2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
⛩開運散歩 ~江戸五色不動尊めぐり~ 二つある【目黄不動】
『江戸五色不動尊』めぐりあと残すは【目黄不動】一つ
となりましたが…実はこの目黄不動尊は台東区三ノ
輪と、江戸川区平井の二箇所にあるのです

そもそも、江戸五色不動とは 徳川三代将軍家光が、天
僧正の建言により江戸府内から五箇所の不動尊を
び、天下太平を祈願したことに由来するもの。

五色とは 密教の陰陽五行説に由来し重んじられた
白・で、それぞれ五色は東・西・南・北・中央を
表しています。

では、何故【目黄不動】が二つもあるのか
  元々は
にあった勝蔵院の「明暦不動」が 元祖とのこと。その
消失。現在は三ノ輪と平井の二寺が継いだそうです。


【目黄不動尊】養光山永久寺


台東区三ノ輪。東京で最も交通量が多いといわれる昭
和通りと 明治通り。 この二つの道路の交差する大関横
丁の交差点のすぐそばに永久寺はあります。



創建は、14世紀南北朝騒乱の頃。その後月窓が日
蓮宗に改め 大乗坊蓮台寺と号していたところ、将軍の
命により寺を天台宗養光山永久寺としたといいます。



不動堂の中には手前に護摩壇があり 奥にご本尊の不
動明王が脇侍を従え朱色の火焔光背を背にして堂々
と立っています。


【目黄不動尊】牛宝山最勝寺


さて江戸川区平井の最勝寺にやってきました。入り口
には 阿吽の仁王様(金剛力士像)。この左右の像の目
も、ご本尊の不動明王に負けずと色ですね


 


平井にある最勝寺は、貞観二年(860年)、慈覚大師
仁により隅田川畔に草創され元慶元年(877年)
の高 良本阿闍梨により開山されたといいます。



近世には 墨田区向島の牛島神社の別当寺を務めまし
たが、明治初年の神仏分離令により 大日如来像が
勝寺に還座されました。



こちらの不動明王像は、天平年間(729~766年)に 良弁
僧都が東国巡錫の折り 隅田川で不動明王を感得され、
自らその御姿を刻まれたといわれています。



現在、観ることのできる木造不動明王坐像は享保九年
(1724年)仏師松村理右衛門の作によるもの。光背並び
の二童子は江戸初期の作ということです。

三ノ輪と平井、二つの【目黄不動】の御朱印はこちら



最後は恒例、目黒、目白、目青、目赤、目黄 の五種六
箇所の不動尊を一挙 大公開します
 
連日30℃、35℃
が続く毎日、皆さんも体調管理にお気をつけ下さい。





スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
全部そろって壮観ですね♪
2018/07/23(月) 06:16:00 | URL | モンタナ #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
> モンタナさん
五色不動なのに、六つあるというのは…夏には大変です
2018/07/26(木) 03:23:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
暑い盛りに6カ所も回られて…お疲れ様でございました<m(__)m>

御朱印、壮観ですね~目黄不動尊が二カ所にあるとは(^^;
きっと御利益がありますよ~
不動繋がりでTBありがとうございます。
2018/09/02(日) 17:17:00 | URL | ふぇい #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
> ふぇいさん、コメント有り難うございます。
神社をあらかたまわってしまったので、最近はお寺さんが多くなっています。
目黄不動尊が二カ所あるとは、私もまったく知りませんでした…
おかげで計六ヶ所、しかも台東区三ノ輪と江戸川区平井と 遠かった(^▽^;)
2018/09/04(火) 21:40:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック