2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
「キサラギ」(2007年)

ワン・シチュエーションでありながら、 どこまでもスリリングに展開
していく巧みな脚本を、個性派キャスト5人のアンサンブルで映画
化した笑いと感動のハートフル・サスペンス・コメディ。評判を呼ん
だ脚本を手掛けたのは「ALWAYS 三丁目の夕日」の古沢良太。
監督は「シムソンズ」の佐藤祐市。

マイナーなグラビアアイドル、如月ミキの一周忌のオフ会に集まっ
たのは、ファンサイト管理人の家元と、サイトの常連オダ・ユージ、
スネーク、安男、いちご娘という5人の男たち。 初めて直に顔を合
わせた彼らは、ミキの思い出に浸り自慢話で盛り上がるが、オダ・
ユージの“彼女は殺されたんだ”という発言を機に、事態はとんで
もない方向へと展開していくが…。

面白いと話題になった邦画ですが、どうも邦画は劇場であまり観
る機会が無いので、出遅れてしまいがちです^^; これは、噂に違
わぬ面白さでしたね!三谷幸喜ばりのシチュエーション・コメディ
で登場物はほとんど5人のみ。 “犯人探し”の謎解きの要素も取
り入れながら、最後にはホロッとさせる脚本は見事です!

しかし、やはり一番意外だったのは、“やっくん”だったでしょうか^^
「えっ!俺って如月ミキの彼氏だったの???」と思ってしまった
私を許してねぇ~♪ それにしても、“あの人”がねぇ…!?

「キサラギ」(2007年)
監督 佐藤祐市
脚本 古沢良太
音楽 佐藤直紀
出演 小栗 旬         (家元)
    ユースケ・サンタマリア(オダ・ユージ)
    小出恵介         (スネーク)
    塚地武雅         (安男)
    酒井香奈子       (如月ミキ)
    香川照之         (いちご娘)
スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
日本映画でも低予算でこんなに面白い作品を作れるようになったんだとうれしくなった作品です。ちょっと先の展開が全く予想できなくて、その都度笑わせてもらいました。脚本も役者さんも最高でしたね。
TBありがとうございました。お返しさせてくださいね。
2008/08/30(土) 22:51:00 | URL | つらら #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
これは面白かったです。脚本の勝利ですね。徐々に5人のことが明らかになっていくのも面白かったし、皆それそれのキャラで個性がでてました。いちごのおっさんは怪しすぎサイコウでしたね。TBお返ししますね
2008/08/31(日) 04:06:00 | URL | LAGUNA #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
ほんとこれは傑作と言える作品ですよね~こういう作品が出て来ると邦画のレベルのも上がり面白くなったな~って思います。これはもう一度観たいですね~。TBお返しさせてください。
2008/08/31(日) 18:36:00 | URL | SHIGE #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
そらさん、初めまして!ようこそいらっしゃいました!
若くて、これからいろいろ楽しいことが待っているでしょう。羨ましい♪
これからもよろしくお願いします。
2008/08/31(日) 23:39:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
syowさん、そうなのよ!
何てったって“やっくん”意外に良かった♪
脚本が素晴らしかったね(^^)
2008/08/31(日) 23:41:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
kuuさん、映画館で観たのは羨ましい!
なかなか劇場に行けないのが、悩みの種です^^;
2008/08/31(日) 23:43:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
フェイさん、塚地武雅は「間宮兄弟」、ドラマの「裸の大将」も巧いですからねぇ~!
もちろん、香川照之が巧いのは言うまでもありません^^
2008/08/31(日) 23:45:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
くみょんさん、この作品は本当に評判がいいですよね~!
私も、出来れば劇場で観たかった!TBありがとう♪
2008/08/31(日) 23:47:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
cartoucheさん、5人それぞれがバック・ストーリーを持つ脚本が見事でした!
邦画の進むべき一つの道を示した作品と言えるでしょう^^
2008/08/31(日) 23:52:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
kenさん、本当に楽しい作品でしたねぇ~!
確かに、去年で最も完成度の高い映画の一つでしたね♪
2008/08/31(日) 23:53:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
やはりchoroさんも昨年の1、2番ですか!
私もそうですね~って、邦画あんまり観てないんですが…^^;
2008/08/31(日) 23:55:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
つららさん、やはり脚本の勝利でしょう!
それに個性的な役者も光った作品でした♪
2008/08/31(日) 23:56:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
らぐなさんも、同じご意見ですね!
確かに、香川照之は最高だね^^
2008/08/31(日) 23:58:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
shigeさん、本当に観ていてニンマリとする映画でした♪
日本映画も侮るなかれ!ってことを再認識させられました。
2008/08/31(日) 23:59:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
今さらですが、「キサラギ」観ました。
私も「アホだな~」と思いながら楽しめました。
TBさせてください。
2008/10/20(月) 15:22:00 | URL | さわらび #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
まあ、邦画はどうしても予算やスケールの面でハリウッドの超大作には敵わないので、
(一部には反対意見も多いようですが)こういうのもアリかなとは思いますね。
2008/10/22(水) 11:02:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
ワン・シチュエーションでも面白いというよりワン・シチュエーションだから面白い作品といってもいいくらいだから、脚本はやっぱりすごいですよね。TBありがとうございました。
2008/12/23(火) 13:54:00 | URL | nobuko #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
やはり脚本は映画作りにおいて重要なアイテムです!それにも増して、“目の付け所”が良かったと言うべきか…^^
2008/12/24(水) 15:11:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
脚本の良さに加えて、5人の掛け合いも最高でしたね。
ただ映画っぽくはなかったかなぁ。舞台の方に向いてる気がしました。
2010/01/11(月) 07:53:00 | URL | こころパパ #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
こころパパさん、ナルホド!演劇版があってもおかしくない内容ですね!
脚本、監督、演技者の良さが揃っていて、見応えがありましたぁ~♪
2010/01/11(月) 19:17:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック