2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
「ゼロ・グラビティ」(2013年)


ンソ・キュアロン監督が無重力(ゼロ・グラビティ)の宇宙空
間を舞台に贈るSFサスペンス。スペースシトルで船外活
動中に 予期せぬ事故で宇宙空間へ放り出され、救助も期
待できない絶望的状況で漂い続ける 2人の宇宙飛行士の
運命を、無重力の世界を圧倒的な臨場感で再現した3D映
像でスリリングに描く。 出演はサンドラ・ブロック、ジョージ・
クルーニー。

地上600kmの上空で地球を周回しているスペースシトル。
今回が初めてのミッションとなる女性エンジニアのストーン
博士は、ベテラン宇宙飛行士コワルスキーのサポートを受
けながら船外での修理作業に当たっていた。 その時、ロシ
アが自国の衛星を爆破したことが原因で 大量の破片が軌
道上に散乱し、猛烈なスピードでスペースシャトルを襲う
衝撃で漆黒の宇宙へと放り出された2人は互いを繋ぐ1本
のロープを頼りに、絶望的な状況の中、奇跡の帰還を信じ
て決死のサバイバルを繰り広げるが…。



2013年度のアカデミー賞を、監督・撮影・編集・作曲・視覚
果・音響編集・音響調整の7部門受賞した作品
特に、
撮影のエマニュエル・ルベツキは、この年から翌年「バード
マン」、翌々年「レヴェナント」と、前人未到の3年連続オス
カー受賞の快挙を成し遂げた。また、同じくメキシコ出身の
監督アルフォンソ・キュアロンも今、最も旬な監督の一人と
いえる。特に、撮影・視覚効果・音響の技術部門の仕事は
完璧で文句のつけようがないですな

俳優陣はサンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニーの、ほと
んど2人しか出てこないが、ほぼほぼサンドラの一人舞台。
こちらもオスカー受賞した「しあわせの隠れ場所」に勝ると
も劣らない演技ですよ
 
ただね…この年は他も強かた。
作品賞は 「それでも夜は明ける」、主演男優賞は 「ダラス・
バイヤーズクラブ」のマシー・マコノヒー、そして主演女優
賞は 「ブルージャスミン」のケイト・ブランシェット。 これじゃ
文句はつけられないな…




「ゼロ・グラビティ」(2013年)
監督 アルフォンソ・キュアロン
製作 アルフォンソ・キュアロン、デヴィッド・ハイマン、スティーヴン・ジョーンズ
脚本 アルフォンソ・キュアロン、ホナス・キュアロン
撮影 エマニュエル・ルベツキ
編集 アルフォンソ・キュアロン、マーク・サンガー
音楽 スティーヴン・プライス
出演 サンドラ・ブロック     (ライアン・ストーン博士)
    ジョージ・クルーニー   (マット・コワルスキー中尉)
    オルト・イグナチウッセン(アニンガ:声のみ)
    ファルダット・シャーマ   (シャリフ:声のみ)
    エイミー・ウォレン     (シャトル船長:声のみ)
    バシャール・サヴェージ  (ISS船長:声のみ)
    エド・ハリス          (ミッション・コントロール:声のみ)


スポンサーサイト



最近、頂いたものをアップ♪
私や、妻が、最近頂いたものをご紹介~



この時期にはピッタリ。外せないね(^_-)-☆

甘酸っぱい、山形の
さくらんぼ



そして、6月16日は【和菓子の日】だそうで、
その日に、『とらや』で友人が買い求めた、
“厄除招福” の文字が有り難いですね…



そして、福井の宝、山海の幸「食べる辣油」
桃屋や、エスビー食品などとは違って……
沖縄🐧辺銀食堂並みの860円 高級品です。



やはり、白いご飯にかけて食べたい
頂いた皆様、有り難うございましたm(_ _)m
「鑑定士と顔のない依頼人」(2013年)


「ニュー・シネマ・パラダイス」、「海の上のピアニスト」のジュゼ
ッペ・トルナトーレ監督が、「シャイン」のジェフリー・ラッシュを
主演に迎えて描く切なくも華麗な極上ミステリー。偏屈な天才
オークション鑑定士が、姿を見せない女性からの謎めいた鑑
定依頼に翻弄され、 思いがけない運命を辿るさまを、 巧みな
語り口とサプライズな仕掛けでミステリアスに綴る。共演はジ
ム・スタージス、シルヴア・フークス、ドナルド・サザーランド。

一流の美術鑑定士にして、カリスマ的オークショニアのヴァー
ジル・オールドマン。 極端に人間嫌いで独身を貫く彼が、唯一
愛情を注ぐのが、女性の肖像を描いた名画たち。 これは、と思
う作品が出品されると、相棒のビリーを使て不正な手段で
分のコレクションに加えていた。 そんなある日、彼のもとに、
くなった両親が遺した、家一軒分の美術鑑定をしてほしいとい
若い女性からの依頼が舞い込む。 ところが、依頼人は、決し
ージルの前に姿を見せようとはしない。 憤慨するヴァー
ルだったが、姿の見えない依頼人に次第に魅かれ始める。



これもまた、観たかったんですよ
 「シャイン」、「英国王のス
ピーチ」のジェフリー・ラッシュは好きな俳優。そして、もちろん
「海の上のピアニスト」、「マレーナ」のジュゼッペ・トルナトーレ

イタリアの名監督です。でもね
 
大好きなジフリー・
ラッシュも、もう64歳。いい歳のおじいちゃんですよ。最後の写
真の、全てを奪われて、途方に暮れる姿なんかは正直、観たく
なかったな…

ミステリアスなヒロインを演じるシルヴィア・フークスは、他では
観たことがありませんが、 美しくて、危うい、まさにヒロイン・ク
レアにぴったりです。 しかし、クレアだけでなく、オークションの
片棒、 機械職人、 別荘使用人、そして酒場の男たち(もしかし
て暴行犯
)、
全てグルだったとは…どうしても筋立てに無理
があるように思えます。そして何よりジフリー・ラッシュ演じる
ージルが観ていて気の毒なくらいでした。後味悪いなぁ




「鑑定士と顔のない依頼人」(2013年)
監督 ジュゼッペ・トルナトーレ
製作 イザベラ・コクッツァ、アルトゥーロ・パーリャ
脚本 ジュゼッペ・トルナトーレ
撮影 ファビオ・ザマリオン
音楽 エンリオ・モリコーネ
出演 ジェフリー・ラッシュ   (ヴァージル・オールドマン:鑑定士)
    ジム・スタージェス    (ロバート:機械修復士)
    シルヴィア・フークス   (クレア・イベットソン:依頼人)
    フィリップ・ジャクソン  (フレッド:別荘使用人)
    ダーモット・クロウリー  (ランバート:鑑定士秘書)
    キルナ・スタメル     (バーにいる娘)
    リヤ・ケベデ        (サラ:ロバートの恋人)
    ドナルド・サザーランド (ビリー・ホイッスラー:売れない画家)


祝!芥川賞 又吉直樹 『火花』
又吉直樹 『火花』 (文藝春秋) 1,296円




[作品紹介]
売れない芸人・徳永は、熱海の花火大会で先輩芸人・神
と電撃的な出会いを果たす。 徳永は、神谷の弟子になる
とを志願すると「俺の伝記を書く」という条件で受け入れ
れた。 奇想の天才でありながら、人間味溢れる神谷に徳
は惹かれていき、 神谷もまた徳永に心を開き、神谷は
に笑いの哲学を伝授しようとする…。人気お笑いタレントの
手がけた純文学小説として話題を呼び、累計200万部以上
の大ヒットとなった。第153回芥川龍之介賞受賞

