2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
⛩開運散歩 ~雑司が谷七福神めぐり~ 【目白不動尊・鬼子母神堂・大鳥神社】
かりいつかはまわってみたいと思っていました。しばらく
ご無沙汰だったので、【目白不動尊】に行ってみました。

 【目白不動金乗院】


天正年間の頃(1573-1592年)の創建。開基である僧・永
順が ご本尊である聖観世音菩薩を勧進して 観音堂を作
ったのが始まりとされています。



目白不動尊を祀っていることでも有名ですが、元々こちら
にあったのではなく約1キロほど離れた関口駒井町(現
在の文京区関口)の新長谷寺にあったものでした。



新長谷寺は第二次大戦による戦災で壊滅な被害を受け
1945年(昭和20年)に廃寺となってしまい目白不動尊は
こちらの金乗院に移されたといいます。



こちらは本来、神霊山金乗院慈眼寺と呼ぶのだそうです
が、同じ豊島区内に もう一つの慈眼寺(正寿山慈眼寺)
があるため…通常は、金乗院と呼ばれています。



御朱印は 2種類。『目白不動明王』と、ご本尊の『聖観世
音菩薩』。こちら金乗院には 江戸時代の武士・丸橋忠弥、
公事師・青柳文蔵などのお墓があるそうですよ




せっかく 雑司が谷に来たんだから【鬼子母神】にも行っ
てみなくち
と思い向かたのは【雑司が谷鬼子母
神堂】です。

 【鬼子母神堂】


都電荒川線の「鬼子母神駅」からは、ケヤキ並木 に囲ま
れた表参道が鬼子母神まで案内してくれます。初めて訪
れたのに、何故か懐かしい感じがします。



近所の 威光山法明寺の境内の飛地にあたります。永禄
4年(1561年)山村丹右衛門が現在の目白台の辺りで
子母神像を井戸から掘り出し、祀ったのが始まり。



境内には、大国堂がありました。聞けば、雑司が谷七福
神なんだとか
これは「江戸五色不動」から 「雑司が谷
七福神めぐり」に、予定変更です



「雑司が谷七福神」は2011年と割と新しく始まった七福
神めぐりです。お寺や神社だけでなくビルの1階に祀ら
れている神様もいる異色の七福神ですね。



こちらで鬼子母神さんで頂ける御朱印は 『鬼子母尊神』
と、『大黒尊天』です。達筆ですね
 さて、ここから 七福
神めぐりスタートです。




 【大鳥神社】


大鳥神社は鬼子母神堂境内に、正徳年間(1711-1716
年)から祀られていた鷲明神を明治の神仏分離後に当
地へ遷座したといいます



都電荒川線の線路沿いにあり線路横にこのような立派
な石鳥居があります。敷地はさほど広くはないのですが、
抜けも良く、気持ちのいい空間でした



本殿には唐風の狛犬そして割と立派な恵比壽神が祀
られているお堂があります雑司が谷七福神は通年でお
参り出来、全ての神様が開帳されているのが特徴です



御朱印は 七箇所全てで頂けることはないようです。頂い
た案内図で調べてみると、【鬼子母神堂】【大鳥神社】【清
立院】の三箇所はOK
のようです。



こちらの御朱印も立派ですよね
 『大鳥神社』の御朱印
には
都電荒川線が押印されています。『恵比寿神』
御朱印には総本社・西宮神社の印が押されています。

この続きは、明日アップします
スポンサーサイト