2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
ナイストライ賞♪ 10,000円!
今年も買ってます宝くじ
 幸先良く
グリーン
ンボで5,000円当たったのをいいことに、次は…

ラグビーワールドカップ協賛くじ
 を買ってます

で結果はというと、これがなんと
 ナイストライ賞
10,000円が当たっていました

 グリーンジャン

と合わせて2連勝です




1枚200円で10枚2,000円が10,200円だから効率
いね

 
さて次は去年も取った
ドリームジ
ャンボ。目指せ3連勝

スポンサーサイト



レッドブル・エアレース 今年もやります!


昨年初めて日本(千葉・幕張)で行われた
レッド
ブル・エアレース。 会場となったの千葉県立幕張海
浜公園には予選・決勝の両日で、合計12万人とい
う観客がつめかけたんだとか。今年もやりますよ



本番は、今週末の6月4日(土)が予選、6月5日(日)
が決勝です。そのレッドブル・エアレースの、
駐機
場が我が家の近くにあるんですよね。 もう、設営が
始まっていました



もちろん、日本人で唯一 参戦している
室屋義秀
も、年は重力加速度が10Gを超える負荷のため
のペナルティで失格 となったリベンジを果たして欲
いものです。




今年からマスター・クラス(1部)に昇格した、チェ
コのペトル・コプシュティン選手のピット。 写真下は、
2010年から参戦している室屋選手の最大のライバ

マルテン・ショ
ンカ選手のピット。




2015年から参戦の
スペインホアン・ベラルデ
のピット。優勝候補の有力選手のピトにはま

機体が到
着していないようでした。



ご近所には今週の水曜日6月1日に開業する『東京
ズニーセレブレーションホテル:ウィッシュ』。
らは 2005年開業した『ファウンテンテラスホテル』
リニューアルしたもの。



お隣にある『パームテラスホテル』も遅れること3
月、今年9月には『東京デズニーセレブレーション
ホテル:デスカバー』として 生まれ変わるようです
よ~



NHKドラマ10「コントレール ~罪と恋~」


2008年に秋葉原で発生した無差別殺傷事件から着想し、事件
現場に居合わせた人々の経験した恐怖に思いを馳せつつ、無
差別殺人事件によって不条理に人生を狂わされた男女がめぐ
り逢い数奇な運命を辿るドラマ。 「セカンドバージン」 「ガラスの
家」などを手掛けた 大石静オリジナル脚本による、“切なく激し
い”大人のためのラブストーリー。 出演は石田ゆり子、井浦新、
原田泰造、野際陽子。

無差別殺人事件で夫を失った青木文は、海沿いの旧街道でカ
レー食堂「コントレール」を営みつつ、シングルマザーとして1人
息子の友樹を育てている。 そこに、 失語症になったトラックドラ
イバーの長部瞭司が通りかかる。 絶望の淵で出会った運命的
な恋の相手は、夫を殺した男だった。 愛してはいけない相手と
てなお、激しく求めあう二人。 そしてその傍らには女を想い、
の恋をそっと見守る心優しき刑事がいた…。



ドラマタイトルであり、ドライブインの名前となっている【コントレ
ール】は英語で“ひこうき雲”のこと。文にとっては、亡き夫と見
“すぐに消えてしまう幸せの象徴”であり、同時に瞭司にとっ
は“人を殺めた時に見た悲劇の象徴”です
 ただ、もうこれ
石田ゆり子のためのドラマといても過言ではありません…。
46歳の“女の色香”がもう迸て、溢れだして、ポトリポリと、滴
落ちばかりの艶っぽさ



これはハマってしまいましたね。実は、一話から六話までは、撮
貯めていたものを一気見してしまいましたよ
 今週は本来
らば今日だったのですが、 伊勢志摩サミットで一週飛ばしだ
そうです。 順調にいけば…あと二話ですから、6月10日には全
八話が終了の予定です
 
