2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
池井戸潤 『下町ロケット2 ガウディ計画』
池井戸潤 『下町ロケット2 ガウディ計画』 (小学館) 1,620円



[作品紹介]
その部品があるから救われる命がある。ロケットから人
へ―。 下町の佃製作所に開発依頼が持ち込まれたのは、
「ガウディ」と呼ばれる心臓の人工弁。しかし、実用化まで
長い時間と多大なコストを要する医療機器の開発は 中小
企業である佃製作所にとって、あまりにもリスクが大きい。
苦悩の末に佃が出した決断は…
直木賞受賞作に待望
の続編登場

************************************************

もう、あの大ヒットドラマから1年近く経っていますね。すぐ
図書館に本の予約を入れたのに…300人~400人待ちで、
こんなに時間を要してしまいました。 これは TBSでのドラ
マ放送と同時進行で、確か 朝日新聞に連載されていまし
たっけ
 まあ、ゆっくり、じっくり読みたいので単行本が出
版されるまで待っていたら、もう 大分 昔のことのように感
じてしまいますね。

今度は、心臓の人工弁を作る『ガウデ計画』
 
前作のロ
ケットに比べると…少々規模が縮小されたような気はしま
すが、その目的はロケットよりも、さらに人のためになるか
もしれません。 さらに、 ロケットのエンジンバルブを供給し
ている帝国重工からはそのバルブがコンペになる との悪
いしらせも入る。もう佃航平は、今度こそ 本当に絶対絶命
なのであります。

今回も最後は胸がすくような大逆転劇
 ただTVドラマと
同時進行だたので、もう佃 航平=阿部 寛、殿村直弘=
立川談春、財前道生=吉川晃司、貴船恒広=世良公則、
山崎光彦=安田 顕滝川信二=篠井英介、椎名直之=
小泉幸太郎、桜田 章=石倉三郎にしか見えてきません。
しかし 唯一にして、最のミスキャストは一村隼人演じ
た今田耕司だったな


スポンサーサイト