本物の
太陽は中央で薄雲に遮られている
ヤツです。これって、奇蹟的なショットなんじゃな~い
有川 浩 『阪急電車』
有川 浩 『阪急電車』 (幻冬舎文庫) 560円
 

 
[ストーリー]
隣に座った女性は、よく行く図書館で見かけるあの人だった…。
片道わずか15分のローカル線で起きる小さな奇跡の数々。 乗
合わせた乗客の人生が少しずつ交差し、 やがて希望の物
紡がれる。 恋の始まり別れの兆し途中下車―人数分の
マを乗せた電車はどこまでもは続かない線路を走っていく…。
ほっこり胸キュンの傑作長篇小説。
 
***************************************************
 
あまりに映画が良かったので、すぐ手に入れて読みました~
ストーリーも、ディテールも 知っているはずなのに…やはり翔子
とショウコの小林(おばやし)駅のシーンになると、
涙ぐんでし
いました。 通勤の●江戸線の
電車の中で…最近、涙腺が
とみに緩んでいるようです
 
それに、 この物語が素晴らしいのは、 登場人物のイメージが原
作と映画で全くブレていないことです
 同僚に婚約者を寝取ら
て結婚式に純白のドレスを着て“討ち入り”する高瀬翔子(中
谷美紀)。DV彼氏の暴力に悩まされる女子大生・森岡ミサ(戸
田恵梨香)。夫と子供に遠慮しながら、PTAの図々しいおばち
んと高いランチに行かなければならない庶民派主婦・伊藤康江
(南果歩)。
 
名前にコンプレクスがある田舎育ちの権田原美帆(谷村美月)
と、軍オタ&ヘビメタの時代に取り残された若者・小坂圭一(勝
地涼)のカップル
  今どきの女子高生・門田悦子(有村架純)
と大卒の社会人なのにかかわらずモノを知らない遠山竜太(玉
山鉄二)のバカップル
 
そして、“曲がったことは大嫌い” な凛とした老婦人・萩原時江
(宮本信子)と、無邪気ながら“大人がドキッとする”ような発言
をしてしまう時江の孫・亜美(芦田愛菜)。唯一、映画化で省か
れた『征史とユキのエピソード』は
au「LISMO」での映像配信
があったとのこと。永井大と白石美帆が演じた2人のエピも、観
てみたいものですね
「大鹿村騒動記」(2011年)

 
300年もの間守り継がれてきた“村歌舞伎”が存在する長野
の小さな村“大鹿村”を舞台に、 公演を5日後に控えた村で巻
起こる悲喜こもごもの騒動を原田芳雄主演で描くヒーマン群像
コメディ。監督は「どついたるねん」「行きずりの街」の阪本順治。

長野県下伊那郡大鹿村。南アルプスの麓に位置するこの小さな
村は、 300年以上の歴史と伝統を誇る村歌舞伎が自慢。 シカ料
理店を営む風祭善は、その大鹿歌舞伎の花形役者。しかし、実
生活ではかつて女房の貴子に逃げられて以来、寂しい一人暮
らしの日々。そんな中、村ではリニア新幹線の誘致を巡って喧々
囂々、公演が5日後に迫っても、善以外はなかなか稽古に身が
入らない。するとそこへ、貴子が駆け落ち相手の治と一緒に戻っ
てきた。 しかも治は、認知症を患った貴子を持て余し、善に返す
と言い出すのだが…。
 

 
原田芳雄さん亡くなってしまいましたね…
この映画の撮影の
頃はまだお元気でした。 大腸癌が発見されたのが2008年暮頃
なんで、撮影は2009年~2010年くらいでしょうか
映画公開前
の2011年7月11日のプレミア試写会
での痩せ細た姿が印
象的でした。 当時は、腸閉塞と誤嚥性肺炎をさらに腰部脊柱管
狭窄症を悪化させ、 喉も炎症を起こす
満身創痍の体だったそ
うです。謹んでご冥福をお祈りいたします
 
さて 本編に関してですが、原田芳雄、大楠道代、岸辺一徳の3
人についてはもう何も言うことはありません。絶妙な間合い
妙な掛け合いは名人芸です
また、その周りにも石橋蓮司、で
んでん、小倉一郎小野武彦、三國連太郎などの芸達者を配置。
さらに佐藤浩市、 松たか子、 瑛太など、主役級の役者も客演的
な脇役を演じてくれています。劇中に出てくる原田芳雄さんはテ
ンガロンハットにグラサ
、さ
がに格好良かったですね~
 

 
公開上映の時には1000円の値段設定だったそうです。そこら辺
も粋でしたね
 
 
「大鹿村騒動記」(2011年)
監督 阪本順治
製作 中沢俊明、山田美千子、堤田泰夫、遠谷信幸 他
原案 延江 浩 『いつか晴れるかな』 (ポプラ文庫)
脚本 荒井晴彦、阪本順治
撮影 笠松則通
音楽 忌野清志郎 『太陽の当たる場所』
出演 原田芳雄  (風祭 善)
    大楠道代  (風祭貴子)
    岸辺一徳  (能村 治)
    佐藤浩一  (越田一平)
    松たか子  (織井美江)
    冨浦智嗣  (大地雷音)
    瑛太     (柴山寛治)
    小倉一郎  (柴山 満)
    でんでん   (朝川玄一郎)
    石橋蓮司  (重田権三)
    三國連太郎 (津田義一)
 

「阪急電車 片道15分の奇跡」(2011年)

 
片道わずか15分の関西ローカル線 “阪急電車” を舞台に、そこに
乗り合わせた人々の悲喜こもごもの人間模様を心温まるタッチで
綴った有川浩のベストセラー連作短編集を中谷美紀、戸田恵梨
香はじめ豪華キャストで映画化したハートフル群像劇。 監督は数
々のTVドラマを手掛け、本作で映画デビューとなる三宅喜重。

宝塚から西宮北口までを約15分でつなぐ阪急今津線。 そこには、
様々な事情を抱えた男女が、束の間乗り合わせていた──。
白のドレスに身を包んだOL翔子。 彼女は婚約者を後輩に寝取ら
れてしまい…。 かわいい孫を連れた老婦人の時江は、息子夫婦
との関係に悩む日々…。 彼氏のDVに悩む女子大生のミサ。 ふと
したことから車内で口論となり…。 庶民的な主婦、康江はPTAの
奥様グループの誘いを断ることができず…。関西学院大のおしゃ
れな雰囲気に馴染めない大学生の男女は…。
 

 
この年の日本映画は、 力作揃いですねぇ~
「最後の忠臣蔵」
「八日目の蟬」 「相棒」 「阪急電車」…まだまだレビューいく予

まあこの前年2010年度のレベルも高かった(「悪人」
「告
白」「十三人の刺客」「孤高のメス」)ので、日本映画全体のクオリ
ティが上がっているのでしょう。前置きはさておき、映画の話にし
ましょう
 阪急電車今津線実は東京在住の私でも一度乗
った
ことがあります。 “門戸厄神(もんどやくじん)” という駅名には度
肝を抜かれました…
 
こげ茶色のレトロな車体
、14~5分という短い乗車時間
、そ
して乗り降りする乗客が織りなす人間模様はいずれも
魅力的
です。中谷美紀の花嫁姿は奇麗でしたねぇ~
彼女が同名の
女の子・翔子と語る小林(おばやし)駅のシーンは素敵でした
DV彼氏に悩む田恵梨香、関西の迷惑おばちゃんに悩む南果
歩。それ意外に良かったのが、谷村美月と勝地涼の関学大生
コンビ
軍オタと野草オタの微笑ましいカップル
です。
 

 
最後に宮本信子が、物語を引き締めてくれます。 芦田愛菜との
孫コンビには、ついつい顔がほころんじゃいました
 
 
「阪急電車 片道15分の奇跡」(2011年)
監督 三宅喜重
製作 重松圭一、福井澄郎、松下 康、見城 徹 他
原作 有川 浩 『阪急電車』 (幻冬舎)
脚本 岡田恵和
撮影 池田英孝
音楽 aiko 『ホーム』
出演 中谷美紀  (高瀬翔子)
    戸田恵梨香 (森岡ミサ)
    南 果歩   (伊藤康江)
    谷村美月  (権田原美帆)
    勝地 涼   (小坂圭一)
    有村架純  (門田悦子)
    玉山鉄二  (遠山竜太)
    芦田愛菜  (萩原亜美)
    宮本信子  (萩原時江)
 

「相棒 -劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜」(2010年)

 
水谷豊主演の大ヒット刑事ドラマの劇場版第2弾。 警察組織内
部に渦巻く恐るべき陰謀に立ち向かう特命係の右京、尊の活躍
を骨太のストーリー展開で描き出す。 及川光博、 岸部一徳らの
レギュラー陣に加え、小西真奈美、小澤征悦、宇津井健、 國村
隼ら豪華ゲスト陣も多数出演。 監督は前作に引き続いてのメガ
フォンとなる和泉聖治。
 
警察組織の要所である警視庁本部内で、警視総監以下、 幹部
12名を人質に取った前代未聞の籠城事件が発生する。 犯人か
の要求のないまま時間ばかりが過ぎる中、右京と尊は犯人が
元警視庁刑事の八重樫であることを突き止める。 しかし、そこに
動隊と特殊捜査班が強行突入し、犯人を射殺。 被疑者死亡
のまま引に幕引きを図ろうとする上層部に対し特命係の2
人は独自の調査を開始する…。
 

 
ご存じTV朝日でシーズン10まで続いている「相棒」の劇場版第
シティマラソン」が45億円の興行収入
を記録したが、 こちら第
2弾は32億円と、ちょっと落ちたかな
  まあ、“相棒”も亀山薫
(寺脇康文)から神戸尊(及川光博)に交代してるし、 “相棒”の
位置づけもちょっと変わっているのでしょうね。
 
【静と動】【知性と行動】(右京&薫)から【正攻法と根回し】【はみ
出し者とエリート】(右京&尊)みたいな感じだったんだけど、その
影響もあってか1作目の『マラソン中のテロ予告』に比べ、同じ
ような『警視庁占拠テロ』と思わせといて、実は警視庁と警察庁
との足引っぱり合い騙し合い。小西真奈美小澤征悦石倉
三郎、品川徹、宇津井健、國村準など個性派を配役してます
 

 
ただ、この物語のキーパーソンであった小野田警察庁官房長(岸
辺一徳)が死に、神部が降板…
3年での番組卒業は、残念な
結果となりましたね。 次の相棒は…成宮寛貴だって
 
 
「相棒 -劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜」(2010年)
監督 和泉聖治
製作 早河 洋、平城隆司、神山郁雄、鈴木武幸 他
脚本 輿水泰弘、戸田山雅司
撮影 会田正裕
音楽 池 頼広
出演 水谷 豊   (杉下右京)
    及川光博  (神戸 尊)
    川原和久  (伊丹憲一)
    大谷亮介  (三浦信輔)
    山中崇史  (芹沢慶二)
    山西 淳   (角田六郎)
    六角精児  (米沢 守)
    小西真奈美 (朝比奈圭子)
    小澤征悦  (八重樫哲也)
    石倉三郎  (三宅貞夫)
    品川 徹   (田丸寿三郎)
    宇津井健  (金子文郎)
    國村 準   (長谷川宗男)
    岸辺一徳  (小野田公顕)
 

「八日目の蟬」(2011年)

 
直木賞作家・角田光代の同名ベストセラーを、井上真央と永作博
のダブル主演で映画化したヒューマン・サスペンス・ドラマ。 不
倫相手の赤ちゃんを誘拐した女性が、捕まるまでの4年間にわ
て母と娘として濃密な時間を過ごした逃亡生活の顛末と、 誘
犯に育てられた少女が成長しやがて過去と向き合い、自らの人
を歩みだす姿を描く。監督は「ミッドナイト イーグル」「孤高のメ
ス」の成島出、脚本は「サマーウォーズ」の奥寺佐渡子
 
生後すぐに誘拐され、 犯人の女によって4歳になるまで育てられ
た秋山恵理菜は、そのことがトラウマになり、家族とも恋人とも上
手くつき合えない孤独な人生をおくっていた──。 会社の上司と
の不倫で妊娠し、中絶手術の後遺症で二度と子供を産めない体
となったOL・野々宮希和子は自らにケリをつけるべく、 夫婦の留
宅に忍び込むと、衝動的にその子供を連れ出していた──。4
年後希和子とその“子供”薫は、小豆島で束の間の安寧を手に
入れていたのだが…。
 

 
まあ、力作ですよ
日本アカデミー賞10部門独占受賞ですから

特に素晴らしいのは、野々宮希和子役の永作博美
元々
童顔で幼く見える彼女が、妊娠中絶の結果子供を妊娠できなくな
った末に愛人の乳児を誘拐するという耐える役 抑えた演技、見
事でした。(ブルーリボン賞は主演女優賞なのに、日本アカデミー
は助演女優賞という笑えない結果にはなりましたが
) また、そ
の日本アカデミー主演女優賞受賞の井上真央も熱演ですね
 
さらに、特筆すべきは普段はお色気ムンムンの
ダイナマイトボ
ィーだった小池栄子の変わりようです。 施設に育ち、男性恐怖
症、猫背で地味な女である安藤千草は小池が演じてるのが分か
らない程です
  また、
敢えて突然終わってしまったようなエンデ
ィングも後々まで、心に残る計算が施されていたのでしょう。 “母
性を描いた”この映画の中では、女は蟬、それに対して男はまる
で蟬の抜け殻のようでしたね…。
 

 
 
「八日目の蟬」(2011年)
監督 成島 出
製作 佐藤直樹、野田助嗣
原作 角田光代 『八日目の蟬』 (中央公論新社)
脚本 奥寺佐渡子
撮影 藤澤順一
音楽 中島美嘉 『Dear』
出演 井上真央   (秋山恵理菜)
    永作博美   (野々宮希和子)
    小池栄子   (安藤千草)
    森口瑤子   (秋山恵津子)
    田中哲司   (秋山丈博)
    渡邉このみ  (野々宮薫)
    市川実和子 (沢田久美=エステル)
    余貴美子   (エンゼル)
    劇団ひとり  (岸田孝史)
    田中 泯   (タキ写真館館主)