早く放送日が来ないかと今から待
遠しいな
 
今クールのドラマは「重版出来!」と、これ
まりですな





脚本 大石 静
製作 勝田夏子
演出 柳川 強、橋爪紳一朗
作詞・作曲 玉置浩二
出演 石田ゆり子 (青木 文)
    井浦 新  (長部瞭司)
    原田泰造  (佐々岡滋)
    桜庭ななみ (篠崎圭子)
    堀内敬子  (田渕さゆみ)
    丸山智己  (青木 敦)
    村田雄浩  (兵藤雄彦)
    村井國夫  (長部義斗)
    野際陽子  (青木英恵)


二週間遅れの「母の日」
5月22日(日)…
2週間遅れでしたが「母の日」の食事会をしました



場所は、ご近所の『チャイナ厨房チンタンタン』とい
うお店
  庶民的な中華料理屋さんなんだけど、こ
れが結構、いいお味なんです




この日は一人2,850円のコースにしました。 前菜
ら始まり、ほうれん草炒め、海老チリ・海老マヨ、揚
げナスの海鮮あんかけ、フカヒレスープ、カニ炒飯、
ゴマ団子、デザートで、2,850円はお安いでしょう



前菜はクラゲの冷菜、蒸し鶏の生姜ソース、中華
ピクルスの3種盛り合わせ。「蒸し鶏の生姜ソース」
は絶品、
ビールに合います



次は、本日一番のお気に入り、「ほうれん草炒め」。
ピリ辛の味付けと甘めのひき肉、ニンニクの香りが
得も言われぬハーモニー
を奏でます



「海老チリ・海老マヨ」は 2品盛り合せで提供。ニン
ンで作った海老の飾りが、なんとも可愛らしい
アクセントになってます。



揚げナスの海鮮あんかけ」は 初めて食べる味
でしたが…塩味の海鮮あんは安定した中華王道
の味付けですな



そして、「フカヒレと竹の子が入ったスープ」は お店
の人いわく、絶対に  この値段では食べられない味
すって




カニ炒飯」「ゴマ団子」と続き 最後のデザートは
「杏仁豆腐」 「マンゴープリン」 「タピオカココナツ」
「グレープフルーツの美肌ゼリー」から選ぶ



私たちのチイスはマンゴープリンタピオカココナ
美肌ゼリーの3種。このデザートも3種とも美
味しかった



追伸:
「母の
日」プレゼントは2週間前に贈っている
ので、今回は
食事だけのアップになりました。
東京臨海エリアをドライブ♪
今日も含め、土日月の3日間は
お天気に恵まれ
ましたね あまりにも晴天なので、早起きして臨海
エリアを
ドライブしてきましたよ~



まずは、新木場・夢の島付近から 風力発電
の風
車を眺めながら、5年前に出来上がった「東京ゲート
ブリッジ」を渡ります。



三角形△▽に繋いだ鋼を巧みに組み合わせたト
ラス構造と呼ばれる 珍しい様式で作られた、美しい
です


そしてお台場方面へ車を走らせると…やはりここ
を忘れちゃいけません。 今や、お台場の
シンボル
でしょう。そう、「自由の女神像」




もう一つの東京の名物橋、
「レインボーブリッジ」。
この2つの絶景が見られるのは、NYにもない
ビュ
ーポイント。もう一つ、ガンダムもあるしね…


中間決算的な…プチ御祝い会
今週、もろもろあって…中間決算的なプチ“御祝い会”
が開かれました
 場所は、
JR神田駅のエキナカ。
『ほぉーバル』というお店です



基本は
イタリアンのようですが…肉や魚介、アヒー
ョなど色々な

お酒に合う料理やつまみが揃う
飲み屋、つまりバルです。



まずは週に3日間ハッピーアワーで、1杯が380円の
ところ190円と 半額になるハイボールで乾杯
。最初
のつまみは【やみつきキャベツ】320円です。



そして、同じく7時までのハッピーアワーで通常900円
が2種類のパテが増量され、100円引きの800円にな
る【お得肉盛り】を素早く注文



そして ここからはハイボールを
ワインにチェーンジ。
おつまみの方も、【自家製ベーコンのシーザーサラダ】

480
円に進んでいますよ



ここからは、怒涛のラストスパート
 【海と山のアヒー
ジョ】(海老エリンギ)700円。 〆は【フライバスケット】
780円。 ポテトオニオン唐揚げ3種盛り合わせです。



しかしこれだけ頼むと…付け合わせのバケットが
んじゃって勧んじゃって
 食過ぎ注意報発令です


ほぉーバル 神田店 (℡:050-3797-3528)
東京都千代田区鍛治町2-13-1 JR神田駅ナカ
やみつきキャベツ            320円
ほぉーバルおすすめ肉盛り      900円
自家製ベーコンのシーザーサラダ480円
海と山のアヒージョ           700円
フライバスケット             780円
TBS火曜ドラマ「重版出来!」


2014年、日本経済新聞「仕事マンガランキング」第1位を獲得
した『月刊
スピリッツ』で好評連載中の人気コミックが、つい
にドラマ化
『週刊バイブス』の新米編集者・黒沢心が、一癖
も二癖もある編集部員や漫画家たち、営業担当、書店員たち
を巻き込み、一丸となて仕事に打ち込むさまを連続ドラマ化。
主演は黒沢心役に黒木華。共演はオダギリジョー、坂口健太
郎、松重豊、荒川良々、安田顕、小日向文世と個性派揃い。

幼いころから柔道に打ち込んできた主人公・黒沢心。オリンピ
ック日本代表の呼び声も高かったが、怪我で選手生命を絶た
れ、大手出版社・興都館の就職試験を受ける。その理由は子
どもの頃に漫画に熱中。かつて自分がそうであったように、読
者が “何か” を得るような漫画を作りたいと熱く語り採用さ
る。 入社後、週刊コミック誌『バイブス』編集部に配属され、そ
第一歩を踏み出す。



今年の春クールの連続ドラマ、もう最新5月17日放送で第6話
まで進んでいます
原作の漫画は読んではいないのですが、
主役の黒沢心が魅力的です。 とにかく、“真っすぐ”で、一生懸
命。その周りの編集部員も、頼れる副編・五百旗頭(いおきべ)
阪神ファンの編集長・和田、いい感じの“大食い相棒”の壬生、
ドライな現実主義者・安井、そして営業部の “ユーレイ” こと小
泉純…。

漫画家のキャスティングにも妙が
 ベテランの大御所に小日
向、超売れっ子に滝藤賢一、漫画界一のイケメン作家は要潤、
万年アシスタントにはムロツヨシ。 劇中の漫画家の作品は、実
際にプロの漫画家が作画を担当しています。また 編集者にも
週替わりでスポットが当たり、日々成長を遂げるという、本当に
ポジティブで 積極的なストーリー展開は、 かえって今どき斬新
かも
 なんか、観ると元気になるんですよねぇ~




原作 松田奈緒子 『重版出来!』 (小学館)
脚本 野木亜紀子
演出 土井裕泰、福田芳彦、塚原あゆ子
製作 那須田淳、東仲恵吾、八尾香澄
音楽 ユニコーン 『エコー』
出演 黒木 華    (黒沢 心)
    オダギリジー(五百旗頭敬)
    坂口健太郎  (小泉 純)
    松重 豊    (和田靖樹) 
    荒川良々   (壬生平太)
    安田 顕    (安井 昇)
    高田純次   (久慈 勝)
    生瀬勝久   (岡 英二)
    滝藤賢一   (高畑一寸)
    小日向文世  (三蔵山龍)


誉田哲也 『黒い羽』
誉田哲也 『黒い羽』 (光文社文庫) 691円



[作品紹介]
右肩にある瑕に、君島典子は 幼い頃から苦しんできた。
激しい痒みと痛み。 どんな治療もほとんど効果がなかっ
た。病院を転々とした末に辿り着いた遺伝子治療という
選択。 典子は主治医らとともに、人里離れた山奥にある
研究施設へと向かう。ところが…そこには何体もの惨殺
死体が転がっていた
ここには凄まじく危険なナニカが
いる―
 衝撃のサスペンス・ホラー。

**********************************************

“いきなり文庫”
という帯につられて読んでみました誉
田哲也さんの『黒い羽』。 上の
作品紹介分にもあるよ
うに、誉田さんの作品では“ダークサイド”。サスペンスと
いうより“ホラー”色の強い作品となっています。 『ジウ』
シリーズや、『歌舞伎町セブン』 『ケモノの城』それに『ス
トロベリーナイト』も結構グロいですからね

