2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
映画 「深夜食堂」(2014年)
安倍夜郎の同名漫画を原作として、繁華街の片隅で小
さな堂を営む寡黙なマスターと そこに集うワケありな
客たちが織りなす悲喜こもごもの人生模様を綴る、小林
薫主演の人気深夜TVドラマ 初の劇場版。 共演には高
岡早紀、柄本時生、多部未華子、余貴美子、筒井道隆、
菊池亜希子、田中裕子の他、 不破万作、綾田俊樹、オ
ダギリジョーら、ドラマのレギュラー陣も多数登場。



夜も更けた頃に営業が始まるその店を人は“深夜食堂”
と呼ぶ。メニューは酒と豚汁定食だけ。 それでも、客の
リクエストがあれば、出来るものなら何でも作るのが
スターの流儀。そんな居心地の良さに 店はいつも常連
客でにぎわっていた。ある日、店に誰かが置き忘れた骨
壺が。 どうしたものかと途方に暮れる御一同…。



「ナポリタン」 久々に顔を出した、たまこ(高岡早紀)。愛
人のパトロンを亡くしたばかりの彼女は 葬式にも出られ
ず、財産分与も受けられず、自暴自棄になっていた。
こに居合わせたのは、冴えない若者はじめ(柄本時生)。
すぐに意気投合した2人は、付き合い始めるが…。結末
は予想通りのもの。結局、振ったのはたまこか
はじめ

マスターだけが分かっていた。



「とろろご飯」  上京したもののお金がなくなり、つい無
飲食してしまったみちる(多部未華子)。マスターの温情
で住み込みで働かせてもらう。 料理の腕もあり、常連客
ともすぐに馴染んでいくが、実は 彼女には言うに言え
い事情があって…。マスターの自宅や 私生活が垣間見
えるのが、微笑ましい。 みちるは、今後レギュラー化して
いくのでしょう




「カレーライス」 福島の被災地から、やって来た謙三(筒
井道隆)。 福島で熱心にボランティア活動する店の常連
あけみ(菊池亜希子)にすっかり夢中となり、彼女に会い
たいと日参するが、全く脈が無い。 実は、あけみには、あ
けみの事情があって…。東日本大震災から3年。 どここ
こにも、こんな光景がありそう。最後が、希望のあるもの
で良かった



まさか、映画になるとは思っていませんでした。 と、思っ
ていたら…今年は、続編まで公開になりました。小林薫
マスターの料理。 いつか食べたいな
 TVドラマ版の常
連客のメニュー「タコさんウインナー」と 「卵焼き」も登場
します
 やっぱり、この2つは外せないね





映画 「深夜食堂」(2014年)
監督 松岡錠司
製作 原田知明、都築伸一郎、木下直哉、遠藤茂行 他
企画 遠藤日登思、小佐野保
原作 安倍夜郎 (小学館『ビッグコミックオリジナル』連載)
脚本 真辺克彦、小嶋健作、松岡錠司
撮影 大塚 亮
出演 小林 薫    (めしやマスター)
    高岡早紀   (川島たまこ)
    柄本時生   (西田はじめ)
    多部未華子  (栗山みちる)
    余貴美子   (塙千恵子)
    筒井道隆   (大石謙三)
    菊池亜希子  (杉田あけみ)
    不破万作   (忠さん)
    綾田茂樹   (小寿々)
    松重 豊    (剣崎竜)
    田中裕子   (塚口街子)
    オダギリジー(小暮巡査)
これぞ、銀座の定番!【カフェーパウリスタ】銀ブラコーヒー
“銀座の定番”グルメ、その第四弾は、『カフェーパウリ
スタ』です
 
何故『カフーパウリスタ』が、銀座の定番
かと言うと…それは、「銀ブラ」の語源となっているから
なんです



こちら、カフェーパウリスタの公式サイトでは、「銀ブラ」
の語源は(“銀座をブラつくこと”ではなく)“銀座パウリ
スタに一杯五銭のコーヒーを飲みに行くこと”で、「銀座
の銀とブラジルコーヒーのブラを取った新語」と主張。



その証拠としてカフェーパウリスタでは「銀ブラ証明
書」なる物を発行し、顧客に授与しています。 カフェー
パウリスタは、1911年(明治44年)12月に創業。“日本
初のカフェ”と自認しています。



以上の説は、真贋、諸説あるようですが、来日中のJ.
レノンとO.ヨーコが足しげく通っていたというのは、間
違いないようです。現存する
銀座店(銀座8丁目)は
1970年に再開したものだそうですよ。



こちらは
 2003年に大阪箕面市で発見された資料で、
銀座店より箕面店が6ヶ月早い 1911年6月に開業され
たという新聞広告ですね
 
確かに、“6月25日開業”
書いてありますもんね…



こちらで是非、飲みたいのが【森のコーヒー】
 
ラジ
ル・サンパウロ州の提携農園で完全無農薬無肥料
ングルの大自然で育まれたコーヒーの味は格別。
皆さんも“銀ブラ”体験してみてはいかがでしょうか



カフェーパウリスタ (℡:03-3572-6160)
東京都中央区銀座8-9-16 長崎センタービル 1F
営業時間 8:30~21:30
森のコーヒー      580円
パウリスタオールド 580円
おかわりコーヒー   300円
アイスコーヒー    580円
エスプレッソ      580円
カプチーノ       780円
これぞ、銀座の定番!【煉瓦亭】元祖オムライス
“銀座の定番”グルメ、その第三弾は、『煉瓦亭』の【元
祖オムライス】です
  第二弾 『銀座スイス』 の隣の隣
くらいにある。激近。住所表示も、一緒だね



この『煉瓦亭』は、凄いんですよ
 なんと、創業は明治
28年(1895年)ですよ。 出た~
 1800年代ですから
ね。
創業から121年です



ここは、歴史が古いだけあって、ほとんどの洋食を考案。
食事の提供の仕方=「皿にライスを盛る」着想を発案し
たとも言われていいます



その中でも、特に“元祖”と名の付くメニューは3つ。【元
祖オムライス】、【元祖ハヤシライス】、【元祖ポークカツ
レツ】の3大元祖が、ここ『煉瓦亭』から生まれました。



その中から本日は【元祖オムライス】の登場です
 
はり卵トロトロみんな大好き
オムライスだよね~
しかも、ここのオムライスはちょっと他とは違います。



今は、ケチャップライスを卵で包んで、しかも 卵半熟
っていうのが流行りだけど、ここのは最初から 溶き卵、
ミンチ肉、玉ねぎ、ライスを混ぜ合わせて作ってる。



思えば、私の幼少の頃の母のオムライスも こんな感じ
だった
 
だから尚更 愛着が湧くのかな…でも、1,500円
ちょっと、いやだいぶお高い
 まさに、銀座 Price

煉瓦亭 (℡:03-3561-7258)
東京都中央区銀座3-5-16
営業時間 11:15~15:00 16:40~21:00 (日曜定休)
元祖オムライス   1,500円
元祖ポークカツレツ 1,700円
元祖ハヤシライス   1,800円
カレーライス      1,500円
特製大カツレツ    2,900円
仔牛チーズ焼      2,800円
ビーフシチウ      3,500円
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」(2014年)


「アベンジャーズ」シリーズのマーベル・コミックが宇宙を舞台
描く同名スーパー・ヒーロー・チームを主人公とする痛快ア
ション・アドベンチャー超大作。 ひょんな成り行きから、銀河
平和を守るために立ち上がたはみ出し者ヒーローたちの
躍を、主人公が肌身離さず持ち歩く “ウークマン” から流
てくる70年代懐メロ・ヒトナンバーの数とともに迫力のア
ンとユーモア満載に描く。主演はクリス・プラト、ゾーイ・
サルダナ、デヴ・バウテスタ、共演にジョン・C・ライリー、グ
レン・クローズ、ベニチオ・デル・トロ。

幼くして地球から誘拐されたピーターは 今や宇宙をまたにか
けるプレイボーイのトレジャー・ハンター。 自ら“スターロード”
と名乗り、どんなピンチも持ち前の悪知恵と度胸で乗り切って
きた。 ある日、ピーターは強大な力を秘めたパワー・ストーン
“オーブ”を手に入れる。 しかし、そのオーブのおかげで、銀河
の支配を目論むロナンと銀河の秩序を司るザンダー星の壮
大な戦いに巻き込まれる。そこでピーターは 宇宙一凶暴なア
ライグマのロケットはじめ 刑務所で出会った4人の訳ありすぎ
のお尋ね者たちと手を組みチーム“ガーデアンズ・オブ・ギ
ラクシー”を結成し、恐るべき闇の存在立ち向かていくのだ
た。



は、作品数が多い
多すぎる
 全然、観るのが追いつか
いよ…
 で、ようやく2014年まで来た。しかも、これってア
アンマン、キャプテン・アメリカ、アベンジャーズと、どう繋が
ってんの
 っていうくらい、訳 分かんないし…登場キャラが
すぎる。そもそも、インフィニティ・ストーン、コズミック・キュ
ブ、エーテル ときて、ここにきて“オーブ”って、何がなんだ
さっぱり分からないよ
 しかも、登場するのは、アライ
マに、木人間、緑女って何よ

まあともあれハチャメチャで、仕掛けが大きくて、何でもアリ
アリのマーベル世界を楽しみましょう。 これを観ないと、次に
繋がっていかないしね。 主役のクリス・プラトは あんまり知
らない人だけど…ゾーイ・サルダナは「アバター」で青い女
演じていたけど、今回は緑の殺し屋役
最初は、グロテスク
だけど、だんだん可愛く見えてくる。アライグマと木人間は、ナ
イス・コンビ。そして、悪役も次から次へと、うじゃうじゃ出てく
る。 ロナンていう大悪党が…と思たら、その上に黒幕(フ
クサー)のサノスがいるって、覚えきれないわ…




「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」(2014年)
監督 ジェームズ・ガン
製作 サヴィン・ファイギ、ルイス・デスポジー、アラン・ファイン、スタン・リー 他
原作 ダン・アブネット、アンディ・ラニング
脚本 ジェームズ・ガン、ニコール・パールマン
撮影 ベン・ディヴィス
音楽 タイラー・ベイツ
出演 クリス・プラッド      (ピーター・ジェイソン・クイル/スターロード)
    ゾーイ・サルダナ     (ガモーラ)
    デイヴ・バウティスタ  (ドラックス)
    ブラッドリー・クーパー (ロケット)
    ヴィン・ディーゼル    (グルート)
    ジャイモン・フンスー   (コラス)
    リー・ペイス        (ロナン・ジ・アキューザー)
    マイケル・ルーカー   (ヨンドゥ・ウドンタ)
    ジョン・C・ライリー    (ローマン・デイ)
    グレン・クローズ    (ノバ軍司令官イラニ・ラエル)
    ベニチオ・デル・トロ   (タリニーア・テイヴァン/コレクター)


「REDリターンズ」(2013年)


ブルース・ウィリスはじめ、ジン・マルコヴィッチ、ヘレン・
ミレンらベテラン俳優たちが引退したCIAの敏腕エージェ
ントに扮して大ヒットを飛ばしたアクション・コメディ「RED
/レッド」の続編。本作では キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、
アンソニー・ホプキンス、イ・ビョンホンらが新たに加わり、
世界を股に掛けた巨大な陰謀を巡て繰り広げられる伝
説のスパイ=“RED”たちの活躍を スケールアップしたア
クション満載に描く。

元CIAエージェントのフランクは、恋人サラと2人でようや
く手にした平穏を満喫していた。そんなある日、元相棒の
マーヴィンが現われ、フランクを新たなミッションに誘う
これを断固拒否するフランクだったが、思わぬトラブルに
巻き込まれ、結局スパイの最前線に舞い戻るハメに。
れは 32年前、米ソ冷戦下のモスクワで小型核爆弾製造
に関する極秘プロジクトがあった。その極秘計画が、今
再び動き出したのだった…。



老取るたちが、現役スパイよりも 格段に優れた腕前を披
露する「RED/レッド」の続編。前回はモーガン・フリーマ
ンが途中で亡くなる客演っぽい感じだったけど、今回は…
キャサリン・ゼタ 姐さんが その役目
 魅力たっぷりのロ
シアン・スパイを演じていますが、やはり途中でお亡くなり

 ちょっと、もったいない感じがします。その分(この人
はやはり悪役が似合いますな
アンソニー・ホプキンス
が、ピリリと効いてましたね

ブルースはもちろん…今回も大活躍なのはヘレン・ミレン
姐御。特に格好良い
 
両手拳銃の写真は、やはりア
しとかないとね。それに、この肉体美を見せるためだけに
出てきたとも思われるイ・ビンホン
 
鍛えてますね~
見所はいっぱいだけど、そろそろ食傷気味かもね
ただ、
ブルースは、「ダイ・ハード」シリーズよりは、こっちの老取
るシリーズの方がいいんじゃな~い
 再婚して、子供も
生まれので、まだまだ稼がないとね…




「REDリターンズ」(2013年)
監督 ディーン・バリソット
製作 ロレンツォ・ディ・ボナ・ヴェンチュラ、マーク・ヴァーラディアン
原案 ウォーレン・エリス、カリー・ハムナー
脚本 ジョン・ホーバー、エリック・ホーバー
撮影 エンリケ・シャディアック
音楽 アラン・シルヴェストリ
出演 ブルース・ウィリス       (フランク・モーゼス)
    ジョン・マルコヴィッチ     (マーヴィン・ボックス)
    メアリー=ルイーズ・パーカー(サラ・ロス)
    キャサリン・ゼタ=ジョーンズ (カーチャ・ペトロビッチ)
    ブライアン・コックス       (イヴァン・シモノフ)
    ニール・マクドノー        (ジャック・ゴードン)
    イ・ビョンホン           (ハン・チョバイ)
    ヘレン・ミレン           (ヴィクトリア)
    アンソニー・ホプキンス     (エドワード・ベイリー)


🍷ライアンズ・グリルのハッピー・アワー♪
ワイキキのハッピー・アワー特集、その第三弾で最終回
ード・センター2階にある「ライアンズ グリル(Ryan's
Grill)」です。



本当は、違うお店に行こうと思っていたんだけど…
止めらる所が見つからなくて
4年連続の来訪とな
てしまました。まあ、嫌いじゃないし、いいでしょう




こちらのハッピーアワーは、15:00~19:00 比較的長い
時間だね。しかも、21:00~閉店までも ハッピーアワーだ

 太っ腹だねぇ~



ドリンク類は、
ビールが3.95ドル、
ワインが4.95ドル、

カクテルが5.95ドル、と1ドル刻み。 毎年恒例のフロー
ズン・マルガリータと 今年はバーテンダー・ストロベリー・
レモネードで乾杯



食べ物の方も 毎年恒例、ホット・クラブ
&アーティチョ
ーク・ディップ。 これは絶品の美味しさ
 と、神戸スライ
ダーという名の小っちゃいハンバーガー
 そ して、やっ
ぱり、頼んじゃうのは
カラマリ(烏賊)



カミさんは、
白ワインをおかわりして、いい気分
 
ちょ
ど、夕日が傾いて、いい感じです
 でもさすがに
年は他のお店に行こうと思います。
👜ワイキキにノードストローム・ラック出現!


久々にようやく、ハワイ旅行記2016に戻て来ま
ーケットプレイスに続く、ワイキキの大改装
 
その
第三弾は、ノードストローム・ラックの出現です。



元々高級デパートのノードストロームは、アウトレ
それがどうでしょう
  ワイキキのど真ん中、クヒオ
通り沿いのワイキキ・トレードセンター2階に堂々
のオープンです。



てましたがまた ハワイ買い物オタクとしては
有り難いお店(2店舗目)が出来たものです。



ワード店は比較的に
靴のラインナップが充実し
ていましたが…こちらは 2階のワンフロアしかない
ながら、アクセサリーや、鞄そしてメンズも充実し
た品揃え。



して、買ってしまいましたね
  COACH(コーチ)
のバッグです
 定価450ドルが259.97ドルに
 
本で買たら、こちらの定価の15倍はするでしょ
うからね。



そしたら、カミさんはもっとお買い得な コーチの
ッグを買ってました。 定価550ドルが269.97ドル
さらに、赤札価格が192.50ドル
 こりゃー、お買い
得競争では負けたわ


これぞ、銀座の定番!【銀座スイス】元祖カツカレー
“銀座の定番”グルメ、その第二弾は、『銀座スイス』
の【元祖カツカレー】です



『銀座スイス』は、1947年(昭和22年)に銀座6丁目に
創業。 開店して間もなくの1948年店の常連客だ
読売巨人軍(現ジャイアンツね
)の 千葉 茂選手が、
試合後にカレーライスと豚カツを同時にオーダー



さらに、豚カツをカレーの上に載せて出すように注文
ていた。 これをヒント
として 店主の岡田義人が
式にメニューに取り入れたのが、【カツカレー】の発祥
といわれています。



この千葉茂さんにちなんだ、【千葉さんのカツカレー】
はポークのロース肉120gのカツが乗せられたカレー
で1,400円。その他に、【元祖カツカレー】という豚肩ロ
ース60gのカツが乗ったメニューもあります。



今回は、間をとって…豚肩ロース60gのカツが 2枚乗
た【Wカツカレー】にしてみました。野菜や、スパイス
がたくさん入ったカレーは、香ばしくコク深く、スパイ
シーなもの。



カツもサクリと揚がっていて、さすが70年の歴史と伝
統が感じられます。昔ながらの外観と テーブルクロス
も いい感ですね


銀座スイス (℡:03-3563-3206)
東京都中央区銀座3-5-16
営業時間 11:00~20:00 (火曜定休)
千葉さんのカツカレー  1,400円
元祖カツカレー      1,080円
Wカツカレー       1,180円
オムレツカレー     1,080円
ステーキカレー      1,700円
これぞ、銀座の定番!【銀座天龍】大餃子
 [旧店舗]


さて、2016年のハワイ旅行記の連載を続けながらも、
グルメの企画も進行していきます。今度は、“銀座
定番”グルメを取り上げましょう

          [新店舗]


まず その第一弾は、創業昭和24年『銀座天龍』です。
西暦にすると1949年ですから…創業以来67年という
銀座の老舗です。 ここの 【餃子】は、“知る人ぞ 知る
銀座の大定番グルメです。

 [内装]


こちらの 『銀座天龍』は、今年3月に場所が移転して
洒落な新ビルの4階に移転してました。 暫く行って
いうちに随分と変わったものです



こちらの【餃子】は直径が12~13cmある、まさに大餃

 
約40分かけて練り上げた餡を、厚めの皮でくる
んだ餃子はジューシーでもちもち。さらに、ニンニクを
一切使用していないので気になる臭いも大丈夫



この餃子が8個で1,050円。定食などは無いので
飯100円を頼んでも…1,150円で 大満足ランチが堪能
できます。 ただスープとかが付かないのはちょっと
寂しい感じもします



追記: この日は10月中旬でしたが、10月24日より、餃
子の値段は1,100円に値上がりしたそうです…

銀座天龍 (℡:03-3561-3543)
東京都中央区銀座2-5-19 MCUD銀座 4階
営業時間 11:00~21:30
焼き餃子(8ヶ)      1,050円(⇒10/24より、1,100円)
ローストチキン     1,750円
エビのマヨネーズ和え 1,750円
中華丼          1,050円
角煮丼          1,120円
レタス炒飯        1,070円
ご飯   (小)100円、(大)150円
「ジャッジ・ドレッド」(1995年)


イギリスの同名人気コミックをハリウドで実写化。 主演に
当時、 人気絶頂のシルヴェスター・スタローン。 共演に
性格俳優マックス・フォン・シドーとダイアン・レインを迎え
ての豪華な作りで、この当時の映像技術としては、目を見
張るものがあるが、 興行的にはさほどでもなく、 続編は
送られた。 2012年には続編ではなく、リブート作品が作ら
れた。

核戦争によって壊滅的なダメージを受けた地球には、3つ
のメガシティと呼ばれる人口過密都市が残された。そのひ
とつ、元はニューヨークと呼ばれた地に建設された〈メガシ
ティ・ワン〉では、過度な人口過剰により社会秩序が崩壊し
都市は荒廃しきっていた。 その中で、 唯一秩序を守ってい
るのが“ジャッジ”と呼ばれる特殊訓練を受けた超エリート
達による究極の治安維持部隊である。 彼らは、罪を犯した
者を逮捕し、その場で判決を下す。さらに 刑罰を与える絶
対的権力を持っていた。



結局、「インデペンデンス・デイ」と同じように…こちらの「ジ
ャッジ・ドレッド」も旧作品のレビューを上げました
 こちら
カール・アーバンと違い、スタローンは仮面を脱いで、素
顔が出る出る
 まあ、そりゃそうだわな。 当時のヒーロー
だもん、素顔を未公開な訳にはいかないでしょう。 ただ、仮
面越しにも、あの“の字口”で、スタちゃんと分かっちゃう
どねぇ~

内容としてはクローン技術アリの、遺伝子操作アリの、ち
っとこの時代としては…だいぶ先んじていたような気がしま
が、衣装や美術など 時代考証としては、やはり今見ると
古い感じは否めません。 ただし これがスタローンの大仰な
演技とは不思議とマチしていて良い
それに こちらに登
場するダイアン・レインは、正統派の美女で、新作とは違う
で良かったですな




「ジャッジ・ドレッド」(1995年)
監督 ダニー・キャノン
製作 チャールズ・M・リピンコット、ボー・E・L・マークス
原案 ジョン・ワグナー、カルロス・エスクエラ
脚本 ウィリアム・ウィッシャー、スティーヴン・E・デ・スーザ
撮影 エイドリアン・ビドル
音楽 アラン・シルヴェストリ
出演 シルヴェスター・スタローン (ジャッジ・ドレッド)
    アーマンド・アサンテ     (リコ)
    ダイアン・レイン        (ジャッジ・ハーシー)
    ロブ・シュナイダー      (ハーマン・ファーガソン)
    ユルゲン・プロフノウ     (ジャッジ・グリフィン)
    バルサザール・ゲティ    (メイソン・オルメイヤー)
    マックス・フォン・シドー    (ファーゴ長官)