2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
「羊と鋼の森」(2017年)


第13回本屋大賞に輝いた宮下奈都の同名ベストセラーを、
「四月君の嘘」の山崎賢人主演で映画化した音楽青春ド
ラマ。 一人前の調律師を目指して、楽器店に就職した主人
が、個性豊かな先輩調律師たちや高校生姉妹をはじめ
とする 仕事先で出会う人々との交流を通じて、何度も迷い、
みながらも逞しく成長していく姿を描く。 共演は鈴木亮平、
上白石萌音・萌歌、三浦友和。監督は「orange-オレンジ-」
が映画デビューの橋本光二郎。

北海道の山奥で育った高校生の外村直樹は たまたま立ち
会った学校のピアノの調律現場でその音に生まれ故郷の
森の匂いを感じて魅了される。 音楽の才能も、クラシックへ
の興味がなかった外村だったが、このとき出会った調律師・
板鳥宗一郎に憧れ自分も調律師になると決意する。やが
て 調律の専門学校を卒業した外村は板鳥と同じ楽器店に
採用。そして 先輩調律師の柳伸二について調律の仕事を
一から学んでいく。 そんな中、対照的なピアノを弾く高校生
姉妹・佐倉和音と由仁に出会う…。



この原作、好きなんですよね なので…逆に映画はその
世界観を壊してしまうんじないか
 と、映画を観るのは当
初躊躇われました。キャストがねぇ~
 
主演は、山崎賢人
だしケータイ小説みたいに出来上がてたらどうしよう
思って…。 でも 心配は無用でした
 
そこには あの原作で
読んだ瑞々しい音楽と才能と、努力にまみれた世界があり
ました。 恩師役の三浦友和と、先輩役の鈴木亮平は、私的
にはちょっとイメージが違ったけど…。

ただ、それを補って余りあったのが、天才ピアニスト姉妹を
演じた上白石姉妹(萌音・萌歌)です。他の映画や、CMなど
で歌が上手いのは分っていましたが ピアノの腕前もたいし
たもんです
 
聞けば、ピアノはほとんど経験が無かったん
だとか
 さすが、名前に“音”と“歌”が付く だけのことはあ
りますな
 
大昔のことですが…小学校の6年間、ヤマハの
ピアノ教室でピアノを習っていたことを思い出しました。もし、
続けていたら、天才キーボード奏者に…なってないな




「羊と鋼の森」(2017年)
監督 橋本光二郎
原作 宮下奈都 『羊と鋼の森』 (文藝春秋)
脚本 金子ありさ
製作 市川 南
撮影 山田康介
音楽 久石譲×辻井伸行 『The Dream of the Lambs』
出演 山崎賢人  (外村直樹)
    鈴木亮平  (柳 伸二)
    上白石萌音 (佐倉和音)
    上白石萌歌 (佐倉由仁)
    堀内敬子  (北川みずき)
    仲里依紗  (濱野絵里)
    城田 優   (上条真人)
    光石 研   (秋野匡史)
    吉行和子  (外村キヨ)
    三浦友和  (板鳥宗一郎)


スポンサーサイト