2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
「ブレードランナー 2049」(2017年)
ブレードランナー2_1

巨匠リドリー・スコット監督によるSF映画の金字塔「ブレードランナー」の35年ぶりの続編となるSF超大作。前作から30年後の荒廃した未来世界を舞台に、ブレードランナーとして活動する捜査官“K”を待ち受ける衝撃の運命を、圧倒的な映像美とともに描き出す。主演はライアン・ゴズリング、共演にハリソン・フォード、アナ・デ・アルマス。リドリー・スコットは製作総指揮に回り、監督は新たに「プリズナーズ」「メッセージ」のドゥニ・ヴィルヌーヴが務める。

荒廃が進む2049年の地球。労働力として製造された人造人間“レプリカント”が人間社会に溶け込む中、危険なレプリカントを取り締まる捜査官“ブレードランナー”が活動を続けていた。LA市警のブレードランナー“K”は、ある捜査の過程でレプリカントを巡る重大な秘密を知ってしまう。一方、レプリカント開発に力を注ぐウォレス社もその秘密に関心を持ち、Kの行動を監視する。捜査を進める中で次第に自らの記憶の謎と向き合っていくK。やがて、かつて優秀なブレードランナーとして活躍し、ある女性レプリカントと共に忽然と姿を消した男デッカードの存在に辿り着くが…。

ブレードランナー2_2

35年ぶりに製作された続編。しかも有名なフィリップ・K・ディックの原作がある訳でもないのに、よく作りましたね!「インデペンデンス・デイ」の続編が20年ぶりに作られましたが…間が35年空いたのは異例中の異例でしょう。ダニー・ボイルの「トレイン・スポッティング」も続編が作られたのは19年ぶりでしたか⁉ でもね、やはりそこは前作「ブレードランナー」が伝説のSF映画の金字塔でしたから、35年ぶりの続編製作は別格というか、他には類を見ない衝撃でした。ハリソン・フォードも公開当時75歳、よく頑張りました。

ただそこは…老体を鞭打っての演技、主役はライアン・ゴズリングに交代しています。「ラ・ラ・ランド」「ファースト・マン」と、」話題作に連続して主演していますから、彼は絶好調ですな。物語はデッカードとレイチェルが姿を消してからどうなったのか?というのが主軸。それを探し出す捜査官がライアン演じるKとなる訳です。“ナルホド、こうきたか”という展開でした。ただ、この内容で3時間(163分)の映画にする必要があったのかな?とは、思いましたが…独特の世界観を踏襲しながら(壊さずに)、新たなの世界観を構築して(壊して)いるのは、さすが!と、評価に値します‼

ブレードランナー2_3

「ブレードランナー 2049」(2017年)
監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ
製作 リドリー・スコット、アンドリュー・コソーヴ、ブロデリック・ジョンソン
原案 ハンプトン・ファンチャー
脚本 ハンプトン・ファンチャー、マイケル・グリーン
撮影 ロジャー・ディーキンス
編集 ジョー・ウォーカー
音楽 ハンス・ジマー、ベンジャミン・ウォルフィッシュ
出演 ライアン・ゴズリング   (K/ジョー)
    ハリソン・フォード     (リック・デッカード)
    アナ・デ・アルマス     (ジョイ)
    シルヴィア・フークス   (ラヴ)
    ロビン・ライト        (ジョシ警部補)
    マッケンジー・デイヴィス (マリエット)
    カーラ・ジュリ        (アナ・ステリン博士)
    ローレン・ペタ       (レイチェル)
    デイヴ・バウティスタ   (サッパー・モートン)
    エドワード・J・オルモス (ガフ)
    ジャレッド・レト       (ニアンダー・ウォレス)

ブレードランナー2_5
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する