でも、よくよく調べてみると…純粋な書き下ろしではなく、
初期の作品を手直ししたものだそうです。ちょっと、これ
では“表示に偽りあり”ですな
 
なので、ストーリーやキ
ャラクターのデテールが甘い部分があります。 中途半
端な印象が残てしまうのはきっとそのせいでしょうか
ねぇ~

ここからは、多少ネタバレになってしまいますが…大筋
密室設定で全員殺されていく『そして誰もいなくなっ
た』 型。 それに、遺伝子や医療系のネタが絡むのは、ご
世でしょうか。 でも、“黒い羽”のタイトルですが、内容
は“黒い羽根”の方が近いかもしれないな
  あの…黒
いゴキちゃんが嫌いな人は
要注意ですぞ。
横山秀夫サスペンス「陰の季節」「刑事の勲章」


察という組織には様々な顔がある。 殺人、強盗、放火、詐
欺、 薬物事犯などを捜査する刑事部、 市民生活の安全を担
う生活安全部、テロ警戒や要人警護、災害対策や人命救助
などを担当する警備部、交通関係全般を扱う交通部。そして
これらを組織として束ね陰で支える管理部門が『警務部』だ。

映画「64(ロクヨン)」の公開を前に…D県警警備部警務課調
査官・二渡真治を主役とした『横山秀夫サスペンス』と題して
TBS“月曜ゴールデン”改め、“月曜名作劇場”枠で 2週連続
放送。主役には、仲村トオル。その他、佐藤浩市、三浦友和、
滝藤賢一、奥田瑛二ら主要キャストは引き続き、映画「64(ロ
クヨン)」にも同じ役で登場する。



まずは18日放送の「陰の季節」。こちらは横山秀夫の短編
中でも 「第三の時効」と並ぶ名作中の名作
県警内
人事異
動の内示発表の5日前、3年前に民間企業に天下りしていた
尾坂部道夫が、“3年で辞める”という暗黙の掟を破り、“辞め
ない”と言い出す。人事担当の調査官・二渡がその理由を調
べ始めると、結婚間近の尾坂部の娘が 5年前に暴行被害に
遭い、犯人が捕まっていないことが分かる

「刑事の勲章」は、保管庫に収められていた警察手帳30冊が
盗まれる。警察官にも、手帳から解放される時間が必要であ
と二渡が主張した一括保管が仇となた形だ。記者会見ま
2日の猶予の中で、二渡はかつての先輩である 高田署の
警務課の大和田主任にしかその機会が無いことに気付く…。
しかし、その「動機」は分からないままだった。



この2つの物語とも、同じD県警シリーズに属し、この延長
に映画「64(ロクヨン)」があります。 同じ登場人物、同じ俳
を起用し、映画に繋げていく手法はさすがです。今はTBSも
フジテレビや日本テレビに負けない戦略がありますな。 特に
横山作品の中でも、このD県警シリーズは傑作ぞろい。 どれ
を観ても、そこそこ楽しめます


原作 横山秀夫 『陰の季節』 『動機』 (文春文庫)
監督 榎戸耕史
脚本 窪田信介
出演 仲村トオル (二渡真治:警務部警務課調査官)
    和久井映美(七尾友子:警務部警務課)
    長谷川朝晴(上原勇三:警務部警務課)
    滝藤賢一  (赤間  :警務部長)
    伊武雅刀  (尾坂部道夫:元刑事部長)
    北見敏之  (大和田徹:高田署警務課主任)
    奥田英二  (荒木田茂:刑事部長)
    三浦友和  (松岡勝俊:刑事部捜査一課長)
    佐藤浩市  (三上義信:刑事部捜査二課次席⇒警務部広報室広報官)


Happy Mother's Day♪
先週
今週
日曜日5月8日は【母の日】でした
皆さんは、何か
プレゼント
しましたか
 



ベル
をプレゼントしたなぁ~

そして、今年の【母の日】。
プリザーブド・
フラワー



ラベルにメッセージが書けるので、お誕生日などの
お祝いにいかがでしょうか…