************************************************

西加奈子さんの『炎上する君』の解説文が、あまりにも素晴
らしかたので、累計240万部を突破している芥川賞受賞作
『火花』を読んでみることにしました。 例えば…“この物語は
現実から逃げず、真っ向から対峙し生きることを肯定してく
れる人間賛歌だ” “物語の核心部分に内包された深刻な
ーマと笑いが乖離せず 一つの物語になるのは選ばれた
能だ”、などなど…

でも、これは8ページのあとがきなので、心地よいいわゆる
純文学の文体に身をゆだねることができたのですが…。
れが150ページ超の単行本となると話が違うわけすよ
ちょっと、文体がクドくて、文章のリズムが悪くなってしまいま
す。ただ、又吉氏の純文学にかける熱意や、勢いは十分に
感じられる文章なので 実に惜しいところです。 それでも “天
下の”芥川賞を受賞しているのは、大したものです

私の感想は、選考委員の村上龍氏の選評に、一番よく言い
表されているので、最後にそれをご紹介しましょう
“受賞
作の『火花』は文学へのリスペクトが感じられ、かつとてもて
いねいに書かれて好感が持てる。 でも「長すぎる」…。 似た
ようなフレーズが繰り返されて…途中から、飽きてしまった”
まあ、みなさんも実際に読んでみて、確かめてください。
赤坂 四川飯店の【陳麻婆豆腐】
私の大好きな料理に、【四川麻婆豆腐】 があります。
お気に入りは『銀座桃花源』ですが…“四川の神様”
陳建民の愛弟子・斉藤隆士が腕を振るいます。



陳建民といえば、“料理の鉄人”のアイアンシェフ・陳
建一は彼の息子。陳建一といえば 『赤坂四川飯店』
です。 本日、初めて訪れてみました



場所は、平河町の全国旅館会館というビルの5-6
階。 旧赤坂プリンスホテル、現在の東京ガーデンテ
ラス紀尾井町のすぐそばです



やはり、売りモノの【陳麻婆豆腐】は食べなきゃね
本日は 三人だったので…【鶏肉の四川トウチ炒め】、
【チーズ入り豚挽き肉の卵炒め】の三品をオーダー。



この日は、ちょっと贅沢なセットだったので、スープに
はフカヒレが、デザートには愛玉子(オーギョーチィ)
が付きました。



麻婆豆腐】は『銀座桃花源』に比べると、中國山椒
(ホアジャオ)は少な目、 片栗のとろみは多め、 辛さ
はいい勝負ですな



まあ、私の好みでは、やはり『銀座桃花源』に分があ
るかな
 ちなみに、『四川飯店』現在の料理長は建
一氏ではなくて、鈴木広明氏だそうです。




赤坂四川飯店(℡:03-3263-9371)
東京都千代田区平河町2-5-5 全国旅館会館5F・6F
営業時間 11:30~15:00、17:00~22:00
ランチセット    1,650円(料理一品、スープ、ご飯、漬物、杏仁豆腐付き)
スペシャルセット 2,800円(料理二品、フカヒレスープ、ご飯、漬物、杏仁豆腐又は愛玉子付き)
ランチコース    4,000円(前菜二種、搾菜肉絲、乾焼蝦仁、蕃茄炒蛋、麻婆豆腐、愛玉子)
「チョコレートドーナツ」(2012年)

 
1970年代後半のアメリカを舞台に、 世間の無理解と 葛藤
組のゲイ・カップルが、親に見放された ダウン症の
一つの家庭を築き家族としての愛情と絆を育んで
くさまと、やがて少年を守るため、理不尽な差別や偏見
対して決然と立ち上がる姿を描いた感動のヒューマン・
ラマ。主演は、「アニバーサリーの夜に」のアラン・カミン
グ、共演にはギャレット・ディラハント、アイザック・レイヴァ。
は俳優出身のトラヴィス・ファイン。
 
1979年、アメリカ。ゲイのルディはシンガーを夢見ながらも、
口パクで踊る ショーダンサーとして働く日々。 そんな彼に
ある日、ゲイであることを隠して生きる検事局の男性ポー
ルが一目惚れ、2人はたちまち恋に落ちる。 一方で、ルデ
ィはアパートの隣に暮らすダウン症の少年、マルコが気掛
かり。 母親は薬物依存症で、マルコの世話もまともにして
はいなかったが、やがて母親は薬物所持で逮捕され、マル
コは施設行きに。 見かねたルディとポールはマルコを引き
り、面倒を見るのだったが…。
 

 
公開当時、“絶対に泣ける映画”と話題になり、気にはなっ
ていたのですがついに観ることが出来ました
主役を演
アラン・カミングがいいですね
 “その気は無くても”、
男から観てもチャーミングです
 彼の歌は心に染み入り
ます
 
ドラッグクイーンと検事と、ダウン症の少年…検
を除き、完全な弱者。 しかも、検事もゲイなので、世間から
の理解は全く得られない…。それが、法律で監護権を争う
裁判になれば尚更です。
 
しかし、世の中はこんなに分からず屋が多いのかと思うと
ガッカリしてしまいます。 このゲイの2人に監護権・親権
与えることで、いったい誰が嫌な思いをするのでしょうか
そうなっても、2人はもとよりハピーで、マルコは彼らを本
の親のように慕い、実の母親は男に夢中でなんの問題
も無し。 なに、悲劇的なエンデングをむかえ、ただただ、
周りの悪意が、突き刺さるように、“痛い”後味となりました。
最後の手紙”読んで、判事は、弁護士は、州検察官は、
何をうのでょうか…。
 

 
 
「チョコレートドーナツ」(2012年)
監督 トラヴィス・ファイン
製作 トラヴィス・ファイン、クリス・ホスステッター・ファイン、チップ・ホーリハン 他
脚本 トラヴィス・ファイン、ジョージ・アーサー・ブルーム
撮影 レイチェル・モリソン
音楽 ジョーイ・ニューマン
出演 アラン・カミング         (ルディ・ドナテロ)
    ギャレット・ディラハント    (ポール・フラガー)
    アイザック・レイヴァ      (マルコ・ディレオン)
    フランシス・フィッシャー    (マイヤーソン判事)
    グレッグ・ヘンリー       (ランバート)
    クリス・マルケイ        (ウィルソン州検察官)
    ドン・フランクリン       (ロニー・ワシントン)
    ジイミー・アン・オールマン (マリアンナ・ディレオン)
    ケリー・ウィリアムズ     (ミス・フレミング)
    アラン・レイチェンス      (レズニック判事 )
 

西加奈子 『炎上する君』
西加奈子 『炎上する君』 (角川文庫) 562円



[作品紹介]
散歩中に拾った、自分と同じ機種の携帯電話。 その携
に届いたメールに何の気なしに返信した私は、返ってきた
温かいメールに励まされ、やがて毎日やりとりを始める―
「空を待つ」)。我々、冴えない女2人は最近、足が炎上し
ている男の噂話ばかりしていた。 ある日、銭湯にその男が
現れて―(「炎上する君」)。何かにとらわれ動けなくな
しまた私たちに訪れる…小さいけれど大きな変化。 奔放
な想像力がつむぎだす愛らしい物語8編。

************************************************

「炎上する君」と聞いて、ブログかツイッターでも、荒らされ
いるのかと思いきや…。 実際に足が燃えているのであ
る。しかし、炎上することによって、より“人間らしい”生活、
恋愛を謳歌するようになる
  「私のお尻」は、尻モデルの
お話し。自慢のお尻が、いつしか疎ましい存在に…そこで
貸し金庫に入れるようになり…
「舟の街」は、傷ついて、
れ果て、どうしようもなくなった時に、彷徨い、入る、“夢
街”。そこは、とても快適で…。

「太陽の上」『太陽』という名の中華料理屋の上のアパ
ート301号室に住んでいる“私”が主人公。私は、三年前
から外に一歩も出ない生活をおくっていたが、“あること”
きっかけでその呪縛から解かれる…。「甘い果実」は実
在の作家・山崎ナオコーラに憧れる女性の話。実は、私も
常々、山崎ナオコーラ、大宮エリーなど、“ふざけた名前”
で、なんとなく活躍している輩が 気に喰わないと思ってた
だよね…

こんな感じで、“あー、アルアル
て話も、“絶対、思い
つかない
て話も。そして、巻末の又吉直樹大先生の
解説文がまた名文。 “絶望するな。僕達には西加奈子
いる。” そろそろ…『火花』、読んでもいい頃合いかなぁ
「300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~」(2014年)


2007年の「300 <スリーハンドレッド>」に続いて、フランク・
ミラーの人気グラフィック・ノベル・シリーズを映画化した歴史
スペクタクル・アクション第2弾。史実を基にした ペルシア帝
国 VS ギリシャ連合軍の壮絶な戦いを、今度は 海を舞台に
再び迫力のバイオレンス&アクションとスタイリッシュな映像
美で描き出す。前作の監督ザック・スナイダーは脚本と製作
にまわり、監督は「賢く生きる恋のレシピ」のノーム・ムーロが
手がける。

ペルシア帝国100万の大軍に わずか300人の戦士を率いて
立ち向かい美しく散ったスパルタ王レオニダス。 しかし、その
何者にも怯まない強靱な意志は 彼一人ではなくギリシャの
男たちに広く受け継がれていた。 しかし、 大艦隊でエーゲ
席巻するペルシア海軍 その大艦隊を率いるのは冷酷で
残忍な女戦士アルテミシア。 ギリシ軍の司令官はアテナイ
の勇者テミストクレス将軍。 アルテシアと、テミストクレスの間
では様々な権謀術数が繰り広げられる…。



遅い
 
何故に、2007年の続編が2014年まで、待たされるの

 また、ザック・スナイダーが監督しないのが実に痛い
噂によれば…彼は「マン・オブ・スティール」を監督することを
選んだんだとか
 でも、 一番の敗因は、主役の俳優に魅力
が無いこと
 サリヴァン・ステイプルトンって、いったい誰
顏も平凡で、一作目のジェラールド・バトラーのレオニダス王
は良かった。彼は死んでしまったので、ラッセル・クロウ、ヒュ
ー・ジャックマン、どうせなら、阿部寛でも良かったのかもしれ
ない。 まあ 彼はギリシャ人ではなく、ローマ人だけどね…

それに引き換え、エヴァ・グリーン演じるアルテシアが素晴ら
しい
 もともとギリシャ人でありながら、両親を惨殺され、凌
された過去ゆえに、ギリシャに対する激しい憎悪で復讐
炎を燃やす敵役ヒロイン。大胆な脱ぎっぷりと、これでもかと
いうくらいの見下し女王様キャラ。お見事でした
 しかし、レ
オニダスといい、アルテシアといい、素晴らしい勇者は皆死
んでしまいます。それと…前作の後日譚や、前日譚ではなく、
同時並行的に物語が進むのが分かり難かったです。一作目
には敵わなかったなぁ~




「300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~」(2014年)
監督 ノーム・ムーロ
製作 ジャンヌ・ヌナリ、マーク・キャントン、ザック・スナイダー 他
原作 フランク・ミラー 『Xerxes』
脚本 ザック・スナイダー、カート・ジョンスタッド
撮影 サイモン・ダガン
音楽 ジャンキー・XL
出演 サリヴァン・ステイプルトン (テミストクレス将軍)
    エヴァ・グリーン       (アルテミシア将軍)
    レナ・ヘディ          (ゴルゴ王妃)
    ハンス・マシソン        (アイスキュロス)
    カラン・マルヴェイ       (スキリアス)
    デヴィッド・ウェンハイム  (ディリオス)
    ジャック・オコンネル     (カリスト)
    ロドリゴ・サントロ        (クセルクセス1世)
    イガル・ノール        (ダレイオス1世)
    ジェラールド・バトラー    (レオニダス1世)


西加奈子 『ふくわらい』
西加奈子 『ふくわらい』 (朝日新聞出版) 626円
 


[作品紹介]
マルキ・ド・サドをもじて名づけられた 書籍編集者の鳴
木戸定。 彼女は幼い頃、紀行作家の父に連れられてい
った旅先で、誰もが目を覆うような特異な体験をした。 そ
の時から彼女は世間と自分を隔てる壁を強く意識する
ようになる。愛情も友情も知らず不器用に生きる彼女は、
愛を語ってくる盲目の男性や、必死に自分を表現するロ
ートル・レスラーとの触れ合いの中で自分を包み込
すべき世界に気づいていく。 第1回 河合隼雄物語賞受
賞作。
 
**********************************************
 
主人公・定は、人の顏のパーツをバラバラにして並び変
えたり、人と人とのパーツを交換したりという特殊な趣向
の持ち主
 
さらに、その生い立ちが壮絶
紀行
作家の
父は、定とともに出かけた旅先で、ワニに喰われ即死。
定は現地の風習に従って 父親の死肉を食べた
 
とこの名前の由来マルキ・ド・サド…たぶん、これだけの
とからこの壮大な物語を紡ぎ出すとは
 
これは、凄い小説ですよ。
見たことも、
聞いたことも
い世界観。 本当に、ブッたまげましたねぇ~
 ある意
氷のように頑なになった定の心を溶かすのは、白い杖
を持つ盲目の
イタリアと日本のハーフ武智次郎。プ
スラー兼
作家で“猪木に成りたかった男”守口廃尊。

美しすぎるが “男運のない編集者”小暮しずく
 
3人が、定とどのような化学反応を起こすのか…
 
マルキド・ド・サドをベースにしているだけに、エロやグロ
の表現もあるのですが、定のフィルターを通すことによっ
て、不思議と嫌らしさや、下品さが無くなるのです。“こん
な小説、初めて読んだ
というのが、私の素直な感想
です。 「アメトーーク! 読書芸人」で、オアシズ光浦靖子
さんの推薦本。 芥川賞受賞作家ピース又直樹大先生
も大絶賛ですよ
東京散歩 ~祝!世界遺産登録 国立西洋美術館~
先日、6月10日に科博 『恐竜博2016』鑑賞後、上野
をお散歩しましたよ
 
まずは…その科学博物館の
全景
 この日は本当に、
お天気が良かった



も行ってきました。



ご存じ
ル・コルビュジエの建築で、この日は『カラ
ヴァッジョ展』が開催されていましたが、残念ながら
チケットがなく、鑑賞は断念



外からだけでも相当美術作品を鑑賞できます。こ
ちらは有名な、オーギュスト・ロダンの「考える人」。
ウォシュレット効果もあり知らない人はいない



その「考える人」が、作品の一部を構成している「地
獄の門」は、ダンテの『新曲』を具現化したもの。 元
々パリ装飾美術館の入口の門扉のため作られた。



正面入口近くにあるのは同じくロダン作の「カレー
の市民」。英仏の百年戦争にまつわる英雄5人をた
えて製作されました。



「弓を引くヘラクレス」は、アントワーヌ・ブールデル
の代表作品。力強い筋肉しなる弓が今にも矢が

飛び出し
そうな迫力です。


 
余談ですが、コルビュジエと並び称されるフランク・
ロイド・ライト(日本では 旧帝国ホテルのライト館
有名)も世界遺産に登録されるといいですね。