2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
「羊たちの沈黙」(1990年)

 
狂気の天才レクターを主役としたトマス・ハリスの同名ベストセ
ラーを映画化。 卓越した原作に気押される事なく、そのサスペ
スやムードを見事にフルムに転化したJ・デミの演出も評価
れるが、やはり若き女性FBIに扮したJ・フォスターとレクター
A・ホプキンスの存在感は他を圧倒する。 結果、この種のス
リラーとしは珍しくアカデミー賞の作品・監督・主演女優・主
演男優賞とった主要部門を独占した。
 
若い女性の皮膚を剥ぎ落としその死体を川に流すという残忍
な連続猟奇殺人が発生した。犯人の仮称を冠し“バッファロー・
ビル事件”と呼ばれるこれを解決するため、FBI訓練生のクラリ
スは、クロフード主任捜査官からある任務を課される。それは、
元は天才的な精神科医であり、 自分の患者を食したため現在
州立精神病院に措置入院させられている レクター博士を訪ね、
ッファロー・ビルの精神状態を解明させるというものだった…
 

 
1975年年公開の「カッコーの巣の上で」も相当な話題作であり、
問題作でしたが、この「羊たちの沈黙」は、まあ歴史を変えまし
たね
 サイコ・スリラーであり、猟奇サスペンス…まさか
 
んな作品がアカデミー賞を取るなんて
時代は変われば
わるものです。 しかも、だたオスカーを取っただけではなく、 主
要5部門(作品、 監督、 主演男優、 主演女優、脚色)独占受賞
ですからねぇ~
 
これはしかしジョディ・フォスターとアンソニー・ホプキンスとい
う類まれな才能が結集されたからに他ならないでしう。ストー
リーの本筋であるべきバッファロー・ビルの皮剥ぎ事件がかす
んでしまうほどの、二人の会話シーンの テンションの高さには
目を見張るものがありました
また演出やカメラワークの巧
みさも特筆ものです。因みに、オスカー主要5部門独占受賞は
前出の「カッコーの巣の上で」をも含めて3作目だそうです
 

 
 
「羊たちの沈黙」(1990年)
監督 ジョナサン・デミ
製作 エドワード・サクソン、ケネス・ウット、ロン・ボズマン
原作 トマス・ハリス 『羊たちの沈黙』 (新潮文庫)
脚本 テッド・タリー
撮影 タク・フジモト
音楽 ハワード・ショア
出演 ジョディ・フォスター    (クラリス・スターリング)
    アンソニー・ホプキンス (ハンニバル・レクター)
    スコット・グレン      (ジャック・クロフォード主任捜査官)
    テッド・レヴィン      (バッファロー・ビル)
    アンソニー・ヒールド    (フレデリック・チルトン医師)
    ケイシー・レモンズ    (アーディリア・マップ)
    ブルック・スミス     (キャサリン・マーティン)
    ダイアン・ベイカー    (ルース・マーティン上院議員)
 

スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
アンソニー・ホプキンス~~
この映画の印象が強すぎてアンソニー・ホプキンス出演の
他の作品を見ても、この映画を思い出しちゃうんですよね^^;☆彡
2012/11/01(木) 00:25:00 | URL | Sharon☆彡 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
sharonさん、いつもコメありがとうございます♪
確かに、この映画でアンソニー・ホプキンス=ハンニバル・レクターの印象が定着しましたね!
強烈な印象だと、他の役を演じ難い点もありますが、当り役というのは嬉しいものでしょう(^^ゞ
2012/11/03(土) 21:58:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
このような猟奇的な事件を描いた作品として、どんな感想を持つだろう・・・
と思ってみたのですが、スリラー、サスペンスの王道、素晴らしい
緊張感溢れる名作だと思いました。

おそらく今だともっと断片的なカットや時系列の入れ替えなどを
とりいれて判り難くしてしまいそうですが、このように
ストレートにしかし恐怖感を絶えず感じさせるような演出は
観ている人も納得の展開でよかったと思うのですよね。

いやー、過去の名作といわれる作品を現在観ても納得がいく、
というのは本当に嬉しいものでした。
2012/11/04(日) 01:52:00 | URL | エルザの大聖堂への行列に並ぶ人 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
エルザさん、本当にその通りです!

文学作品や人間ドラマの映画も嫌いじゃありませんが、このジャンルでのオスカーは素晴らしい♪
その意味では、ファンタジーの金字塔「ロードオブザリング 王の帰還」もまた、歴史を作りました。

時代を楽々と凌駕する…というのも名画の条件ですねぇ~(^^)v
2012/11/04(日) 23:20:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
もう22年も前の作品なんデスか~。
嘘みたいデスね~W

アンソニーの魅力全開って感じの作品デス。
このレクター登場作品はすべてDVDを持ってマスが、これが一番好きデスね。
ちなみにたしか『レクターのすべて』?やったかな?
本も持ってマス
でもタイムリーで好きになった映画ではなく、大分あとになってから観ました。
当時はどうしても上映映画館では観たくない映画の1本
でした
ほほほ~ 変われば変わるもんデスわ~

こちらもTB返しさせていただきマスね~
2012/11/07(水) 21:20:00 | URL | まめ助 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
まめ助さん、やはりこの作品が原点であり、クオリティNo.1ですよねぇ~!
アンソニー・ホプキンスといえば、このレクター博士以外ないくらいのハマり役です♪

まあ、サイコキラーの役ですから、観る方も最初は複雑な心境でしたが、
アンソニーが演じると、どこかしら高貴(ノーブル)な雰囲気が漂うから不思議ですね。

こういうのを一世一代の“当り役”というんですかねぇ~!?
2012/11/08(木) 04:36:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
クラリスとレクター博士のシーンは本当に緊迫感がありましたね~
怖くて再見できずにいますが、さすがにこの映画のインパクトは大きかったです。
ジョディもホプキンスも最高でしたね!
TBさせてくださいね♪
2012/11/11(日) 16:59:00 | URL | choro #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
choroさん、怖いけど…CSで一挙放送があったので観返してみました!
やはり、この作品が原点!素晴らしいですねぇ~♪2人の出世作です。
なんたって、オスカー主要部門独占でしたからね…(^^ゞ
2012/11/12(月) 21:31:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック