2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
「海街diary」(2015年)


人気少女漫画家・吉田秋生の同名傑作コミクスを「そして
になる」の是枝裕和監督が映画化。 鎌倉の古い一軒家
に暮らす3姉妹が、腹違いの妹を迎え入れ、それぞれに 複
雑な想いを抱えながらも日々の暮らしを通して家族として
の絆を紡いでいく一年の物語を、鎌倉の四季折々の美しい
風景とともに綴る。 主役の四姉妹には綾瀬はるか、長澤ま
さみ、夏帆、広瀬すず。 共演に加瀬亮、鈴木亮平、樹木希
林、リリー・フランキー、風吹ジュン、堤真一、大竹しのぶ。

鎌倉の古い家に暮らす幸、佳乃、千佳の香田三姉妹。そこ
に不倫の末に15年前に家を出て行た父の訃報が届く。
の不倫相手も既に他界しており、今は3人目の結婚相手と
山形で暮らしていた。 葬儀の場で三姉妹は、腹違いの妹す
ずと出会う。3人目の母とは血の繋がりのないすずは、明ら
かに肩身が狭い様子。すずの今後を心配した幸は別れ際
に“鎌倉で一緒に暮らさないか”と、提案する。 こうして鎌倉
での四姉妹の生活が始まった…。



なんかいい話の映画を観たなぁ~ というのが、この映画
の第一印象でした。しかり者の長女・幸、自由奔放で恋愛
体質の次女・佳乃、マイペースで癒し系の三女・千佳。 そこ
に腹違いの四女・すずが合流。 幸は早くから勝手気儘な
親のせいで、妹たちの父親替わり、母親替わりとなっていた。
すずもまた、幸と同じように少女時代を大人に奪われ、不自
然に大人びた性格になってしまっているのよね。この2人に
対して、次女と三女はコミカル&ユーモア担当


幸には不倫相手の医師・椎名が、佳乃には信金の上司・坂
下が、千佳にはスポーツ店店長・浜田がいる。それぞれ、堤
真一、加瀬亮、そしてマキタスポーツかと思ったら…フンク
ミュージシャンの人だったのね
 完全に騙されました(騙し
てないって
)。 脇を固める役者も、いい感じの人ばかり
大竹しのぶ、 風吹ジュン、 樹木希林、 リリー・フランキー、
木亮平、 キムラ緑子…さすがの是枝裕和演出。 日本アカデ
ミー作品賞・監督賞・撮影賞・照明賞を受賞してます




「海街diary」(2015年)
監督 是枝裕和
製作 石原 隆、都築伸一郎、市川 南、依田 巽
脚本 是枝裕和
原作 吉田秋生 『海街diary』 (小学館『月刊フラワーズ』連載)
編集 是枝裕和
撮影 瀧本幹夫
照明 藤井稔恭
出演 綾瀬はるか (香田 幸)
    長澤まさみ (香田佳乃)
    夏帆     (香田千佳)
    広瀬すず  (浅野すず)
    加瀬 亮  (坂下美海)
    鈴木亮平  (井上泰之)
    池田貴史  (浜田三蔵)
    樹木希林  (菊池史代)
    風吹ジュン  (二ノ宮さち子)
    堤 真一  (椎名和也)
    大竹しのぶ (佐々木都)


スポンサーサイト