2019年でヤフブロが終了ということで、引っ越してまいりました。
おめでとう、ペネロペ!「ボルベール<帰郷>」(2006年)

「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥ・ハー」のペドロ・アル
モドバル監督が贈る郷愁と女性讃歌のヒューマン・ドラマ。監督自
身の故郷でもあるラ・マンチャを物語の背景に、母、娘、孫娘の三
代の女性たちの葛藤と和解を、色彩豊かな映像でミステリアスか
つユーモラスに綴る。ペネロペ・クルスら6人の女優全員がカンヌ
国際映画祭で女優賞に輝くなど、各映画賞で称賛された。

失業中の夫と15歳の一人娘パウラを養うため、せわしなく働くライ
ムンダ。 明るくたくましい彼女にも、10代の頃、確執のあった母が
そのまま父と一緒に火事で亡くなってしまうという苦い過去があっ
た。そんなある日、娘パウラが関係を迫る夫パコを刺し殺してしま
う。ライムンダは愛娘を守りたい一心で、夫の死体の処理に奔走、
事件の隠蔽を図る…。

しかし、さすがアルモドバル!この監督の作品は、一筋縄ではい
きませんねぇ~!物語は、殺人、放火、家庭内レイプ、死体遺棄
と、とんでもなく重苦しい内容を含んでいるのですが、見終わった
後の一種、清々しさ、潔さを感じるのは何故なんでしょう?アルモ
ドバル独特の “女性は強い、逞しい、美しい”という女性賛歌がテ
ーマだからでしょうか…。

しかも、やはりその中でも、ペネロペ・クルスの美しさは群を抜い
ていますね♪冒頭に触れたカンヌ映画祭以外にも、この作品で、
アカデミー、ゴールデングローブ、英国アカデミーなどの各賞に
ノミネートされています。 そして今年、「それでも恋するバルセロ
ナ」で第81回アカデミー助演女優賞を獲得しました。『おめでとう、
ペネロペ!』

「ボルベール<帰郷>」(2006年)
監督 ペドロ・アルモドバル
脚本 ペドロ・アルモドバル
製作 エステル・ガルシア
音楽 アルベルト・イグレシアス
出演 ペネロペ・クルス     (ライムンダ)
    カルメン・マウラ      (イレーネ)
    ロラ・ドゥエニャス     (ソーレ)
    ヨアンナ・コボ       (パウラ)
    ブランカ・ポルティージョ(アウグスティナ)
    チュス・ランプレアべ   (パウラ伯母さん)
    アントニオ・デ・ラ・トレ  (パコ)

スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
私はこの作品好きなんですよ。ペネロペの演技もよかったね。
「恋する・・・」も楽しみですね。
TBお返しさせてもらいますね。
2009/03/01(日) 00:44:00 | URL | くみょん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
この映画でペネロペはグッと成長しましたよね♪
「それも恋するバルセロナ」はここからどれだけ成長してるのか、凄く楽しみです!
2009/03/01(日) 11:08:00 | URL | 木蓮 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
アルモドバル監督らしい作品でしたね。ペネロペ良いですよね~♪
トラバありがとうございます!トラバお返しさせて下さいね^^
2009/03/01(日) 12:33:00 | URL | くるみ #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
テーマは重いはずなのに、なぜか清々しいんですよね~
ペネロペの際立つ美しさに息を呑みました。
こちらからもTBさせてくださいね!
2009/03/01(日) 13:45:00 | URL | mina #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
そうなんですよね。すごく重いものを含んだ作品なのに、なぜか観た後爽快感みたいなものも感じられて不思議な作品でした。
しかしペネロペちゃんは綺麗でしたね~この映画の彼女は一番好きだったかも。。。新作が楽しみです♪
こちらからもTBさせてくださいね。
2009/03/01(日) 20:36:00 | URL | choro #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
そうそう、重たい題材なはずなのにね~
女は強いっ!その反面、弱さも感じた作品でした
ペネロペさんの衣装の着こなしも素敵だったし(*´艸`*)
TBしますね(≧∇≦)
2009/03/02(月) 09:59:00 | URL | 翔syow #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
上の画像のペネロペ、とっても綺麗で、しかも、こんなに派手な背景にも負けてないってところが、すばらしいですね~!!
ストーリーも、びっくりな話なのに、笑いも忘れず、見ていて、楽しかったです。
2009/03/02(月) 10:14:00 | URL | kuu #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
ゆきさん、ペネロペの受賞は本当に嬉しい限りでした♪
この作品も、みなさんに評判がいいようなので、是非見てみてください!
2009/03/03(火) 10:27:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
sharonさん、ペネロペ、ホントに綺麗だったねぇ♪TBサンキュー!
2009/03/03(火) 10:28:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
つららさん、女性(特にこのペネロペは)は強く、逞しく、美しく、でしたね^^
2009/03/03(火) 10:29:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
明星さん、母は強し!でしたね♪「それでも恋するバルセロナ」も早く見たい!
2009/03/03(火) 10:30:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
らぐなさん、ホントこの色使い!
それにスペイン語の台詞もまた、違った感覚で惹きつけるものがありましたね♪
2009/03/03(火) 10:32:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
くみょんさん、私もこの作品好きです♪「恋する…」はウディ・アレンとですよね!
2009/03/03(火) 10:33:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
もくれんさん、「ペネロペは原題のソフィア・ローレンや♪」と思います^^
2009/03/03(火) 10:33:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
くるみさん、私アルモドバル作品も、また好きなんですよ♪
2009/03/03(火) 10:34:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
minaさん、特に巻頭写真の“花バック”のペネロペは、すんごく綺麗ですよね♪
2009/03/03(火) 10:36:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
choroさん、そういう意味では、アルモドバルとペネロペの相性はバッチリでしたね!
2009/03/03(火) 10:37:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
syowさん、“強くて、弱い”のが女!勉強になります^^
2009/03/03(火) 10:38:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
kuuさん、そうなんです!こんな原色の綺麗な花々にも負けてないペネロペ!恐るべしです^^
2009/03/03(火) 10:40:00 | URL | やっくん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
殺人、放火、家庭内レイプ、死体遺棄!
並べたらもの凄い内容ですよねw
にも関わらず、仰るように清々しさを感じる潔さがいいですね。
大昔にコメントいただいていたのに、大変遅くなりごめんなさい。
TBさせてくださいね。
2009/08/09(日) 22:21:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック