2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
⛩開運散歩 ~江戸五色不動尊めぐり~ 【目青不動】【目赤不動】
ハワイに行ったりいろいろと忙しかった6月。御朱印め
ぐりも5月以来になります。今回は、『江戸五色不動尊』
を回ります

まずは 以前に御朱印を頂いている【目黒不動】と【目白
不動】の振り返りから。 目黒不動は今年1月、目白不動
は今年3月に参拝していました。


【目黒不動尊】泰叡山瀧泉寺


ご本尊は不動明王。『元祖山手七福神』では 恵比寿神
の御朱印も頂きました。 創建は大同三年(808年)。慈
覚大師円仁が開祖です。



仁王門をくぐると正面に大本堂へ至る石段。他に、書院、
勢至堂、地蔵堂、観音堂、阿弥陀堂など 『江戸五色不
尊』では、格別に大きな境内を持つ有名な寺院です。




【目白不動尊】神霊山金城院


ご本尊の不動明王は、弘法大師空海が出羽・湯殿山に
行き、修行を行っていた際に造られたといわれています
が、詳細のほどは不明ということです。



金城院は天正年間(1573-1592年)頃 開基である僧・永
順がご本尊である聖観世音菩薩を勧進したのが始まり。
後に護国寺の末寺となり、神霊山金乗院と称しました。




【目青不動尊】竹園山教学院


応長元年(1311年)、玄応和尚によって江戸城紅葉山付
近に創建太田道灌による江戸城築城により 麹町貝塚、
赤坂三分坂、青山南町と移転。



現在は 世田谷区太子堂、東急世田谷線三軒茶屋駅
くに鎮座。ご本尊は阿弥陀如来。目青不動は
にあた正善寺の本尊が廃寺のため還し奉られました。



目青不動尊は、慈覚大師円仁ご自身の尊像で、秘佛と
して公開されていません。その代わりに、お前立の不動
尊があり、そちらは金網越しに観られます。




【目赤不動尊】大聖山南谷寺


創建は元和二年(1616年)。比叡山の南谷にいた万行
律師によって開かれました。夢で、伊賀国赤目山に行く
うお告げがあり、そこで不動明王像を授かったという。



その後江戸・下駒込の地に庵を結び不動明王像を安
置しました。この、不動明王に対する人々の信仰は篤く
多くの参詣者が訪れます。



寛永五年(1628年)鷹狩に訪れた徳川三代将軍家光に
よりそれまで 「赤目不動」と呼ばれていた 当寺の不動
明王を【目赤不動】と呼ぶよう、改めました。



今日のところは、こちらの 【目青不動】【目赤不動】の御
朱印で、一旦終了です。明日には 残りの【目黄不動】を
お届けします


スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
『江戸五色不動尊』めぐり、いいですね♪
2018/07/21(土) 23:44:00 | URL | モンタナ #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
面白いですね。
目黒、目白はわかるけれど、目青、目赤とは。
目赤は赤目に由来があるのですね。
私は三重県生まれなので、赤目の地名は懐かしいです。学生時代赤目四十八滝に遠足に行きました。
2018/07/23(月) 21:05:00 | URL | 満つる #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
> モンタナさん
また、新たな御朱印めぐりを見つけました♪
2018/07/23(月) 22:28:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
> 満つるさん
目黒・目白は地名や駅名、区の名前にすらなっているので、特別有名ですが、
目赤・目青はいずれも引越しを機に名乗り始めており、地名とは所縁がないようです。
目黄は元祖は消失しており、現存は明治末期と 時代はぐんと新しくなります。
2018/07/24(火) 14:06:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
早くにコメント下さってたのに、遅くなりました<m(__)m>
五色不動尊、興味あります^^v 涼しくなったら行ってきたいです。
目黒不動尊には、また行きたいと思っていたので…好都合(笑)
紅葉の頃が良さそうかな?と。やっと復活できそうです^^;
遅くなりましたが、こちらからもTBさせていただきますね<m(__)m>
2018/08/23(木) 10:40:00 | URL | ふぇい #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
> ふぇいさん
参拝したのは、7月の初旬でしたが、もう暑かったです
ちょっと、涼しくなったと思ったら…また暑さがぶり返しました。
体調第一で、無理なさらぬように。
まあ、冷房が効いた家でブログをやるのがいいと思います♪
2018/08/24(金) 20:27:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック