2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」(2017年)


「舟を編む」の石井裕也監督が 注目の詩人・最果タヒの同名
詩集を基に都会の片隅で 生きづらさを感じながら日々を送
る不器用な若い男女の出会いと 心の交流を、繊細に見つめ
恋愛映画。主演は新人の石橋静河と「愛の渦」「裏切りの
街」の池松壮亮。 共演には 佐藤玲、三浦貴大、市川実日子、
龍平、田中哲司。

東京の病院で働く看護師の美香。ある日、バイト先のガール
ズバーで慎二と出会う。アパートで一人暮らしの慎二は建
現場で日雇いとして働く日々。 バイトが終わった後、渋谷の
雑踏の中で慎二と再会する美香。そんなある日 建築現場で
慎二の同僚・智之が倒れ、そのまま帰らぬ人となる。慎二は、
葬儀場で 美香と再び顔を合わせる。そんな 思いがけない再
会を繰り返す美香と慎二だったが…。



この映画の原作って、詩集なんですね とても珍しいんじゃ
ないかな
  何て言ったらいいのか…何気ない日常と、誰に
でもある鬱屈した不満、不条理、不公平。それを丸裸な感性
をさらけ出して淡々と詠む詩の数々が原作です。 石井監督
独特の不作為演出と、自然体の池松壮亮、そして 新人の石
橋静河の演技に心をわし掴みされます。

彼女(石橋静河)は、石橋凌(元ARB)と原田美枝子の娘。ど
ちらに似ても…遺伝子は間違いない
 
ドキュメンタリーを観
ような自然な演技が持ち味です。 この映画で大抜てきされ
2017年にはさらに2本の映画が公開され今年は主演
含む3本の公開映画が控える売れっ子になりました。松
龍平、田中哲司、市川実日子の渋い助演も見逃せません。




「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」(2017年)
監督 石井裕也
脚本 石井裕也
原作 最果タヒ 『夜空はいつでも最高密度の青色だ』
製作 有賀高俊、土井智生、五箇公貴
撮影 鎌苅洋一
編集 普嶋信一
出演 石橋静河  (美香)
    池松壮亮  (慎二)
    佐藤 玲   (玲)
    三浦貴大  (牧田)    
    市川実日子 (美香の母)
    松田龍平  (智之)
    田中哲司  (岩下)
    大西 力   (老人)
    野嵜好美  (ストリートミュージシャン)
    ポール・マグサリン(アンドレス)


スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
興味深い作品ですね。
2018/07/17(火) 22:25:00 | URL | モンタナ #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
石橋静河は血筋でしょうか?いい演技でした。
こういう詩が原作になるには珍しいですね。今後もっと増えそうですが、制作側の力量が試されます。
TBお願い致します。
2018/07/18(水) 08:11:00 | URL | atts1964 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
> モンタナさん
原作が詩集ですから、変わってますよ♪
2018/07/18(水) 20:21:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
> atts1964さん
石橋静河とても良かったですよね♪池松壮亮との相性もバッチリでした!
「川の底からこんにちは」「舟を編む」、石井裕也監督作品も魅力的です♪
2018/07/18(水) 20:26:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
こんばんは!

出演者の顔ぶれと石井監督作品ということで鑑賞しました。
期待しすぎたように思います。
石橋静河さんの自然な演技は良かったと思います。
今後の活躍が期待されます。
2018/07/21(土) 22:11:00 | URL | k&k #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
> k&kさん、こんばんは。
この映画のレビューを読んで、お気に召したのかと思っていましたが、
そうでもなかったんですね(T_T)
石橋静河をはじめ、池松壮亮、市川実日子、松田龍平、田中哲司…
好きな俳優さんばかりで、私は相当気に入りましたけどね(^^ゞ
2018/07/22(日) 20:41:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック