2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
横山秀夫 『クライマーズ・ハイ』
横山秀夫 『クライマーズ・ハイ』 文春文庫 660円




[ストーリー]
北関東新聞の古参記者・悠木和雅は、同僚の元クライマー・安西
に誘われ、谷川岳に屹立する衝立岩に挑む予定だったが、出発日
の夜、御巣鷹山で墜落事故が発生し、約束を果たせなくなる。 一
人で出発したはずの安西もまた、山とは無関係の歓楽街で倒れ、
意識が戻らない。「下りるために登るんさ」という謎の言葉を残した
まま。 未曾有の巨大事故。社内の確執。親子関係の苦悩・・・。事
故の全権デスクを命じられた悠木は、二つの「魔の山」の狭間でじ
りじりと追い詰められていく。

******************************************************

NHKのドラマ、昨年公開の映画、そして最後にこのオリジナルの
原作という順番で目にしましたが、やはり小説が一番迫力があり
ますねぇ~!

新聞社の編集局は、正に戦場! その他にも、販売、広告など社
内セクションとの軋轢、各々のプライド、過去の栄光や挫折、家族
との確執、などが、『犠牲者520人、単独航空機事故としては世界
最大』 という未曾有の巨大事故により、一挙に浮かび上がってく
る様は、この作家の手腕の確かさでしょう。

一地方新聞社が全国、いや全世界に向かって“トクダネ”を発信
する可能性があった7日間。それが、まさに、登山家の興奮状態
が極限まで達し、恐怖感が麻痺してしまう状態(=クライマーズ・
ハイ)に集約されたタイトルも見事です!

最初に見た映像がNHKのドラマ版だったこともあり、 どうしても
贔屓目に見てしまうのですが、 映画では望月彩子(従兄がバイ
ク事故死した遺族)、 末次勲(安西の登山仲間)を キャストから
除いたことにより、物語の決着が一挙に説得力を失ってしまった
ようで、残念に思いました…。

スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
小説も読みごたえがありましたよね。迫力にひきこまれました。
私は①映画②小説③テレビドラマの順でしたが、言われてみれば確かに映画のラストはちょっと呆気にとられるというか「えっ…」という感じもしました。
20日は日本アカデミー賞の発表です。こちらもレポートよろしく♪
2009/02/18(水) 18:35:00 | URL | mayu #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
こんにちは。ご訪問ありがとうございました。
この作品はやっぱり、小説の方がイイと思います。ま、ワタシが映像より活字好きということもありますけど。
映像は脚本する人によっても、ちょっとニュアンスが変わってしまったり、実は余韻として重要だったりする部分が描かれていなかったりで、アレレ?になってしまうことがありますからねぇ。逆に原作ではサラっと流している部分をみょーに精細にふくらませていることもあるし。その辺りが、自分と脚本家の作品に対する感性の差なのかもしれないですけどね。
こちらからも、トラバしました。ありがとう。
2009/02/19(木) 11:29:00 | URL | PON #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
この映画、観たいと思ってたんですけど、結局観に行かなかったんですよね。
小説の方がいいのかしら???
ちょっと読んでみたいです。
2009/02/19(木) 14:13:00 | URL | NAO #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
これは読み応えのある小説でしたね~やはり原作がいいですよね。
望月彩子がカットされていたのは痛かったです。小説の最後の章はポイントですよね。私はNHKのドラマ、探します(笑)。
2009/02/19(木) 21:25:00 | URL | choro #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
mayuさん、やはり小説は読みごたえがありました!
私は見たのは、①ドラマ、②映画、③小説の順番でしたが、ドラマも相当良かったです♪
mayuさんに頼まれたので、明日の記事は“日本アカデミー”で決まりですねぇ~!
2009/02/19(木) 21:31:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
PONさん、いらっしゃいませ~!
やはり小説派ですね♪でも、NHKのドラマは相当原作に忠実な映像化でしたよ!
ご覧になったでしょうか?映画は脚本が作り込み過ぎてたかなぁ~
事故死するのが神沢だったり、黒田美波に「悠木さんが好きだった!」と言わせたり、
ちょっと理解に苦しむ設定が馴染めませんでした…
2009/02/19(木) 21:40:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
NAO♡さん、小説は間違いなく面白いです!
映画は、迫力はありますが、堤真一か堺雅人のファンならお勧めという感じでしょうか…
2009/02/19(木) 21:42:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
choroさん、そうなんですよ!
望月彩子の存在、『軽い命、重い命』の投書が無くては、せっかくの物語の主題が…。
何故、悠木は北関を辞めずに、通信局に赴いたか?
悠木と淳、安西と燐太郎の親子の関係などなど、
最後になって辻褄が合わせが難しくなったためでしょうか?
DVDがあるそうなのでNHKドラマは絶対に見てね♪
2009/02/19(木) 21:51:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
はじめまして。
映画も素晴らしい出来だと思いまして、僕は昨年の自分のベストテンに入れてあります。
しかし、原作は更に素晴らしかったですね。とても考えさせられたところもありまして、大切な一冊になりそうです。
こちらからもTBさせて下さい。
2009/02/19(木) 23:50:00 | URL | 出木杉のびた #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
ありがとうございます。今夜9時から生放送だそうですので、どうぞよろしくお願いいたします。
2009/02/20(金) 19:38:00 | URL | mayu #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
のびたさん、いらっしゃいませ~!
この原作は素晴らしかったです♪ドラマも映画も良かったんですが、やはり小説が1番かな?
TBありがとうございます♪
2009/02/21(土) 09:46:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
mayuさん、約束通り、記事にできてよかったです! 結果は順当でしたね~♪
2009/02/21(土) 09:48:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
原作のみしか知りませんが、やっぱり面白いですよね~♪
バチスタシリーズもそうですが、原作が面白いからこそ、映画やドラマになるんだろうし、それぞれの楽しみ方があるでしょうね。
そういえば横山さんの作品、最近読んでないな・・・
2009/02/25(水) 15:31:00 | URL | mrt #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
mrtさん、横山作品も「半落ち」「出口のない海」など映像化作品が多いですよね♪
私は、今後のレビューに「震度0」を予定しております^^
2009/02/25(水) 18:09:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
本作には感服。これが書きたいが故に横山さんは作家になられたのではと思えるほどでした。
ドラマは見ていないのですが、映画を見た時は感動しました。でも、原作の感動には及ばなかった…。
トラバさせてくださいね♪
2009/04/10(金) 12:09:00 | URL | 金平糖 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
素晴らしい作家による、素晴らしい小説でした!
この他にも、『半落ち』『臨場』『震度0』など力作、名作ぞろいなのに、直木賞に縁が無いのは残念なことです…。詳しくは ⇒ http://homepage1.nifty.com/naokiaward/kenkyu/kenkyu_128YH.htm
2009/04/10(金) 21:12:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
TBありがとうございました。
私は映画もドラマも観ていませんが、
この小説で十分な気もします(笑
2009/05/19(火) 22:36:00 | URL | さわらび #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
映画、TVドラマも悪くないけど、
原作がダントツに出来がいいです!
2009/05/20(水) 22:36:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック