2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
「めぐりあう日」(2015年)


デビー作「冬の小鳥」(2009年)で高い評価を受けたウニー・
見つめた長編第2作。主演は、「君と歩く世界」のセリーヌ・サ
レット、共演にアンヌ・ブノワ。

パリで夫と8歳になる息子と暮らしている 理学療法士のエリ
ザ。 養父母のもとで育った彼女は、実の母に会いたいと願い
専門機関に調査を依頼していたが、守秘義務の壁に阻まれ
てしまう。 そこで自ら調査すべく息子のノエを連れて自分の
出生地であるダンケルクに引っ越す。やがて 息子の転校先
で給食や清掃を担当している孤独な女性職員アネットが、背
中を痛めてエリザの診療所にやって来る。彼女はひょんなこ
とからエリザを自分が30年前に産み、養子に出した子どもで
はないかと思い始める…。



孤児院から、フランスの里親に引き取られた生い立ちを持ち、
その監督自身の体験をベースにして 作品が描かれていまし
た。 この2作目で描かれているのは、まさに今フランスで、い
やヨーロッパ全土で起こっている問題
 移民の問題です
エリザの息子ノエは、どう見てもアラブ系との混血。転校した
学校でも、給食で“(宗教上)豚肉は大丈夫か
”と何度も聞
かれます。

それを肌で感じる母は自分のルーツを どうしても知りたい
夫とは別居し、出生地へ引越しし、全てを犠牲にしても、出生
の秘密を解き明かさないと、前へ進めないのです。それが証
拠に身ごもった第二子を堕胎してしまう…。これがヨーロッパ、
特にフランスの現実の問題。 実際に、2006年FIFAワールドカ
ップの決勝フランス×イタリア戦で 当時世界No.1プレーヤー
ジネジーヌ・ジダンがイタリアのマテラッツに母親・姉ら親族
を侮辱され、頭突きして、退場になるという事件がありました。
それを考えると感慨深い映画ですよ…




監督 ウニー・ルコント
製作 ロラン・ラヴォレ
脚本 ウニー・ルコント、アニエス・ドゥ・サシー
撮影 カロリーヌ・シャンプティエ
音楽 イブラヒム・マーロフ
出演 セリーヌ・サレット      (エリザ)
    アンヌ・ブノワ        (アネット)
    ルイ=ド・ドゥ・ランクザン (アレックス)
    フランソワーズ・ルブラン  (ルネ)
    エリエス・アギス      (ノエ)
    カトリーヌ・ムシェ      (クビアク夫人)
    ミシャ・レスコー        (ファビオ)
    パスカル・エルソ       (ロジャー)


スポンサーサイト