2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
10億円の totoBIG!?
先週のスポーツ振興くじ totoBIG 10億円が9口
出たそうですねぇ~
 
実は、私も買ってまして、
 

 
結果はどうかというと、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
1等10億円ではなく、6等570円でした
年末ジャンボでも買おうかなぁ…
スポンサーサイト



伊坂幸太郎 『ガソリン生活』
伊坂幸太郎 『ガソリン生活』 (朝日新聞出版) 1,680円
 

 
 
[作品紹介]
実のところ、日々、車同士は排出ガスの届く距離で会話して
いる。本作語り手デミオの持ち主・望月家は、母兄姉弟の四
人家族。 兄・良夫がある女性を愛車デミオに乗せた日から、
語は始まる―。 凸凹コンビの望月兄弟き込まれたの
は元女優とパパラッチの追走事故
謎が
ひしめく会心の長
編ミステリーにして、幸福感の結晶でもある
ーミン

家族小説。
 
*************************************************
 
語り手は望月家が所有する緑の
デミオ。でも、映画「
ーズ」みたいな車社会の出来事ではなく、人間社会の事件。
なので緑デミオがいくら思ても、念じても、焦っても、人間た
ちには届かない…。緑デミオの持ち主・望月家は女手ひとつ
で三人の子を育てている母・郁子。 人のいい長男・良夫とそ
の弟で大人びた小学5年生の亨。 そして、長女のまどかの四
人家族。 
 
その四人が、ダイアナ妃ばりのドンネル死亡事故に遭遇した
り、 また死体遺棄事件、 はたまた小学校でのいじめなど、さ
まざまトラブルに巻き込まれます。傍で見ている緑デミオは、
“そこは危険だよ!” “それはやっちゃいけないよ!” などの
意思疎通 ができないので、気が気ではないのです…。 そこ
登場するのが大人びた二男の亨。
 
彼が先々に気を配り、またパパラッチの芸能記者という強力
な援軍を得て、絡みに絡んだ事件を解決していきます。その
謎解きの中にも伊坂さんお得意の他作品とのリンクが
かりと張り巡らせてあります
 『オー!ファーザー』 『残り全
バケーション』など。まあ、そういう様々なものを全てひっく
めてラストにまとめてしまうのはさすがの伊坂節ですな
 
こちらが、緑のMAZDAデミオ

「世界侵略:ロサンゼルス決戦」(2011年)

 
エイリアンによる地球侵略が開始され、世界中都市が陥落
ていく中最後の砦となったロサンゼルスで民間人保護に奔
走するアメリカ海兵隊が エイリアンと繰り広げ壮絶な市街
をドキュメンタリー・タッチに描き出すSFスペクタクル・アク
ショ大作。 監督は「タイタンの逆襲」のジョナサン・リーベス
マン。
 
ある日、大量の隕石が地球に降り注ぐ。しかしそれは単なる
隕石ではなかった。 数時間後、世界中の都市は未知の敵に
よる容赦のない攻撃によて次々と陥落していく。そしてロサ
ンゼルスも、壊滅寸前に。そんな中、ロサンゼルス西警察署
に逃げ遅れた民間人5人が取り残されていた。彼らを救出す
べく、退役間近のベテラン兵士ナンツ軍曹をはじめ10人から
なる海兵隊2-5小隊が、瓦礫の山と化した市街地へと進入し
ていくのだが…。
 

 
こちらの作品も、先日紹介した「のぼうの城」同様、本来なら
2011年4月1日の公開予定が…ロサンゼルスの焦土の様
子が震災を思い起こさせるということで、 9月に延期になりま
した また同時期に製作された「スカイライン-征服」との間
での訴訟騒動など、いわく因縁のある作品です。 これで、よ
うやく両作品を観ましたが、好みは分かれるところでしょう。
 
「スカイライン-征服」一方的に侵略される民間人を描い
いわゆる「クローバーフィールド」のような作品ならばこち
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」は軍人が反撃する「インデ
パンデンス・デイ」的な作品。ただ、より軍事的で戦争映画の
様相を呈すこの作品よりは、宇宙人色の強い「スカイライン」
の方が好きかな。私、SF・ファンタジー好きなもんで…
 

 
 
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」(2011年)
監督 ジョナサン・リーベスマン
製作 ニール・H・モーリッツ、オリ・マーマー、ジェフリー・チャーノフ
脚本 クリストファー・バートリニー
撮影 ルーカス・エトリン
音楽 ブライアン・タイラー
出演 アーロン・エッカート  (マイケル・ナンツ二等軍曹)
    ラモン・ロドリゲス   (ウィリアム・マルティネス少尉)
    Ne-Yo          (ケヴィン・ハリス伍長)
    ウィル・ロスハー    (リー・イムレイ伍長)
    ルーカス・ティル    (グレイストン伍長)
    コリー・ハードリクト   (ジェイソン・ロケット伍長)
    ミシェル・ロドリゲス  (エレナ・サントス技能軍曹)
    マイケル・ペーニャ   (ジョー・リンコン)
    ブリジット・モイナハン (ミッシェル)
 

南房総ドライブ旅③(富楽里 とみやま)
南房総の旅、最後に立ち寄ったのは、2年前と同じく道の駅
 

 
こちらは、一般道・外野勝山線から入る【道の駅 富楽里とみ
ま】と、富津館山有料道路の富楽里PAから入れる【ハイウ
ェイオアシス富楽里】が同じ建物の1・2階になっているという
面白い造りになっています。
 

 
名称の 『富楽里』は「山町のしい」と、誰でも「ふらり
と立ち寄れるスポットになってほしいという願いから、公募に
よって命名されたそうです。
 
南房総富山地域の生産者によって作られた野菜や果物。近
くの小浦漁港で水揚げされた地魚を販売する漁協直営市場。
千葉県の特産品びわや落花生を使ったお土産コーナーなど、
盛り沢山
 

 
秋の天候不順で、最近お高くなっている野菜を買い込んでき
ましたよ
 冬瓜、南瓜、レタ菜、エンダイブ、ラディッシュ、甘
長唐辛子、青唐辛子…。
 

 
最後に、【ばんや】でお土産に買った『サバの押し寿司』。そし
て最後の最後は、この日の晴天のおかげで綺麗に見えた
士山の雄姿で、この旅も終りです
 

 
 
道の駅 『富楽里 とみやま』
〒299-2214 千葉県南房総市二部1900
TEL:0470-57-2601 FAX:0470-50-3531
営業時間 9:00~18:00
冬瓜     130円
南瓜     100円
レタ菜     130円
甘長唐辛子100円
青唐辛子   100円
エンダイブ 120円
ラディッシュ 130円
南房総ドライブ旅②(東京湾観音)

 
さて、「南房総ドライブ旅」は保田漁協の【ばんや】の後に立ち
寄ったのは、【東京湾観音】です
 

 
ここ、前から気になっていたんですよねぇ~
  千葉の高速道
路から見ると、東京湾や向こうの館山方面まで
見渡せます。
まさに圧巻の眺望ですよね
 

 
【東京湾観音】は東京深川で木材商を営んでいた宇佐美政衛
が、昭和31年から39年にかけて製作した観音像。平和祈念と、
第二次世界大戦の戦没者の慰霊のために建てられました。
 

 
やはり、近くで見ると迫力ありますねぇ~
 全長は56メートル。
今回は行きませんでしたが、胎内のらせん階段で、1階から20
階の天上界まで登ることができます。
 

 
信心深くなくても、興味のある方は行ってみてはいかがでしょう

 場所は千葉の富津市にあります。
 
 
南房総国定公園 『東京湾観音』
〒293-0042 千葉県富津市小久保1588
TEL:0439-65-1222 FAX:0439-65-1222
拝観時間 8:00~17:00 年中無休
南房総ドライブ旅①(食事処 ばんや)

 
10月15日テレビ朝日の『スーパーJチャンネル』で紹介された
千葉県南房総保田漁協直営の【ばんや】。 以前にも訪れまし
、2年半ぶりに行ってきました
 

 
天気は
快晴で、東京から
京葉道路、館山道路を通って、
鋸南保田ICで降りると、そこはもう保田漁港
 そうこうし
てる
うちに【ばんや】の看板が見えてきましたね~
 

 
まず、店内に入ると本日のお薦め
的なメニューが入り口に
陳列されていますねっ。これらの、どれを食べようかなぁ~
と迷うところですが…
 

 
この日は【ばんや】人気料理べスト2の第2位「朝獲れ寿司」。
そして、第1位のボリューム満点「イカかき揚丼」を食べること
にしました
 

 
「朝獲れ寿司」は850円とお値打ちだし、「イカかき揚丼」はこ
のボリューム
 食べきるのに、カミさんと2人がかりでしたよ。
その他にも、「ムツあら煮」と「ままかり唐揚げ」をオーダー
 

 
「ムツあら煮」は
目玉がいっぱいでギョッとするけど、ちゃ
と下の方に身もありました。 「ままかり唐揚げ」は結局、ほ
とんど食べられずにタッパーで持ち帰りました…。
 

 
 
鋸南町 保田漁協直営 『食事処 ばんや』
〒299-1908 千葉県安房郡鋸南町吉浜99-5
TEL:0470-55-4844 FAX:0470-55-4944
営業時間 9:30~18:30 年中無休
朝獲れ寿司    850円
イカかき揚丼  800円
ムツあら煮    630円
ままかり唐揚げ 420円
伊坂幸太郎 『死神の浮力』
伊坂幸太郎 『死神の浮力』 (文藝春秋) 1,733円
 

 
 
[作品紹介]
娘を殺された。相手は25人に1人の、良心を持たない人間。
一年前、一人の少女が殺された。犯人は近所に住む男。し
かし、証拠不十分となり無罪判決を受ける。被害者の両親
山野辺夫妻は彼が犯人だということを知ていた。 娘の復
讐の機会を狙う夫妻の前に、千葉が現れる…。
 
************************************************
 
前作『死神の精度』は短編集でしたが、本作『死神の浮力』
では、長編になって千葉が再登場
 読み応えが増してい
ますね。ただ、面白さが増したかというと、微妙~
な感じ
がします。“死神”の調査期間は7日…。その7日間の間に、
「可」にするか「見送り」にするか
 可ならば、その人の人
生は終わり、見送りならば人生は続く…。
 
436ページの単行本は、Day1~Day7まで、その千葉と山
野辺の関係が続く訳ですが、ちょっとこの展開がまどろ
しいんですよね~
“死神”には、短編の方が切れ味があ
って良かたのかな…
 ただ、見所もちんとあります。そ
の最たるものが、極悪人・本城に獲りついた死神が 彼を見
送りにした場面
 
えー
 それはないんじゃないの~
  本城が「見送り」で、
山野辺が「可」なんてアリエナ~イ
 この先は読んでの
楽しみということで…
ワインのいただきもの♪

 
ボージョレヌーボーの解禁日が 来週にも迫ってきましたが、
今日はそのワインのお話
美味しそうな
ワインをいただ
きましたよ~
 
 

 
 
まず1本目は、栃木県のココファーム・ワイナリー
から『風のルージュ』。ココファームは、1950年代、
栃木県足利市の障害を持った中学生たちとその
担任教師にて造られたワイナリーです。毎年
11月には【収穫祭】というイベントが催され、それ
に参加した知人からのお土産でいただきました。
2000年の沖縄サミットや、2008年北海道洞爺湖
ミットでも晩餐会や、夕食会に饗されたという、
由緒正しきワインですな
 
 
 

 
 
 
そして2本目は、以前記事で紹介しました 山形県
日町ワインから『マイスターセレクション・バレ
ルセレクション・ルージュ』。山形県産のマスカット
ベリーA種とブラッククイーン種、ツバイゲルトレー
ベ種をフランス産ワイン樽で樽熟成し、 厳選(セレ
クション)したこのワインは 2013年の国産ワインコ
ンクールで銀賞を受賞しています。 こちらは、お
付きのワインと言えそうです
 
「ミケランジェロの暗号」(2010年)

 
第二次大戦下のウィーンを舞台に、 ミケランジェロが描いた一
枚の絵を巡ってナチスを相手に命を懸けた虚々実々の駆け引
きを繰り広げるユダヤ人画商一家の運命をユーモアを織り交
ぜつつスリリングに描いた エンタテインメント・サスペンス・ミス
テリー。 主演は「es [エス]」のモーリッツ・ブライブトロイ、共演
ゲオルク・フリードリヒ、ウーズラ・シュトラウス。 監督はオー
トリアの俊英ヴォルフガング・ムルンベルガー。

1938年、オーストリアのウィーン。 画廊を営むユダヤ人一族の
カウフマン家はムッソリーニも欲しがるという国宝級の逸品、ミ
ケランジェロの素描を隠し持っていた。 ある日、息子のヴィクト
ルは、兄弟同然に育った使用人の息子ルディと久々の再会を
果した際、その絵の隠し場所を教えてしまう。 しかし、ナチスに
傾倒していたルディは昇進を狙てそのことを密告追い詰め
られた一家は、 スイスへの亡命を条件に 絵の引き渡しに合意
するのだったが…。
 

 
第80回アカデミー外国語映画賞を受賞した「ヒトラーの贋札」
のスタッフが再集結して作り上げた作品。 「ヒトラーの贋作」も
面白い作品でしたがこちらもなかなか魅せてくれます
 さら
にユダヤ人一家とナチ親衛隊に絡むミケランジロの素描。上
野で観てきたばっかりだもんね この主演の モーリッツ・ブラ
イブトロイさん、お顔は見たことあると思ったら、「es [エス]」
人だったんですねぇ~
 
騙し騙されの権謀術数が織りなす攻防は…ユーモラスな側
面もあり、心憎い演出が感じられます。 ただ、ミケランジェロの
作品には“暗号”が隠されている訳ではなく、 どちらかと言えば
タイトルは、「ミケランジェロの贋作」でも良かったような気もしま
すが…
 原題は、ドイツ語でMEIN BESTER FEIND」、英語で
MY BEST ENEMY」 日本語では“好敵手”みたいな感じで
しょうかね
 

 
 
「ミケランジェロの暗号」(2010年)
監督 ヴォルフガング・ムルンベルガー
製作 ヨゼフ・アイヒホルツァー
脚本 ポール・ヘンゲ
撮影 ペーター・フォン・ハラー
音楽 マシアス・ウェバー
出演 モーリッツ・ブライブトロイ(ヴィクトル・カウフマン)
    ゲオルク・フリードリヒ   (ルディ・スメカル)
    ウーズラ・シュトラウス  (レナ)
    マルト・ケラー        (ハンナ・カウフマン)
    ウド・ザメル          (ヤーコプ・カウフマン)
    ウーヴェ・ボーム      (ヴィドリチェク親衛隊大佐)
    ライナー・ボック      (ラウター親衛隊大尉)
    メラーブ・ニニッゼ      (モーリッツ・ハイデン)
 

「G.I.ジョー コブラの台頭」(2009年)

 
アメリカの人気ミリタリー・アクション・フィギュアから派生した
TVアニメ・シリーズをベースに実写映画化したアクション・エ
ンタテインメント。様々なガジットを駆使する、史上最強の国
際機密部隊“G.I.ジョー”が世界征服を企む悪の組織“コブラ”
と繰り広げる壮絶バトルをスタイリッシュかつ 迫力の映像満
載で描く。 監督は「ハムナプトラ」シリーズのスティーヴン・ソ
マーズ。
 
ある日、NATOの開発した緑色の化学物質ナノマイトが世界
征服を目論む悪の組織 “コブラ” に強奪される。その物質は
来ガン細胞の治療薬として研究開発されたものだったが、
あらゆる金属を侵食し粉にする性質を持つため、世界を脅
かす化学兵器として悪用されてしまう恐れがあった。 そこで、
アメリカ政府は世界屈指の精鋭で構成される最強の国際
密部隊“G.I.ジョー”を、世界を救う最後の切り札として送り
む。それは、G.I.ジョーとコブラとの戦いの始まりだった。
 

 
今年公開された「G.I.ジョー バック2リベンジ」。レビューをあ
げましたが、実は第一作である「G.I.ジョー」は未見でした
遅ればせながら観ましたよ…
 正直いって、本作と「バック
2リベンジ」はだいぶ違いますねぇ~
 化学物質ナノマイト、
加速装置付きパワードスーツなど、SF要素がふんだんに使
れています。G.I.ジョーの基地なんかも凄いしね
 「ロボ
世界観
 
対して第二作「バック2リベンジ」は、そのSFの要素が消え
てしまって、全くの“軍もの”となっていました。 「特攻野郎A
チーム」「エクスペンダブルズ」みたいなテイストでしたか
らね
 少年の心を持つ僕ちゃんとしては、SF好きだなぁ
あとはストームシャドーが日本の忍者が原点なんだったら、
真田広之なら文句ないんだけどね…
 

 
 
「G.I.ジョー コブラの台頭」(2009年)
監督 スティーヴン・ソマーズ
製作 ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、ブライアン・ゴールドナー、ボブ・ダグセイ
脚本 スチュアート・ビーティー、デヴィッド・エリオット、ポール・ラヴェット
撮影 ミッチェル・アムンドセン
音楽 アラン・シルヴェストリ
出演 チャニング・テイタム      (デューク)
    マーロン・ウェイアンズ    (リップ・コード)
    レイチェル・ニコルズ      (スカーレット)
    レイ・パーク           (スネークアイズ)
    イ・ビョンホン          (ストームシャドー)
    シエナ・ミラー         (アナ・ルイス→バロネス)
    ジョセフ・ゴードン・レヴィット(レックス・ルイス→コブラコマンダー)
    クリストファー・エクルストン (ジェームズ・マッカラン→デストロ)
    デニス・クエイド         (ホーク司令官)