2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
「夜のピクニック」(2006年)

 
第2回本屋大賞に輝いた恩田陸の同名ベストセラーを映画化。
24時間夜を徹して80キロを歩き続ける学校の伝統行事 “歩行
祭” に参加した高校生たちが繰り広げるほろ苦くも甘酸っぱい
青春模様を等身大かつ ノスタルジックに描き出す。 主演は朝
ドラ「つばさ」「デカワンコ」の多部未華子。 監督は「青空のゆく
え」の長澤雅彦。
 
夜を徹して80キロを歩き通す高校生活最大のイベント“歩行祭”
3年生となり今年が最後の歩行祭となる甲田貴子は一つの
賭けをする。それは、一度も話したことのない同じクラスの西脇
融に話しかけること。 普通の人には簡単なことが、貴子と融の
間ではそうはいかなかった。 その理由は、貴子が親友の美和
子や杏奈にさえ隠し続けるある秘密にあった。 一方、貴子と融
の関係を勘違いしているクラスメイトたちはこの歩行祭の間に
2人をくっつけようと躍起になっていた。
 

 
実際に茨城県水戸市にある水戸第一高校の「歩く会」というの
あって、それをモデルにしてるらしいです。 そういう意味では
岐阜県高山市の斐太高校でやっている、「白線流し」に近いで
すかね…
 ドラマ
懐かしいです。 酒井美紀と長瀬智也、京野
ことみと柏原崇、可愛かったなぁ~
 こちらの、多部美華子と
石田卓也、西原亜希と郭智博も、なかなか良かったよ~
 
映画としては天童荒太原作の、「包帯クラブ」 に近いのかな
あちらほど “青春の痛み” みたいなのは無かったけど貴子と
西脇の関係は複雑です。シングルマザーの貴子の母(南果歩)
も含め西脇より貴子の方が潔いのはやはり女は強いという
ことでしょうかね
  つくづく、男ってダメよねぇ~
 でも、やっ
ぱり青春っていいよね…
 

 
 
「夜のピクニック」(2006年)
監督 長澤雅彦
製作 上原英和、牛山拓二、武部由実子
原作 恩田 陸 『夜のピクニック』 (新潮文庫)
脚本 長澤雅彦、三澤慶子
撮影 小林基己
音楽 MONKEY MAJIK 『フタリ』
出演 多部未華子  (甲田貴子)
    石田卓也   (西脇 融)
    西原亜希   (遊佐美和子)
    郭 智博   (戸田 忍)
    貫地谷しほり (後藤梨香)
    松田まどか  (梶谷千秋)
    柄本 佑   (高見光一郎)
    高部あい   (内堀亮子)
    加藤ローサ  (榊 杏奈)
    池松壮亮    (榊 純弥)
 

スポンサーサイト