2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
「愛を読むひと」(2008年)

ドイツ人作家ベルンハルト・シュリンクの世界的ベストセラー
『朗読者』を、「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」のステ
ィーヴン・ダルドリー監督が映画化した 切なく官能的な愛の
物語。 第二次世界大戦後のドイツを舞台に、ひ弱な一人の
青年と、年の離れた謎めいた女性が繰り広げる禁断の愛と、
悲劇的な運命の行方を綴る。 主演は本作でみごとアカデミ
ー賞に輝いた「タイタニック」のケイト・ウィンスレット、共演に
レイフ・ファインズと新鋭デヴィッド・クロス。

1958年のドイツ。 15歳のマイケルは偶然出会った年上のミ
ステリアスな女性ハンナに心奪われ、 うぶな少年は彼女と
彼女の肉体の虜となっていく。 やがて度重なる情事のなか
で、いつしかベッドの上でマイケルが本を朗読することがふ
たりの日課となる。 ところが、ある日突然ハンナは姿を消し
てしまう。そして8年後、法学生となったマイケルは、ハンナ
と思いがけない形で再会を果たすことになる…。

アカデミー特集第2弾は、2008年度主演女優賞受賞の「愛
を読むひと」です。 作品賞と主演男優賞は意外と重ならな
いと昨日書きましたが、 面白いことに作品賞と女優賞のダ
ブル受賞はもっと少ないんです!1990年~2009年の20年
間で、「羊たちの沈黙」ジョディ・フォスター、「恋に落ちたシェ
イクスピア」グウィネス・パルトロー、「ミリオンダラー・ベイビ
ー」ヒラリー・スワンクの3度だけです(@_@。

でも、さすがに主演女優賞受賞のメンバー強烈な個性を放
っていますねぇ~!キャシー・ベイツ、ホリー・ハンター、ハ
ル・ベリー、シャーリーズ・セロン、ヘレン・ミレン、ケイト・ウ
ィンスレット…いずれも、汚れ役、ヌード、殺し屋など、壮絶
な人生を体当たりで演じている作品が多いです。その意味
では、男優賞を受賞している作品よりも、さらに印象的なも
のが多いと感じるのは私だけでしょうか…!?

さて、この映画は何と言ってもケイトの熱演に尽きますね!
前半のアダルトでエロティックな展開から、 後半にガラッと
法廷ものの様相を呈してくる演出も、素晴らしかったです。
非識字のことを隠し通したために、ホロコーストの責任を負
わされ、無期懲役になってしまったハンナ。せっかく独房内
でマイケルの送ってくれたテープで、読み書きができるよう
になったのに…哀しい結末でした。

「愛を読むひと」(2008年)
監督 スティーヴン・ダルドリー
製作 アンソニー・ミンゲラ、シドニー・ポラック 他
原作 ベルンハルト・シュリンク 『郎読者』 (新潮社)
脚本 デヴィッド・ヘア
出演 ケイト・ウィンスレット    (ハンナ・シュミッツ)
    レイフ・ファインズ      (マイケル・バーグ)
    デヴィッド・クロス      (青年時代のマイケル・バーグ)
    レナ・オリン          (ローズ・メイザー/イラナ・メイザー)
    アレクサンドラ・マリア・ララ(若き日のイラナ・メイザー)
    ハンナ・ヘルツシプブリング(ユリア・バーグ)
    ズザンネ・ロータ       (カーラ・バーグ)
    ブルーノ・ガンツ       (ロール教授)

スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
PONYさん、死と引き換えににするような秘密…
今の世の中では考えられないですよねぇ~!?
2011/03/01(火) 22:36:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
ちいずさん、確かに戦争は誰にとっても不幸な出来事です。
それが例え、戦争を起こした加害者側であっても…
2011/03/01(火) 22:38:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
メロディさん、原作も読まれたんですねぇ~!
ルース・レンデルのミステリーもいつかは読んでみたいものです^^
2011/03/01(火) 22:39:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
しのさんも、原作読んでいるんですね♪ ケイトの演技は素晴らしかった!
デヴィッド・クロスの少年時代も、レイフ・ファインズの中年時代もそれぞれに良かったです^^
2011/03/01(火) 22:45:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
TBアザース♪
2011/03/01(火) 22:46:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
薫少将さん、結構、原作も有名なのねぇ~!
2011/03/01(火) 22:46:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
mEさん、やはりケイトの演技に尽きるでしょう!
共演の男優陣も良かったですね~(^_-)-☆
2011/03/01(火) 22:48:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
cartoucheさん、戦争の傷跡というものは、後々まで不幸の連鎖をもたらすんですよねぇ~!
2011/03/01(火) 22:54:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
フェイさん、ハンナも戦争の犠牲者であることは間違いないです!
あの裁判で、他の看守役のオバサンたちが憎らしく思えたのは私だけでしょうか(>_<)
2011/03/01(火) 22:56:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
kuuさん、まさに一世一代の演技でしたね♪
オスカー受賞は、誰もが納得です!
2011/03/01(火) 22:57:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
choroさん、やはり“男の捨て身”よりも“女の捨て身”の方が絵になりますからね…^^
2011/03/01(火) 22:59:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
くるみさん、これは私も忘れられない映画になりそうです♪
2011/03/01(火) 23:00:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
syowさん、そうなのよ!めったに無いのよ~♪
今年も、違ったでしょう^^
2011/03/01(火) 23:01:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
A☆coさん、ただの恋愛ものの映画ではなく、重く深い内容でしたね…
それでも、人を愛するということは崇高なことです!
2011/03/01(火) 23:08:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
もくれんさん、今年のクリスチャン・ベイルも凄かったもんねぇ~♪
2011/03/01(火) 23:09:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
じゅりさん、ケイト・ウィンスレット、いい女優さんになりましたねぇ~^^
もう一回くらいオスカー取るかもよ!?
2011/03/01(火) 23:11:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
この作品を映画館へ観に行って、冒頭から、この世界観にどっぷりと入り込んでしまい、最後まで心が苦しかったことを思い出しました。
正に運命に翻弄されたハンナ…切ない一生でした。
ニコール・キッドマンでなく、ケイト・ウィンスレットが演じてくれて、本当に正解だったと思います。
こちらからも、TBさせてくださいね。
2011/03/01(火) 23:11:00 | URL | マミ #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
マミさん、本当に重く、苦しい、話でしたねぇ~!
戦争の犠牲というのは時代を超えて影響を及ぼすもんだなとつくつく感じさせられました…
ニコール・キッドマンは、さすがにミスキャストだったでしょう?
彼女の妊娠により、ケイト・ウィンスレットに配役が戻ったのは神の御業でしょう\(^o^)/
2011/03/02(水) 22:33:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
原作を読んだんですけど原作はミヒャエルの手記風で彼の気持ちがよくわかりハンナの気持ちがわからなかったんだけど映画ではケイトの演技でなんとなく伝わってきました。戦争の犠牲者でしたよね。
重く辛くて涙がとまりまでした。TBお返ししますね。遅くなってすみません。
2011/07/10(日) 14:10:00 | URL | LAGUNA #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
らぐなさん、ケイト・ウィンスレットの体当たりの演技、素晴らしかったです♪
『タイタニック』より、女優として著しく成長した彼女を観られて感動しました!
2011/07/10(日) 22:18:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック