2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
女も男も主役級!?アカデミー助演男・女優賞
レネー・ゼルウィガー          ケイト・ブランシェット        レイチェル・ワイズ





主演賞に続いては、助演賞を男女まとめてです。こちら
は、以前は渋い個性派が多かったのですが、特に最近
の傾向は、男女ともに主役級が揃い踏みですね~♪

【助演女優賞】
2000年 マーシャ・ゲイ・ハーデン 『ポロック 2人だけのアトリエ』
2001年 ジェニファー・コネリー 『ビューティフル・マインド』
2002年 キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 『シカゴ』
2003年 レネー・ゼルウィガー 『コールド マウンテン』
2004年 ケイト・ブランシェット 『アビエイター』
2005年 レイチェル・ワイズ 『ナイロビの蜂』
2006年 ジェニファー・ハドソン 『ドリームガールズ』
2007年 ティルダ・スウィントン 『フィクサー』

この中では、特に、2002年のキャサリン姐さん、2003年
のレネー、2004年のケイト、2005年のレイチェルは主演
に優る演技でした♪

200年のマーシャ、2001年のジェニファーは夫を支える
良き妻役が印象的でした。2006年 『ドリームガールズ』
でのジェニファーのパワフルな歌声は、今も忘れられま
せんね!

ちなみに今年のノミネートの中では、
ペネロペ・クルス 『それでも恋するバルセロナ』 本命
マリサ・トメイ 『レスラー』 対抗でしょうか?


【助演男優賞】
2000年 ベニチオ・デル・トロ 『トラフィック』
2001年 ジム・ブロードベント 『アイリス』
2002年 クリス・クーパー 『アダプテーション』
2003年 ティム・ロビンス 『ミスティック・リバー』
2004年 モーガン・フリーマン 『ミリオンダラー・ベイビー』
2005年 ジョージ・クルーニー 『シリアナ』
2006年 アラン・アーキン 『リトル・ミス・サンシャイン』
2007年 ハビエル・バルデム 『ノーカントリー』

こちらも、2000年のベニチオ、2003年のティム、2004年
のモーガン、2005年のジョージは 完全に主役を食った
演技でしたね♪ 文句ナシです!

それに対し、2001年のジム、2002年のクリス、2006年の
アランは、伝統的な渋い脇役の受賞でした! 昨年受賞
のハビエルは凄いインパクトでしたね…^^;

今年は、
ヒース・レジャー 『ダークナイト』 で決まり!でしょう^^





ティム・ロビンス              モーガン・フリーマン          ジョージ・クルーニー
スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
今年の助演男優賞はヒースで決定ですよね!違ったらショック。。。
女優の方はちょっと予想しにくいけど、どうでしょうね~ペネロペは他の作品でも頑張っているから本命ですか?
2009/02/19(木) 21:29:00 | URL | choro #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
そりゃー、ヒースで決まりでしょう!あげない理由が見あたらないくらいです。
女優は、やはりノミネートされなかった「エレジー」との合わせ技でペネロペかと…
2009/02/21(土) 09:43:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック