2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
「インターステラー」(2014年)


「メメント」「インソムニア」「ダークナイト」のクリストフ
ー・ノーラン監督が、理論物理学者キップ・ソーン博
のスペース・トラベルに関するワームホール理論を下
敷きに描く ハードSF超大作。 かつてない危機に直面
し、新たに発見されたワームホールを利用した超遠距
離惑星間移動に最後の希望を託す人類の運命と
大な使命と引き換えに永遠の離別を迎えようとしてい
父娘の絆を壮大なスケールで描く。主演は「ダラス・
バイヤーズクラブ」のマシー・マコノヒーと 「レ・ミゼラ
ブル」のアン・ハサウェイ。

近未来の地球。環境は加速度的に悪化し、植物の激
減と食糧難で人類滅亡の時は、確実なものとして迫っ
ていた。そこで人類は居住可能な新たな惑星を求め
て宇宙の彼方に調査隊を送り込むことに。この過酷な
ンに選ばれたのは、元テストパイロトのクーパ
ーや生物学者のアメリアらわずかなクルーのみ。 しか
しシングルフーザーのクーパーには15歳の息子ト
とまだ幼い娘マーフィーがいた。 このミッションに参加
すれば、彼らとは会えなくなる。それでも泣きゃくる
マーフーに“必ず帰てくる”と約束するクーパー
たが…。



長い映画でした。169分ですからね…ほぼ3時間
飽きさせないのは、さすがクリストファー・ノーランで
す。「メメント」 「インソムニア」 「プレステージ」 「ダーク
イト」 「マン・オブ・スティール」…みんな 良かった
これは難解で、まるで 現代の「2001年宇宙の旅」と
も言いましょうか
 “相対性理論”“五次元”“重力波”
物理や科学は苦手ですが、私なりに解釈・分析してみ
ましょう。間違っていても、ご愛敬だと思ってください。

まずは相対性理論。これには特殊相対性理論と一般
相対性理論がある。 特殊相対性理論とは、高速運動
しているものは、時間の進みが遅くなるというもの。 対
して 一般相対性理論は、重力の影響を受けるものは
時間の進みが遅くなるというもの。この両方をして“宇
宙飛行士は年をとらない”ということから実証されてい
るようです。また、クライマクスに登場する 五次元で
す。一次元は線(縦軸、緯度)、二次元は面(横軸、
度)、三次元は立体・空間(高さ)、四次元は時間。



それでは五次元は…
 一つの考え方としては“時間
軸が無数にある”という概念らしい。 同じ場所でも、時
間が違えば、複数存在しますよね。昨日の私と、今日
の私。今年の私と、去年の私。この五次元では同じ時
間、同じ場所に複数の私が存在する。つまりパラレル
ワールドが存在することらしいです。 だから 宇宙空間
に放り出されたはずのクーパーが、同時にマーフの部
屋の本棚の裏に存在するんですね
  最後の結末の
つけ方も、映像と同じくとても綺麗でした


「インターステラー」(2014年)
監督 クリストファー・ノーラン
製作 エマ・トーマス、クリストファー・ノーラン、リンダ・オブスト、キップ・ソーン
脚本 ジョナサン・ノーラン、クリストファー・ノーラン
撮影 ホイテ・ヴァン・ホイテマ
音楽 ハンス・ジマー
出演 マシュー・マコノヒー  (ジョセフ・クーパー)
    アン・ハサウェイ     (アメリア・ブランド)
    ジェシカ・チャスティン (マーフィー・クーパー)
    デヴィッド・ジャージー (ニコライ・ロミリー)
    ウェス・ベントリー   (ドイル)
    ケイシー・アフレック  (トム・クーパー)
    ジョン・リスゴー     (ドナルド・クーパー)
    マット・デイモン     (ヒュー・マン)
    マイケル・ケイン    (ジョン・ブランド教授)


スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
さすがにクリストファー・ノーラン監督だと唸った作品でした。
成長したマーフとクーパーの再会が切なくて、切なくて。
TBさせてください。
2016/11/30(水) 22:34:00 | URL | あきりん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
これを見たときに、最後の方
ちょっとウルッとしました。
いい映画ですよね♪
ポチ☆
2016/11/30(水) 23:11:00 | URL | モンタナ #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
これはただSFというだけでなく、親子の絆、仲間への思い、ドラマ性も高かったですね。秀作でした。
後ほどTBお願い致します。
2016/12/01(木) 18:21:00 | URL | atts1964 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
高重力の惑星に行って、帰ってきたら同僚の飛行士がすごく年をとっているところが衝撃的でした。
2016/12/01(木) 23:48:00 | URL | KOR #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
この映画・・・知りませんでした!豪華キャストですね♪
でも~~頭が良くないと難しそうですね^^;私に解るかな??
「近未来の地球モノ」って興味があるので、見てみたいです!☆彡
2016/12/02(金) 21:20:00 | URL | Sharon☆彡 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
論理はよくわからなかったけれど、面白かったです。
そろそろ再見したいですね。
TBお返ししますね。
2016/12/02(金) 23:07:00 | URL | 木蓮 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
> あきりんさん
クリストファー・ノーラン監督さすがでしたねぇ~(^_-)-☆
実の父よりずっと年上になってしまった娘との再会…切ないです。
でもアメリアの待つ星へ向かうクーパー、希望あるラストでした!
2016/12/05(月) 22:09:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
> モンタナさん
ご覧になりましたか!?素敵な映画でしたねぇ~♪
2016/12/05(月) 22:10:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
> atts1964さん
やはり、クリストファー・ノーラン監督の映画は単純なSFでは終わりません。
ドラマ性、人間味溢れる描写、まさに現代の「2001年宇宙の旅」だな~!
2016/12/05(月) 22:11:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
> KORさん、
留守番のロミリーが、老けちゃってね…(^^ゞ
これぞまさに、浦島太郎現象ですね(^_-)-☆
2016/12/05(月) 22:18:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
> Sharon☆彡さん
そうなんですよ!理論は難しくてね…何せ相対性理論だから!
アインシュタイン博士じゃないから分からなよ~(>_<)
2016/12/05(月) 22:20:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
> 木蓮さん
再見しないと、なかなか理解し得ないかもしれませんね。
映画にも予習、復習が必要だなぁ~(~_~;)
2016/12/05(月) 22:21:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
奥が深い作品は一度観ただけでは理解しきれませんが、本作も私は観てから時間が経っているせいもあり、再見したくなりました(笑)。
長編ということもあり、なかなかゆっくりと家でというのは難しいかもですが、見ごたえがあるので時間を作りたいものです。
遅くなってすみません。TBさせてくださいね。
2016/12/22(木) 20:49:00 | URL | choro #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
> choroさん
見応えがある作品でした。SF映画にもいろいろなジャンルがありそれぞれに楽しめます。
「スターウォーズ」のような典型的なものもあれば「2001年」のように難解なものも…
この「インターステラー」は、両方の要素をうまいこと取り込んでいたように思います♪
2016/12/23(金) 05:40:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック