2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
「ヘラクレス」(2014年)
ヘラクレス_1

「スコーピオン・キング」「G.I.ジョー バック2リベンジ」「ワイルド・スピード EURO MISSION」の“ザ・ロック”ことドウェイン・ジョンソンを主演に迎え、ギリシャ神話最大の英雄ヘラクレスの物語を、迫力の3D映像とともに壮大なスケールで描くスペクタクル・アドベンチャー。共演はイアン・マクシェーン、ルーファス・シーウェル、ジョセフ・ファインズ、ジョン・ハート。監督は「ラッシュアワー」シリーズのブレット・ラトナー。

全能の神ゼウスと人間との間に生まれた半神の英雄ヘラクレス。恐るべき魔物たちを相手に12の難業を成し遂げ、生ける伝説となった彼は、いまは予言者アムピアラオスや戦略家アウトリュコスら5人の傭兵仲間を率いて幾多の戦場を渡り歩く日々。そんなある日、トラキアの王女ユージニアから、父コテュス王に反旗を翻した凶悪なレーソス率いる反乱軍から国を守ってほしいと頼まれる。高額な報酬と引き換えにこれを引き受けたヘラクレスは、寄せ集めの兵士たちを鍛え上げ、レーソス軍の襲撃に備えるが…。

ヘラクレス_2

この夏、結構観ている神話もの映画。“ソード&サンダル”っていうらしいのよね。アレクサンダーやアキレス、ペルセウス…。そして「ヘラクレス」ですよ! 全知全能の天空神ゼウスの息子、ギリシャ神話では半神半人の英雄とされています。それを演じるのがムキムキ・マッチョの元プロレスラー、ドウェイン・ジョンソンですから、まさに適役です♪ この映画では、実は彼は100%人間の傭兵で、語り継がれた神話の部分は全て作り話だということになっています。

それで、どちらかというと「七人の侍」や「荒野の七人」ばりに、トラキアの市民たちを鍛え上げて、立派な軍隊を組織するという展開。でも、肝心の雇い主が悪い奴でね。ここまで書くと、結構なB級映画かと思いきや、キャスティングは意外に豪華! イアン・マクシェーン、ルーファス・シーウェル、ジョセフ・ファインズ、ジョン・ハート。何故か?イギリスの演技派性格俳優がドウェイン・ヘラクレスの脇を固めています。そのアンバランスさも、この映画の魅力なのかな…(^_-)-☆

ヘラクレス_4

「ヘラクレス」(2014年)
監督 ブレット・ラトナー
製作 ボー・フリン、バリー・レヴィン、ブレット・ラトナー
原作 スティーヴ・ムーア
脚本 ライアン・J・コンダル、エヴァン・スピリオトポロウス
撮影 ダンテ・スピノッティ
編集 マーク・ヘルフリッチ、ジュリア・ウォン
音楽 フェルナンド・ベラスケス
出演 ドウェイン・ジョンソン      (ヘラクレス)
    イアン・マクシェーン       (アムピアラオス)
    ルーファス・シーウェル     (アトリュスコス)
    レベッカ・ファーガソン      (ユージニア)
    アクセル・ヘニー         (テュデウス)
    イングリッド・ボルゾ・ベルダル(アタランテ)
    リース・リッチー          (イオラオス)
    トビアス・ザンテルマン     (レーソス)
    ジョセフ・ファインズ       (エウリュステウス王)
    ジョン・ハート           (コティス王)

ヘラクレス_3
スポンサーサイト



コメント
コメント
ロン毛のジョンソン!(笑)
ロン毛のドウェイン・ジョンソンはなかなかのイケメンでかっこよかったですね~(笑)

まさにヘラクレスそのもの。これは期待せずに観た分、より楽しめて得した気分でした。(^^)
2019/08/28(水) 15:28:56 | URL | choro #NBBnFEb. [ 編集 ]
>ロン毛のジョンソン!(笑)
choroさん、
ドウェイン・ジョンソンはいつの間にか……
ハリウッドで一番稼ぐ俳優になりましたね。
元々はプロレスラーの“ザ・ロック”!
スコーピオン・キングの頃が懐かしいです。
このヘラクレスは、まさに当たり役でした♪
2019/09/10(火) 13:38:16 | URL | やっくん #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する